市も全面的にバックアップ!7月開業予定の温泉宿「江田島荘」WEBサイトで先行宿泊予約開始中

江田島市の新たな観光拠点として、地域経済活性化を期待

広島県・江田島市で7月にオープンする温泉宿「江田島荘」の先行WEB予約が開始されました。江田島荘は、江田島市新ホテル等整備事業を通じ、休館した「能美海上ロッジ」に替わる新たな宿泊施設としてオープンします。
江田島荘ホームページ ▶ https://etajimasou.jp

江田島市の新たな観光拠点として期待の「江田島荘」

過疎化や入込観光客の減少において、地域の活力が低下したことで、2018年から始まった江田島市新ホテル等整備事業。江田島市の地域経済活性化を担う重要なパートナーには、株式会社レーサム(本社:東京都千代田区、代表:小町剛)が選ばれ、現在、新たな宿泊観光関連施設として、温泉宿「江田島荘」が能美町中町に建設されています。7月に開業予定の江田島荘は、江田島市の新たに生まれ変わった温泉付き宿泊施設ということで、オープン前から話題となっている施設です。全32室すべてがオーシャンビュー、最寄りの中町港からも歩いて行けるという好立地な場所にあり、江田島市の新たな観光拠点として期待されています。


以前、同場所にあった温泉施設に引かれていた、深海から湧き出る自慢の温泉も、装い新たにオープン予定!客室には、江田島市で明治時代から続く、津島織物製造株式会社の紙布(しふ)を壁紙や小物などに使用し、随所に江田島らしさが感じられる作りに。また、内装デザインの一部には、日本を代表する和紙作家の堀木エリ子(ほりき・えりこ)氏が手掛けた作品を起用し、目の前に広がる穏やかな瀬戸内海の景色と共に、優雅に寛げる空間を提供します。

料理は、江田島市特産品をはじめとした広島県の食材を使い、ここでしか味わうことのできないフレンチを提供。メインシェフには「第1回ひろしまシェフ・コンクール」最優秀賞受賞者の小竹隼也(こたけ・じゅんや)氏が赴任しました。地元の食材を使うにあたり、日頃から生産者とのコミュニケーションを大切にしている小竹シェフ。フランスでの修行で培った確かな技術と独創性を融合させた、珠玉の料理の数々をお客様にお届けします。

江田島荘支配人の阿部直樹(あべ・なおき)さん「たくさんのお客様に、江田島荘を通して江田島市のことを知っていただき、遊びに来ていただければ嬉しいです!」

「江田島荘」支配人・阿部さん(左)と、小竹シェフ(右)「江田島荘」支配人・阿部さん(左)と、小竹シェフ(右)

WEB先行予約スタート
江田島市を盛り上げるために、江田島市民に仲間入りしてくれた江田島荘のみなさん。明日への活力やエネルギーを蘇らせる、そんな“こころと身体が元気になる温泉宿”を目指し、オープンに向けてスタッフ一丸となって頑張っていますので、是非この機会にホームページをご覧になってみてください!
【江田島荘 概要】
江田島荘ホームページ ▶ https://etajimasou.jp
所在地:〒737-2301 広島県江田島市能美町中町4718 TEL:(0823)27-7755
客室数:32室(全室オーシャンビュー)
温泉施設:大浴場 男湯:1/女湯:1(露天風呂・寝風呂・ミストサウナ・源泉かけ流しぬる湯)・宿泊客専用半露天貸切風呂:2
レストラン:1(座席数70席)
駐車場:完備
宿泊プラン:1泊2食付き/お一人様22,000円(サ込税別)~
★現在、江田島市では「ひろしまの遊び島 えたじま」として観光コンテンツを発信中。観光事業にも力を入れておりますので、是非チェックしてみてください。https://hiroshima-asobijima.com/

本件に関するお問い合わせ▶
宿泊施設「江田島荘」 担当:白洲(しらす)
TEL:03-5157-8443/MAIL:shirasu_chiyo@raysum.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 江田島市 >
  3. 市も全面的にバックアップ!7月開業予定の温泉宿「江田島荘」WEBサイトで先行宿泊予約開始中