グッド・トイ2019決定! 全国の遊びの専門家に選ばれた45点が受賞

東京おもちゃ美術館で授賞式を開催。触って遊べる展示もスタート

東京おもちゃ美術館を運営する認定NPO法人 芸術と遊び創造協会(東京都新宿区)が毎年行っている「グッド・トイ」選考活動において、2019年の受賞おもちゃが決定。5月25日に同館にて授賞式が行われ、受賞おもちゃ45点と、その中から選ばれた「林野庁長官賞」、「グッド・トイ大賞」も発表されました。受賞者・参加者あわせて約180名が集まり、受賞を祝いました。

 

東京おもちゃ美術館 グッド・トイてんじしつ東京おもちゃ美術館 グッド・トイてんじしつ

​グッド・トイは、親や祖父母がおもちゃを選ぶ際の目安をつくろうと、認定NPO法人芸術と遊び創造協会が実施しているおもちゃの受賞制度で、今年で34年目となります。

2019年は、日本のおもちゃ、海外のおもちゃ、木のおもちゃ、カードゲームなど、バラエティ豊かな45点が受賞しました。


受賞したおもちゃは、「東京おもちゃ美術館」の専用展示室のほか、各地への巡回展、秋田・山口の姉妹館での展示など、全国各地で多くの親子が手に触れ遊ぶ機会が作られます。

 

 


「グッド・トイ大賞」「林野庁長官賞」も発表! ロングセラーおもちゃが支持を集める

同授賞式では、国産の木材を最も有効に活用しているおもちゃに贈られる「林野庁長官賞」、最も多くの支持を集めた「グッド・トイ大賞」も発表されました。

おうちごっこ(寺内定夫の木のおもちゃ てのひらえほん)おうちごっこ(寺内定夫の木のおもちゃ てのひらえほん)

「林野庁長官賞」を受賞したのは、“おうちごっこ”(寺内定夫の木のおもちゃ てのひらえほん)です。発売から40年以上にわたり、国産のセンの木を使って職人の手によってつくり続けられています。ドア・窓・壁の3つを自由に配置して、自分だけの遊びの空間をつくることができ、想像力次第で無限の広がりを生むおもちゃです。

 

アーチレインボー(グリムス・シュピール社/株式会社ブラザー・ジョルダン社)アーチレインボー(グリムス・シュピール社/株式会社ブラザー・ジョルダン社)

「グッド・トイ大賞」に輝いたのは、“アーチレインボー”(グリムス・シュピール社/株式会社ブラザー・ジョルダン社)です。表面が滑りにくいハンの木でつくられていて、積みやすくフェルトのようなあたたかい感触を持つ積み木です。約10年前から販売され、玉の道にする、シーソーにするなど遊びの発展性があることが支持を集めました。

 


2019年の受賞おもちゃ45点は東京おもちゃ美術館での展示も開始。見ることはもちろん、来場者が自由に手に取って遊ぶことができます。

【グッド・トイとは】
1985年より認定NPO法人芸術と遊び創造協会が実施しています。国内で販売されているおもちゃのなかから、遊びの専門家「おもちゃコンサルタント」の投票によって贈られる受賞制度。受賞すると、グッド・トイマークをパッケージにつけられるほか、同NPOが様々な場所で紹介をしています。毎年20~60点のおもちゃが受賞をしています。制度や他の受賞おもちゃについては、Webサイト「GOOD TOY Awards」(http://goodtoy.jp/)をご覧ください。

グッド・トイマークグッド・トイマーク

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人芸術と遊び創造協会/東京おもちゃ美術館 >
  3. グッド・トイ2019決定! 全国の遊びの専門家に選ばれた45点が受賞