株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」、募集開始後約1.5時間で目標額到達

〜サービスローンチ後、最短時間での達成〜

イークラウド株式会社(東京都中央区、代表取締役:波多江直彦)」の株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」は、2021年6月6日に第5号案件「Grino」の募集を実施し、開始約1.5時間後に申込金額が目標募集額の1,000万円に到達、約29時間後には上限募集額の2,500万円に到達*し、イークラウド内で最短の達成となりました。
※2021年6月8日12時時点の申込金額であり、キャンセル等により減少する可能性があります。

イークラウドは、ベンチャー企業が最大約1億円*の出資を募ることができる「株式投資型クラウドファンディング」サービスを提供しています。


イークラウドは2020年7月のサービス開始以来、様々なベンチャー企業の資金調達をご支援してまいりました。

2021年6月6日に募集を開始した第5号案件「持続可能な社会の実現を目指し、未来の食品市場を切り拓くフードベンチャー”Grino”」の募集額は開始およそ1.5時間で目標募集額の1,000万円に、約29時間後には上限額の2,500万円に到達し、イークラウド内での目標募集額への到達時間は最速となりました**。またサービスのローンチ以降、すべての案件が連続達成となっています。

※1: 最大約1億円の出資を募ることができる: 同一の会社が株式投資型クラウドファンディングで調達できる金額には、法令で1年間に1億円未満という上限が定められています。
※2: 2021年6月8日12時時点の申込金額であり、キャンセル等により減少する可能性があります。

ベンチャーの新たな資金調達手段「株式投資型クラウドファンディング」
これまで、設立したばかりの非上場会社であるスタートアップ企業などに対して個人が投資する機会は限定的でしたが、株式投資型クラウドファンディングによって個人が投資できるようになり、その市場規模は拡大傾向にあります。
ベンチャーにとって、株式投資型クラウドファンディングには下記のようなメリットがあります。

 
  • 「オンライン完結」:個人投資家への会社説明、募集、契約は全てオンラインで完結します
  • 「最短1ヶ月で資金調達」:申込みから着金まで、約1〜2ヶ月で資金を調達できます
  • 「応援してくれる株主を集められる」:株主と一緒に事業を成長させることができます
イークラウドは今後も、様々な課題に挑戦するベンチャー企業の資金調達支援を行ってまいります。

※本報道発表文は、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

◆ イークラウド株式会社の概要
商号:イークラウド株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3181号 
加入協会:日本証券業協会
本社所在地:〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル3階
代表取締役:波多江直彦
サービスサイト:https://ecrowd.co.jp/
コーポレートサイト: https://corp.ecrowd.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イークラウド株式会社 >
  3. 株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」、募集開始後約1.5時間で目標額到達