メタバースネイティブによるアドボカシー団体「NPO法人バーチャルライツ」が次期役員・アドバイザーの公募を開始

 NPO法人バーチャルライツ(理事長:國武悠人、事務所:千葉県印西市、以下バーチャルライツ)は8月8日、次期役員及びアドバイザーの公募を開始いたしました。

 
  • 募集概要
【理事】
職務内容:経営計画、政府対応、部門統括、渉外業務、政策推進等に係る業務執行及び監督を行う
【アドバイザー】
職務内容:各種事業に対する助言
※アドバイザーは本名の公開なく就任できます
(ただし当法人への本名・住所提出は存在します)

【必須要件(全て)】
・ブロックチェーンやNFTといった事項に関し、当法人と基本的な価値観を共有していること
・欠格条項に該当せず、理事に応募する場合は実名を届け出ることが可能な方
・当法人の理念に賛同されている方
・18歳未満の場合は親権者の同意を得られる方
・ロビー活動に抵抗の無い方

【歓迎(いずれか1つでも)】
・ソーシャルVRコンテンツ体験時間が200時間以上の方
・学士号または高度専門士以上の学位・称号取得者(見込者含む)の方
・利益相反が発生し得ない方

【優先任命要素(いずれか1つでも)】
・ソーシャルVRコンテンツにおける主催経験を有する方
・ソーシャルVRに関連する企業での実務経験または役員経験を有する方
・公共政策、政治、技術経営に関連する学位を有する方。修士号以上の学位を有する方(見込者含む)
・大学、教育機関での実務経験を有する方(研究員、RA等含む)
・国外団体との渉外業務を行うことのできる外国語能力を有する方(英語または韓国語)
・政府機関、政党、シンクタンク、公益団体、関連する業界団体のいずれかにおける実務経験を有する方

【求められるスキルの例(いずれか1つ以上)】
・法人内チャットツールでの素早い返信・決裁スキル
・優れたコラボレーションスキル、政治力、分析力、業務処理能力
・技術、文化、規制に関連する複雑な問題に際して的確な意思決定を行い、迅速に対処できるスキル
・通常では閲覧することのできない公共政策に係る情報を適切に活用できるスキル
・キャンセルカルチャーに屈しない精神スキル

【報酬】
・特定非営利活動促進法及び定款の規定により無報酬(実費は定款に基づき支給)

【人数】
・理事、アドバイザー共に若干名

【応募ページ】
https://www.npovr.org/recruit
  • ​NPO法人バーチャルライツについて

日本最大級のVRアドボカシー団体※1。VR文化とユーザー・クリエータの権利擁護と文化発信を主な目的として、議員や有識者を招いたVR文化カンファレンスや勉強会、文化発信イベントの開催、調査事業、官公庁・国会議員連盟への政策提言などを実施。会議やイベントはVRSNSやオンラインツールを活用し、コロナ禍でも積極的に活動。2021年3月に設立総会をVR空間で行ったNPO法人として認証・設立。2022年5月時点の会員数は約800人。日本赤十字社東京都支部感謝状受賞。
理事長:國武悠人
事務所:千葉県印西市大塚三丁目22番地23
会員数:約700人(2022年2月時点)
設立:2021年3月29日
公式サイト:https://www.npovr.org
※1:NTTdata特集記事( https://www.nttdata.com/jp/ja/data-insight/2022/0608/ )より
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人バーチャルライツ >
  3. メタバースネイティブによるアドボカシー団体「NPO法人バーチャルライツ」が次期役員・アドバイザーの公募を開始