グレートバリアリーフ生息のサンゴ白化、観光地への影響はわずかな程度にとどまる   

豪政府機関が直近の研究データを発表

クイーンズランド州政府観光局(オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン、CEO:リアン・コディントン)の日本事務所(東京都港区、日本局長:ポール・サマーズ)は、2020年4月7日にグレートバリアリーフ海洋公園局(豪政府機関GBRMPA)より発表された「2020年3月実施のグレートバリアリーフ地域におけるサンゴの白化調査」についてお伝えいたします。
クイーンズランド州政府観光局 日本事務所 局長ポール・サマーズよりご挨拶
グレートバリアリーフではこれまでになくサンゴの白化現象が悪化しており、いずれはサンゴが死滅する、といった報道もありますが、クイーンズランド州政府観光局としては、日本の皆様に正確な情報をお知らせしたく、同リリースを配信いたします。白化現象は確かに発生しているものの、極めて深刻な被害を受けているサンゴでも死滅せずに回復するものもあります。また今回実施された調査では、日本の多くの方々が訪れるケアンズおよびウィットサンデー地域のグレートバリアリーフにおける白化現象は比較的深刻ではないと確認されています。新型肺炎感染拡大が終息し、これまでのように皆様にクイーンズランド州へお越しいただけるようになった際には、ぜひグレートバリアリーフを訪れて見ていただき、好きになっていただき、そして保護の重要性を知っていただき、帰国後に周りの人々に伝えていただきたいと思います。

研究データの骨子
【目的】:グレートバリアリーフ全域におけるサンゴの白化の範囲と深刻度を測定するため
【調査実施期間】:2020年3月後半の2週間
【調査方法】:1,036箇所を航空測量にて調査

ⓒEd Roberts
ⓒARC Centre of Excellence for Coral Reef Studies

オーストラリアを象徴するリゾート地であるグレートバリアリーフにおいて最初に記録された大規模な白化現象は、当時の観測史上で最も暑い年となった1998年に発生しました。それ以来、最高気温が塗り替えられていく中、2002年、2016年、2017年、そして今回の2020年と大規模な白化現象が発生しています。今回の調査は2020年3月の結果は、2016年、2017年の結果よりも白化の範囲がより広範囲に渡ることを確認しました。一方で、ケアンズ地域やウィットサンデー地域など観光客が訪れる海域では、サンゴの白化はほとんど確認されず、観光への影響は少ないことが今回の航空測量で判明しました。

 

ⓒARC Centre of Excellence for Coral Reef Studies

調査協力/ジェームズクック大学ARCサンゴ礁研究センター モーガン・プラチェット教授のコメント
「白化は必ずしも致命的なものではなく、一部のサンゴ種が他の種類に比べて影響を受けています。色褪せたサンゴや軽く白化したサンゴは通常、数週間から数ヵ月以内に元の色に戻り、生き続けます。今後は2020年後半に再び調査を行い、今回の白化現象によるサンゴの損失を評価します」

リーフの様子が確認できる情報サイト”Great Barrier Reef Today”のご紹介
グレートバリアリーフが誇る多様な自然について理解を深めることができ、海中の様子を知ることができるインターネットサイト”Great Barrier Reef Today”(https://www.tropicalnorthqueensland.org.au/great-barrier-reef-today/)が2020年2月、ケアンズ観光局ホームページに開設されました。渡航前の情報収集ツールとして本サイトをご活用いただけます。地図や撮影された海中画像を通してグレートバリアリーフを訪問する前に、リーフがどのような状況か、簡単に確認することができます。また、渡航した際に撮影した写真はGBRMPAとクイーンズランド州政府が提供するプラットフォーム“Eye on the Reef Sightings Network”(http://www.gbrmpa.gov.au/sightings-network/)へ投稿いただくと、GBRMPAの海洋研究の一助となります。

クイーンズランド州について
人口約500万人、オーストラリアの約1/4の面積を占めるクイーンズランド州は、北東部に位置し、ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト、グレートバリアリーフ等、人気の観光地を有する州です。年間を通じて温暖な気候に恵まれ日本との時差も僅か1時間と、日本との行き来がしやすいことも特徴です。より詳しい情報はホームページよりご確認ください。
公式ホームページ / https://www.queensland.com/
公式Twitter / https://twitter.com/queenslandjp
公式Facebook / https://www.facebook.com/visitqueensland/
公式Instagram / https://www.instagram.com/queensland/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クイーンズランド州政府観光局 >
  3. グレートバリアリーフ生息のサンゴ白化、観光地への影響はわずかな程度にとどまる