Datachain、Corda公式開発パートナー認定取得。Cordaと異種台帳のインターオペラビリティを実現するIBC ModuleをHyperledger Labs「YUI」にてOSSとしてリリース

エンタープライズ用途で世界各国で利用が広がるブロックチェーンCordaと異種ブロックチェーン間において、仲介者の信頼に依存しない方式でインターオペラビリティを可能に

株式会社Datachain(以下、Datachain)では、ブロックチェーンのインターオペラビリティを実現するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」の研究開発を行っており、様々なソリューション提供や実証に取り組んできました。

今回、Datachainでは、CordaにおいてIBC(*1)を用いた異種ブロックチェーンとの相互接続を実現するモジュールを、Hyperledger Labsプロジェクト「YUI」としてリリースしました。また、これらの成果を受け、SBI R3 Japan株式会社(以下、SBI R3 Japan)より、エンタープライズ向けブロックチェーンCordaの開発パートナー認定を取得しました。

同モジュールの活用により、Cordaで構築されたデジタル通貨/STOなどの金融領域や、昨今注目が集まるNFT、製造業を中心にニーズが高まっているサプライチェーントレーサビリティなど、各国で実証が進行する幅広いプロジェクトにおいても、仲介者の信頼に依存せずに異なるブロックチェーンとの連携が可能になります。



■Cordaの開発パートナー認定取得
Datachainはこのたび、SBI R3 Japanより、CorDapps(Corda上で動作するアプリケーション)の開発パートナーとして認定を取得しました。

SBI R3 Japanは、SBIホールディングス、米国R3社、三井住友フィナンシャルグループの3社による合弁企業です。R3社は、エンタープライズブロックチェーンCordaや商用版のCorda Enterpriseの開発を行っており、同社のエコシステムには世界中の主要な金融機関が参画しています。

Datachainでは、Corda開発パートナー認定を受け、今後Cordaを用いてアプリケーションを構築している企業や構築を検討している企業への、インターオペラビリティソリューションの提供を行ってまいります。


■Corda対応のIBC Module提供開始
Datachainでは、さまざまなブロックチェーンと既存システムが相互に連携可能な世界の実現を目指し、Hyperledger Labsプロジェクトである「YUI」を中心に研究開発を進めています。

今回、その一環として、エンタープライズ向けブロックチェーンCordaと他のブロックチェーン基盤をIBCを用いて接続するためのモジュールを、OSSとしてリリースしました。Datachainが開発をリードするYUIのモジュールの1つとして提供しています。

Corda対応のIBC Moduleの活用により、Cordaを活用したシステムが、他のブロックチェーン(例、Hyperledger Fabric)との間で、仲介者の信頼に依存せずにお互いのブロックチェーンが相互に検証し合うRelay方式で、インターオペラビリティを実現することができます。

Corda対応のIBC Moduleは、現在Apache2.0ライセンスで、Hyperledger Labsプロジェクトである「YUI」の一部として提供しています。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。
*1 IBC:Inter-blockchain communication protocol。Interchain FoundationおよびCosmosプロジェクトによって策定が進んでいる、ブロックチェーン同士の相互運用性を担保するための仕様標準。


■ユースケース
エンタープライズ向けブロックチェーンであるCordaの代表的なプロジェクトとしては、スウェーデンのCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)である「e-krona(イークローナ)」や、貿易金融プラットフォーム「Marco Polo(マルコポーロ)」等があります。

今回リリースしたCorda対応のIBC Moduleを用いることで、例えば、Cordaで構築されたデジタル通貨プラットフォームと、異なるブロックチェーン基盤で構築された貿易金融プラットフォームとの間で相互接続が実現され、より迅速かつ安全性の高いファイナンス機会の提供が可能になるといったユースケースが考えられます。

また、他の例としては、IBCプロトコルにおけるトークン送付の標準を定めた「ICS-20」に準拠したトークンをCorda上で発行し、当該トークンをHyperledger Fabric等の異なるブロックチェーン基盤で構築されたサービスに移転することも可能になります。


■Hyperledger Labsプロジェクト「YUI」
Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」では、さまざまなブロックチェーン基盤でIBCによるインターオペラビリティを実現するために必要なIBC Moduleの開発を行っています。YUIは、今回リリースしたCorda以外にも、Hyperledger FabricやHyperledger Besuに対応しています。

YUIの詳細につきましては、こちらをご覧ください。
https://github.com/hyperledger-labs/yui-docs

YUIのコミッターはこちらです。
Datachainでは、今後も、さまざまなブロックチェーンや既存のシステムが相互に連携可能な世界の実現を目指してまいります。


■ 株式会社Datachainについて
社名  :株式会社Datachain
事業概要:ブロックチェーン技術に関連する企画・開発
設立    :2018年3月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 久田 哲史
URL     :https://www.datachain.jp/

* 株式会社Datachainは、株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚 英樹、東証JASDAQ:4499)の子会社です。
* 本資料に記載されている会社名、商品名、サービス名は、各社の商標又は登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Datachain >
  3. Datachain、Corda公式開発パートナー認定取得。Cordaと異種台帳のインターオペラビリティを実現するIBC ModuleをHyperledger Labs「YUI」にてOSSとしてリリース