CAS REGISTRY の登録化合物数が7500万件を突破

化学品カタログがCAS REGISTRYの7500万件登録の原動力となる

化学情報協会は、米 Chemical Abstracts Service(CAS)が発表したプレスリリースを受けて、国内向けに次のとおり、お知らせいたします。米 CAS の発表情報は下記をご覧ください。
http://www.cas.org/news/media-releases/75-millionth-substance

(オハイオ州コロンバス発、2013年11月11日)-化学情報の世界的権威であるChemical Abstracts Service (CAS) が、7500万件目の化合物を登録したことを発表しました。CAS REGISTRYは1800年代初頭以降の文献に報告された物質情報を提供することで知られていますが、今回の新物質は化学品カタログから採録されたものです。CAS REGISTRYは学術誌や特許のほか、化学品カタログ、世界各国の規制情報、信頼できるウェブサイトなども情報源としています。化学品カタログからの物質登録は毎日行われているので、7500万件目の物質がカタログに掲載されたものであることも不思議ではありません。

化学物質に関して世界で公開された情報すべてを収集しデータベース化している機関は世界で唯一CASだけです。世界中の化学者や知財専門家のニーズに応えるため1995年以降は化学品提供業者からの物質情報も収集し、CAS REGISTRYに登録しています。今回登録された7500万件目の物質は、880社以上が販売する約7000万件の化学品カタログ情報のデータベースCHEMCATSに収録されたAurora Fine Chemicals社の商品で、化学・生化学・生物医学の研究者にとって有用な可能性があるものです。この化合物自体は新規に登録されたものですが、類似の物質は既にCASによって索引されており、その薬効が研究されています。

 

3-(Cycloheptyloxy)-6-methyl-N-(1-methylethyl)-2-pyridinemethanamine
CAS登録番号:1470595-42-6

 

ワークフローを改善し科学研究を加速するため、CASは化学合成・医薬品開発・診断・大量生産などのための出発物質への迅速・容易なアクセスを提供しています。世界中の化学品提供業者の協力で、化学者はSciFinderを使って市販化学品情報に直接アクセスすることができます。

Aurora社代表取締役のAlexander Kutyrev博士は「当社の最新版カタログに掲載された化合物がCAS REGISTRYの7500万件目の物質となったことは大変嬉しいことです。当社は1800万以上の化学品の在庫を持っており、全世界の研究者の皆様は、SciFinderを通じて当社のカタログに容易にアクセスし、必要な物質を探すことができます」と語っています。

1年前に登録された7000万件目の物質は韓国特許から採られたものであり、今回の7500万件目の情報源がAurora社のカタログであることは、物質に関する公開情報すべてをCAS REGISTRYに収録するためにCASが常時把握している情報源の幅広さを示すものです。

CASのデータベース作成部門の最高責任者Matthew Toussant博士は次のように述べています。「CASの科学者はCASデータベースに収録する化学情報の品質管理に毎日注力しています。7500万件目の収録物質がファインケミカルのカタログに由来するのは特に喜ばしいことです。市販化学品の入手先を調べられることはSciFinderの重要な利点で、CASではデータベース構築のために化成品業者にカタログ情報の提供を求めています。そしてそれにより、物質情報の世界標準であるCAS REGISTRYに世界中の信頼される公開化学情報が記載されていることを確実にすると考えています」

CAS について
米国化学会(American Chemical Society)の情報部門であるChemical Abstracts Service(CAS)は、化学情報の権威として世界に知られています。CAS は化学物質に関する世界の公開情報すべてを収集し組織化することを目的としている世界で唯一の機関です。CAS に所属する科学者が構築と品質管理を行っている CAS データベースは、最も網羅的で信頼性のあるものとして世界中の機関に認められています。CAS はこれらデータベースと最新の検索・解析技術を組み合わせた SciFinder やSTN の各製品・サービスなどを通じて、科学的な発見をサポートする最新かつ網羅的なデジタル情報環境を提供しています。
▽詳しくは http://www.cas.org をご覧ください。

【化学情報協会(略称:JAICI)について】
化学情報協会(所在地:東京都文京区)は、化学技術情報の流通を図るため 1971 年に設立されました。米国をはじめ世界各国の情報機関などと協力関係を築き、日本の研究者をサポートする情報センターとして、大学・企業などの情報取得・分析から研究・開発までを支援しています。
▽詳しくは http://www.jaici.or.jp をご覧ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 化学情報協会 >
  3. CAS REGISTRY の登録化合物数が7500万件を突破