「京阪神スタートアップアカデミア・コアリション(KSAC)」Webサイトをオープン

京阪神における起業家の裾野拡大、大学発スタートアップを連続的に創出していくことで、世界に伍するスタートアップ・エコシステムの構築をめざすプラットフォームであるKSACは、京阪神におけるアントレプレナーシップを有する人材の育成とスタートアップ創出に向けて、Webサイトをオープンしました。

■「京阪神スタートアップアカデミア・コアリション(KSAC)」URL
https://ksac.site/

■「京阪神スタートアップアカデミア・コアリション(KSAC)」開設の背景
「京阪神スタートアップアカデミア・コアリション」(略称、KSAC)は、京阪神の大学・産業界・金融界・自治体等の40以上の機関が参画し、地域や組織を超えて連携を図り、人材・研究課題・資金の好循環をつくり、京阪神における起業家の裾野拡大、大学発スタートアップを連続的に創出していくことで、世界に伍するスタートアップ・エコシステムの構築をめざすプラットフォームです。

大学から生まれる優れた技術シーズの実用化や、アントレプレナーシップを備える人材の育成を強力に支援し、コロナ後の社会変革や社会課題解決につながる社会的インパクトの大きいスタートアップが持続的に創出される体制を構築することを目的として設立されました。本プラットフォームの詳細や、様々な取り組みなど最新情報をわかりやすく提供するため、この度KSACホームページをオープンしました。今後も一層、京阪神エリアでのスタートアップ・エコシステム形成に貢献してまいります。

■サイトのポイント
・KSACの事業をわかりやすく簡潔に整理
KSACが取り組む「起業活動支援事業」「起業家・支援人材育成事業」「起業環境整備事業」「エコシステム形成事業」別に情報をグローバルメニュー「ACTIVITY」に掲載。各事業の目的と取り組み内容について簡潔に表示し、必要な情報をご覧いただきやすい仕組みとなっています。


<事業別詳細ページイメージ>
 

<参考情報>
https://youtu.be/XvEcTNnKCDE

■京阪神スタートアップアカデミア・コアリションについて
大学から生まれる優れた技術シーズの実用化や、アントレプレナーシップを備える人材の育成を強力に支援し、
コロナ後の社会変革や社会課題解決につながる社会的インパクトの大きいスタートアップが持続的に創出される体制を構築することを目的とします。関西地域の大学、産業界、金融界、自治体が参画し、関西のスタートアップエコシステムの形成に貢献します。

※京阪神スタートアップ アカデミア・コアリションは文部科学省・国立研究開発法人 科学技術振興機構「SCORE 大学推進型 拠点都市環境整備型」、「START 大学・エコシステム推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援」の事業に取り組んでいるプラットフォームです。

※京阪神スタートアップアカデミア・コアリション事務局の運営は、公益財団法人大阪産業局が担っております。

■公益財団法人大阪産業局について
2019年4月、公益財団法人大阪産業振興機構と公益財団法人大阪市都市型産業振興センターの合併により、公益財団法人大阪産業局が設立。大阪経済の発展をめざし、大阪の中小企業などの経営力強化や創業支援などの事業を通じて健全な事業創出や育成を図り、活力ある大阪経済の発展に寄与することを目的にしています。大阪産業局では「大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」事務局を担っており、大阪・関西の中心部の集積を活かして、シーズからレイター時期までのシームレスな支援環境の構築・強化に取り組んでいます。また、未来を創造する起業家や技術者があつまるイノベーション拠点である「大阪イノベーションハブ(OIH)」の運営も行ない、起業家の支援、新事業の創出、スケールアップにつながる数多くのイベントやセミナーを開催しています。

公益財団法人大阪産業局 ホームページ:https://www.obda.or.jp/
当財団からのリリース一覧:https://www.obda.or.jp/press-release
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪産業局(大阪イノベーションハブ) >
  3. 「京阪神スタートアップアカデミア・コアリション(KSAC)」Webサイトをオープン