グループス、韓国ゲーム市場に初進出 Daum Mobageで「ORDER of UNION」を提供開始

株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:川方 慎介:以下「グループス」URL:http://gloops.com/)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功、以下「DeNA」)が運営する韓国のソーシャムゲームプラットフォーム「Daum Mobage」を通じて、3月6日(水)より「ORDER of UNION」のAndroid版を初の韓国市場向けタイトルとして提供開始いたしました。iOS版についても、順次提供してまいります。

 

 

 

 

グループスはDeNAと海外事業の包括契約を締結しており、昨年10月にはMobageにて欧米市場向けに「Warriors of Odin」を提供、さらに中国市場向けには「奥丁戦紀」を配信いたしております。

「ORDER of UNION」は、日本国内で「大連携!!オーディンバトル」として150万人を超えるユーザーにお楽しみいただいている大人気ゲームの韓国版です。北欧神話をベースにした世界観のゲームで、ユーザーが、主神オーディンの騎士となり、闇の軍勢との最終決戦『ラグナロク』へ向け、オーディン軍の選抜隊の座をギルド同士で競い合います。リアルタイム性の高いバトルシステムで、プレイヤー同士でギルドを組み他のギルドと戦う対抗戦やジョブチェンジシステムなど、魅力が満載です。また、バトル開催時は戦いの優劣が音楽で分かるようになっていることも特徴で、今後は韓国市場に向けた各種プロモーションも展開してまいります。

■株式会社gloops (グループス) について
グループスは、インターネット上で様々な人とコミュニケーションを取りながら遊ぶソーシャルゲームの開発・運営を行うソーシャルアプリケーションプロバイダです。現在までに、バトル系シリーズである「大乱闘シリーズ」、スポーツ系シリーズである「大熱狂シリーズ」などを中心としたソーシャルゲームの開発・運営を行っております。
設立:2005年8月2日
代表取締役社長:川方 慎介
従業員数::500名(2013年2月現在)
事業内容:ソーシャルアプリケーション事業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社gloops >
  3. グループス、韓国ゲーム市場に初進出 Daum Mobageで「ORDER of UNION」を提供開始