プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

一般社団法人シブヤフォント
会社概要

2024年春、実験的出会いの場『シブヤフォントラボ』を原宿にオープン!

「東急プラザ原宿「ハラカド」」がオープンする「原宿スクエア」の7F に、ダイバーシティ&インクルージョンを体現できるギャラリー&イベントスペース(約200平米)を開業

一般社団法人シブヤフォント

上:障がいのある人との共創アートワーク 下:「シブヤフォントラボ」のアートウォール

一般社団法人シブヤフォント(共同代表:古戸勉、磯村歩、以下「当社」)は、2024年春より「原宿スクエア」7階に移転し、ダイバーシティ&インクルージョンを体現できるギャラリー&イベントスペース『シブヤフォントラボ』を開業いたします。

「原宿スクエア」は、東急不動産株式会社の商業施設「東急プラザ原宿「ハラカド」」が2024年4月17日にオープンする施設ですが、当社は「東急プラザ原宿「ハラカド」」のテナント、クリエーター、デザイナー、加えて原宿周辺のさまざまな企業・団体と連携する予定です。

2024年4月17日開業予定の東急プラザ原宿「ハラカド」の全景(当社撮影)

「シブヤフォントラボ」について

「シブヤフォント」は、障がいのある人、学生、福祉、そして企業・団体とがアート・デザインを通して、今まで全く接点のなかった人々とのつながりを生み出してきました。

これにより、関わった障がいのある人には自己肯定感が育まれ、やがてアーティストとなり、社会とのつながりが広がっていきました。さらには、障がいのある人のみならず、関わる全ての人々が、交流を通して新たな気づきや発想の種を生み出しました。

これは、ダイバーシティ&インクルージョン社会の実現に向けた渋谷発の画期的なアプローチであり、それは、今や「ご当地フォント」としても全国に広がっています。

シブヤフォントの新たな拠点「シブヤフォントラボ」では、障がいのある人とそのコミュニティーが、今までにない新たな交流を生み出し、障がいのあるなしに関わらず、誰もが “へんしん” できる場所として運営し、これにより “障害” という固定観念を取り除き、多様な特性や解釈を受け入れる “ショウガイ” という新たなメッセージ「ショウガイはへんしんできる。」を発信してまいります。

「シブヤフォントラボ」のアートウォール
障がいのある人と学生との共創(1)
障がいのある人と学生との共創(2)

「シブヤフォントラボ」ができるまで

シブヤフォントについてのそれぞれの思いをつづる
グループで得られたキーワードを整理
アイデアの共有
アイデアブレインストーミング
インテリアデザインの検討
オリジナルデザインの家具の試作

 新たな拠点を開業するにあたり、およそ3年に渡り、渋谷区、渋谷区内の障がい者支援事業所、NPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(以下、「SVP東京」)、シブヤフォント認定ファシリテーターなど、多様なメンバーとさまざまな対話を重ねて参りました。

 事業計画、ギャラリー企画、インテリア、空間、商品開発など、数多くのテーマに、数多くのプロセスを経て、今、ようやく「シブヤフォントラボ」として、結実しようとしています。

「シブヤフォントラボ」プロジェクトチーム

シブヤフォントを支えるメンバーたち

プロデュース:磯村歩

事業企画:磯村歩、坂本清子、SVP東京

アートディレクション:磯村歩、ライラ・カセム

グラフィックデザイン:磯村歩、ライラ・カセム、十倉亜紀子

インテリアデザイン:磯村歩、ライラ・カセム、三谷万由子、十倉亜紀子、水野弘子

家具デザイン:長岡勉(POINT)、磯村歩、ライラ・カセム

オープニングイベント企画:石塚浩子(アトリエ福花)、磯村歩、坂本清子、ライラ・カセム、二河等、十倉亜紀子、シブヤフォント認定ファシリテーター

ワークショップ企画:SVP東京

商品開発・企画:くるるえびす、ストライドクラブ、TENTONE、はぁとぴあ原宿、福祉作業所おかし屋ぱれっと/工房ぱれっと、福祉作業所ふれんど、ホープ就労支援センター渋谷 アトリエ福花、のぞみ作業所、ワークささはた、ワークセンターひかわ、むつみ工房、磯村歩、坂本清子、髙橋圭、ライラ・カセム

助成:デロイト トーマツ ウェルビーイング財団

運営主体:一般社団法人シブヤフォント

事業連携:渋谷区

*無記入は全て、一般社団法人シブヤフォント所属

「シブヤフォントラボ」活用アイデア(一部)

プロジェクトチームのメンバーから提案されたアイデアの一部を紹介します。チームメンバーは、それぞれの得意分野を活かし、実現に向けて取り組んでいます。今後、さまざまな企業・団体との連携で更に魅力的な企画を発信していきます。

・真っ暗闇の中で視覚以外の五感を使って過ごす

・目が見えない方、耳が聞こえない方など多様な方々とのアート鑑賞

・障がいのあるアーティストによるアート実演販売

・伝統工芸品を制作する障がい者就労支援事業所によるものづくり実演販売

・シブヤフォントを活用した一点もののリユースオークション

・原宿の街をパレードするファッションショー

・障がい者アーティストによる「あなたの気持ちをアートにする」ライブペインティング

・シブヤフォントのアートが夜空に舞うプロジェクションマッピング

・多文化/多世代による多様な言語を取り入れた「ご当地フォント」のグローバルイベント

*「シブヤフォントラボ」を活用した当社との連携にご関心のある企業・団体は、下記の「お問い合わせフォーム」より、ご連絡ください。

*「シブヤフォントラボ」の活用においては、別途、企画運営費、施設機材の技術料、施設什器の利用料、プロモーション料等を申し受けます。費用に関しては下記「お問い合わせフォーム」よりご相談ください。

今後の予定

2月上旬 :シブヤフォントラボでの新企画のクラウドファウンディング

      業務拡大に伴うグラフィックデザイナーの募集

3月上旬 :移転

4月初旬 :招待制の内覧会

4月17日:開業

4月下旬〜5月初旬:オープニングイベントの開催

*開業準備に伴い、現在(2月時点)の「渋谷区文化総合センター大和田」の当社拠点は、2024年2月末に閉業いたします。「シブヤフォントラボ」開業までの業務は、オンラインにて対応いたします。

業務拡大に伴うグラフィックデザイナーの募集

「シブヤフォントラボ」で一緒に活動するグラフィックデザイナーを募集いたします。ご関心のある方は、下記「募集要領」をご確認の上、ご応募ください。

お問い合わせ

 当社では、新拠点「シブヤフォントラボ」を活用したダイバーシティ&インクルージョンの理念を発信する企画を連携・協働する企業・団体を募集しております。福祉、デザイン、アートにおけるシブヤフォントの知見とノウハウを活かした画期的な取り組みを連携しましょう。ご関心のある方は下記フォームよりお問い合わせください。

150ー0001 東京都渋谷区神宮前6ー31−21 原宿スクエア 7F

一般社団法人シブヤフォント「シブヤフォントラボ」

*上記住所での営業は2024年4月17日より開始いたします。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
東京都渋谷区店舗・民間施設
関連リンク
https://www.shibuyafont.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

一般社団法人シブヤフォント

6フォロワー

RSS
URL
-
業種
サービス業
本社所在地
東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田8F
電話番号
-
代表者名
磯村歩
上場
未上場
資本金
-
設立
2021年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード