SUNがバングラデシュに初の海外支社を開設

現地雇用を創出し、日本のIT人材不足の解消を目指す

 SUN株式会社は、バングラデシュ人民共和国の首都ダッカにバングラデシュ支社を開設。初めての海外支社を開設いたしました。
SUN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:仲宗根俊平、以下 SUN)は、初めての海外支社をバングラデシュ人民共和国の首都ダッカに開設いたしました。


【バングラデシュに開設を決めた理由】
1.日本とバングラデシュがWin-Winとなる
 日本ではデジタル化が加速し、業種業界を問わず「IT人材不足」の課題に直面しています。情報処理推進機構(IPA)「IT人材白書2020」によると、2030年に最大で79万人のIT人材が不足すると予測されています。「DX推進」や「デジタル化」は今後も注目を集めるキーワードであることは容易に想像ができ、IT企業を筆頭に高度IT人材の確保が全業界におけるビジネスの課題になることは間違いありません。一方のバングラデシュは経済成長の真っ只中にあり、国民が豊かになるにつれ教育の質が高くなって大学卒業の学歴を持つ人材も多くなりました。しかしながら、給与面や雇用の不安定性から魅力ある就業機会が少ないという課題に直面しています。

 SUNも設立当初より、バングラデシュに赴きIT人材の採用行っています。国内拠点では10名を越えるバングラデシュ出身の従業員が、即戦力として業務に当たってきました。SUNがバングラデシュに支社を構えることで、現地のIT人材の雇用を本格的に行い、日本の「IT人材不足」とバングラデシュの「雇用の不足」という双方の課題解決に向けて貢献できるのではないかと考えています。
2.バングラデシュの若者に未来のためSDGsの取り組み
 SUNは自身が運営する日本語学習アプリ「くらしスタディ」を、2021年6月にバングラデシュにて販売開始しました。外務省所管の独立行政法人・国際交流基金が発表した各国の日本語学習者数ランキング(2018年度)によると、バングラデシュの日本語学習者は約4800名で30位でしたが、バングラデシュにおける「くらしスタディ」のアプリダウンロード数は1万4000ダウンロードを超え、日本語学習者ランキング11位のインドをはるかに上回るものでした。アプリのダウンロードの数値や、JICAのB-JETプロジェクト(日本市場をターゲットとした現地のICT人材育成プロジェクト)からも見るように、親日の国としても知られるバングラデシュには日系企業で働くことを夢見る若い人材が多いことが予想されます。

以上から、バングラデシュの若者の未来を支えるべく、SDGsの「1.貧困をなくそう」や「8.働きがいも経済成長も」に貢献できると考えています。そのためにも、まずはバングラディシュ支社の開設をいたしました。

 

【バングラデシュ支社の事業内容】
  • 日本語学習アプリ「くらしスタディ」の開発・販売、日本語教育関係者への提案
  • 日本市場向けオフショア開発事業
 SUNでは、日本語学習アプリ「くらしスタディ」をデジタル教材として活用する提案を行っています。日本語学校や技能実習生の送り出し機関など、日本語教育関係者や団体へ向けて、日本語教育のICT化を推進していきます。同時に現地の採用活動にも力を入れてエンジニアを増やしながら、開発チームの組織体制を整えてオフショア開発拠点としても成長させていきます。日本とバングラデシュのエンジニアが一緒に開発することにより、新たなイノベーションを起こすと共に、世界に通用するエンジニアへの成長を期待しています。

【バングラデシュ支社 概要】
会社名:SUN Co., Ltd Bangladesh branch
住所:Anz Huq Eleven Square, 7F, Plot-1, Block H, Rd. No. 11, Banani, Dhaka, 1213, Bangladesh
設立:2021 年 12 月 15日
事業内容:
 ・日本語学習アプリ「くらしスタディ」の開発・販売
 ・日本市場向けオフショア開発事業
 

【SUN株式会社 会社概要】
会社名:SUN株式会社
住所:
 東京本社 東京都港区西新橋1-16-4 ノアックスビル3階
 関西支社 大阪府大阪市北区梅田1-11-4-923 大阪駅前第4ビル9階
 中部支社 愛知県名古屋市中区栄3-15-27 いちご栄ビル9階
 九州支社 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル2階
 バングラデシュ支社 Anz Huq Eleven Square, 7F, Plot-1, Block H, Rd. No. 11, Banani, Dhaka, 1213, Bangladesh
設立:2018年 8月 8日
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 仲宗根 俊平
資本金:800百万円
事業内容:
 システムインテグレーション事業
 ホームページ制作・運用保守事業
 在留外国人支援事業
  ・日本語学習アプリ「くらしスタディ」
  ・在留外国人向け生活メディアサイト「くらしジャパン」

 


■関連リリース
日本語学習アプリ「くらしスタディ」が初の海外進出!第一弾はインド・バングラデシュに
https://www.sun21.co.jp/news/2021/kurashi-study-overseas.php

■日本語学習アプリ「くらしスタディ」
https://kurashi-study.net/
 くらしスタディは、日本の生活を題材にした全96の物語をベースに、登場人物の会話文から日本語の文法や表現、単語、発音などを勉強する日本語学習アプリです。物語の会話文は全て音声を収録しており、リスニングや発音の練習に活用することもできます。日本のくらしに必要な生活ルール・行政ルールなど生活に密着した内容で、リアルな日本語やリアルな生活が学べるところが最大の特徴です。

 学校に行かなくとも、「読む・聞く・話す」スキルを総合的に学べ、不明な点はオプション機能の「オンライン日本語会話」でプロの日本語教師からプライベートレッスンが受けられます。自主学習でわからない事や、日本の生活で困ったことなど自由に相談ができ、自主学習のサポートも行います。日本語能力試験JLPTのN5~N2レベル対策にも活用できます。

■SUN株式会社
https://www.sun21.co.jp/
 「世界を代表する『人と人をつなぐ』会社となる。」を企業理念に掲げ、システムインテグレーション事業、在留外国人支援事業を展開するIT企業です。グローバル人材を積極採用することで人との繋がりによる新たな価値を創造し、世の中にイノベーションをもたらします。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SUN株式会社 >
  3. SUNがバングラデシュに初の海外支社を開設