多様化する“自費診療”の今とこれからの価値を学ぶ、業界最大級イベント「自費研フェスティバル2022」を開催

自費研株式会社(代表取締役 佐々木威人)は、10月15日(土)16日(日)の2日間、東京五反田TOC Exhibition Hallにて、「自費研フェスティバル2022」(https://jihiken-fes.jp/)を開催します。(事前登録で参加無料)


コロナ禍にも関わらず、来店型業種としては異例の成長をし続けた自費診療業界。
社会環境・顧客ニーズの変化を医療機関や企業が察知し、自費診療における新しいビジネスモデルの創出や自費診療を取り入れる医療機関が急拡大しており、行政やマーケットに、多くの変化と多様化、そして可能性の波が押し寄せています。

一方で、医局制を持つ保険診療と違い、自費診療は、情報収集や共有の場が圧倒的に少なく、情報の信頼性の判断も難しいため、情報不足に悩む医療従事者が多いのも現状です。

自費研フェスティバルでは、医師・歯科医師・看護師などの医療従事者をはじめとする市場関係者の方に、“自費診療マーケットを正しく広め、正しく知ってもらう”ことを目的として、業界のトップランナー達をコンテンツプロデューサーとして抜擢し、医療DX、美容医療、医療経営など多様性が高まりつつあるテーマに分類し、50本以上のセミナープログラムと300以上の企業ブースを用意。
また、有機栽培野菜を中心としたマルシェ、プロレス、リフレッシュコーナーなど、自費研フェスティバルならではのエンターテイメントコンテンツもパワーアップ。

今、自費診療領域で何が起こっているのか、これから何をすべきかを、楽しみながら発見・体感しに是非足をお運びください。


■今年のテーマ「自費診療Diversity ~多様化する自費診療の今とこれからの価値~」

 



■多様化が顕著にみられるコンテンツをカテゴリ化

医療DX、美容医療、自費・医療経営、医療マーケティング、歯科自費経営、抗加齢医療、美容ナース、オーソモレキュラー等

 



■自費診療業界のトップランナーによるプログラムプロデュース

幾度も開設した美容クリニックを全国規模にまで拡大させ、設立から4年で上場を果たした再生医療ビジネスを展開するセルソース株式会社を立ち上げた山川雅之医師、患者はもちろん、美容医師からも技術面で絶大な人気と信頼を寄せられる田中亜希子医師、元厚生労働省官僚、MBAを持つ現役医師という異色の経歴をもち、「医療4.0」を提唱する今医療ビジネス界で注目度№1の医療DX専門家、加藤浩晃医師をはじめとするプロデューサー達が、それぞれのカテゴリを担当しコンテンツプロデュース。

 



■様々な学会・研究会提供のプログラムがまとめて学べる!

プロデューサーによるプログラムに加え、「日本メンズヘルス医学会」「JSPCM(日本先制臨床医学会)」「日本医学脱毛学会」「医療アートメイク学会」「カスタマイズ治療研究会」などの団体のセミナー講演も開催。
一度に必要なプログラムを効率的に受講できます。


■今年はテーマ別に展示ブロックを設置。より情報アクセスしやすい導線に

医療DX、美容医療、経営、コスメ、サプリなどテーマ別に展示。
体験コーナーやセミナーステージを配置するなど、ただ見るだけではない工夫を施しています。


■同時開催

美容ナースに特化した、4つのイベントと、コンシューマー向けのイベントを同時開催
・看護師向け
「美容ナースEXPO」「アートメイクカンファレンス」「看護師転職フェア」

・コンシューマー向け
「自費研美容医療EXPO2022」


■自費研フェスティバル2022 開催概要

開催日時
2022年10月15日(土)9:30~19:00
2022年10月16日(日)9:00~17:00

場所
TOC Exhibition Hall(五反田TOC)
住所 東京都品川区西五反田7-22-17

主催/企画運営事務局
一般社団法人日本顎顔面美容医療協会
自費研株式会社

参加費用
2000円(事前登録で無料)

対象
医師、歯科医師、医療関係者(経営者・看護師・カウンセラー等)

参加方法
特設サイトから来場申し込み
https://jihiken-fes.jp/


■お問い合わせ
自費研株式会社 自費研フェスティバル2022事務局
担当:田中・重村
https://jihiken.jp/jihiken-ni-toiawaseru/
  1. プレスリリース >
  2. 自費研株式会社 >
  3. 多様化する“自費診療”の今とこれからの価値を学ぶ、業界最大級イベント「自費研フェスティバル2022」を開催