UPSIDERの水村が、「Server-Side Kotlin Meetup」に登壇します #serverside_kotlin_meetup

登壇タイトル:「Server-side Kotlin で作成した 支払い.com のアーキテクチャについて」

​法人カード「UPSIDER」、およびビジネスあと払いサービス「支払い.com」を提供する株式会社UPSIDER(代表取締役:宮城徹、本社:東京都港区)のバックエンドエンジニア、水村 敏志が、7月15日(金)に開催される「Server-Side Kotlin Meetup vol.4」に登壇します。

・イベントページ:https://server-side-kotlin-meetup.connpass.com/event/251266/

 
  • イベントについて
「Server-Side Kotlin Meetup vol.4」は、サーバーサイドKotlinに特化した勉強会コミュニティグループが開催するイベントです。株式会社スマートラウンド、株式会社justInCaseTechnologies、株式会社マネーフォワード、株式会社ユーザベース / 株式会社ニューズピックスが共同で運営しているコミュニティグループで、サーバーサイドKotlin経験者を中心としたWebエンジニアのスキルアップの場を提供し、サーバーサイドKotlinコミュニティの活性化を目指して各社の知見を発信することを目的とされています。

・イベントページ:https://server-side-kotlin-meetup.connpass.com/event/251266/
 
  • 登壇者・登壇内容について

水村 敏志
株式会社UPSIDER のエンジニアです。 支払い.com のバックエンドと GCP 周りを主に担当しており、Kotlin を書いていることが多いです。技術書典で Server-side Kotlin に関する本を2冊頒布しました。 小鳥を二羽飼っています(セキセイインコ)

登壇内容
<登壇タイトル>Server-side Kotlin で作成した 支払い.com のアーキテクチャについて

「支払い.com」は約4ヶ月間という短い期間で開発し、サービスインしました。フレームワークは Ktor を採用し GCP の Cloud Run で動いているのですが、なぜこのようなアーキテクチャにしたのかなどを発表します。
 
  • 当社が提供するサービスについて

当社は、「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」をミッションに、法人カード「UPSIDER」およびビジネスあと払いサービス「支払い.com」を提供しています。 

個人事業主・法人企業を対象とした「支払い.com」は、企業間の取引におけるあらゆる銀行振込のお支払いを、ユーザーがお持ちのクレジットカードで決済できるサービスです。お支払いをクレジットカードのお引落日まで延長することで、ユーザーは資金繰りの改善が可能となります。また、ユーザーは書類の提出や面談、審査は必要ありません。
 
  • 会社概要
・社名:株式会社UPSIDER
・WEB:https://up-sider.com/lp/
・設立:2018年5月
・代表者:宮城 徹
・資本金:8,264百万円(資本準備金含む)
・本社所在地:東京都港区六本木 7-15-7
・加入協会・認定: 一般社団法人日本資金決済業協会、セキュリティ認定 PCI DSS v3.2.1
 
  • 本件に関するお問い合わせ先
ご導入のご相談や、取材申し込み、提携のご連絡は、pr @ up-sider.com までご連絡ください。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社UPSIDER >
  3. UPSIDERの水村が、「Server-Side Kotlin Meetup」に登壇します #serverside_kotlin_meetup