自動運転開発プラットフォーム「アポロ計画」を主導する、中国 テック企業「百度」の創業者が著した、AI・自動運転の未来を予測する中国語書籍『智能革命』をクラウドファンディングにて翻訳出版!

―トヨタやホンダもアポロ計画に参画、注目の中国AI企業―

視野を広げ変化の兆しをとらえる書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」(セレンディップ)を運営する株式会社情報工場(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井 徳久、以下情報工場)は、このたび、自動運転で大きく注目されている中国のテック企業、バイドゥ(百度)創業者等によって著された、百度のAI・自動運転開発の未来を描く『智能革命』の翻訳出版を行うことを発表いたします。
 『智能革命』は、まず中国で出版され(15万部発行)、その後、英語、韓国語などに翻訳されましたが、日本語ではこれまでに翻訳出版されていませんでした。
 情報工場の運営するSERENDIPサービスでは、国内の書籍のほか、海外で話題になっているにも関わらず翻訳出版されていない書籍も日本語のダイジェストで紹介しています。『智能革命』もSERENDIPサービスで配信され、大きな反響を呼んだ書籍のひとつです。
 この度の『智能革命』(邦訳版名(仮):『AI革命』)の翻訳出版は、クラウドファンディングによる事前予約の形式で行います。世界では様々な良書が出版されていますが、日本以外の国で話題になっていても日本での大きな販売が見込めないようなジャンルのものは、翻訳出版されにくい傾向にあります。そこで、情報工場では、ニッチであってもビジネスやテクノロジーに関する最先端の知見や新しい視点を提供する良書を、それを必要とするビジネスパーソンの方々に届けたいと考え、この形式を採用いたしました。

 『AI革命』は、AIの夜明けである第一次革命から第三次革命までを振り返りつつ、中国政府が掲げる「大脳計画」、百度の「百度大脳」(百度のAI)などの取り組みを紹介しています。
 百度が主導する自動運転開発プラットフォームには、トヨタやホンダの他、マイクロソフトやエヌビディアなど世界的テクノロジー企業が参画しており、百度は、今、最も注目されている自動運転およびAI企業の一つです。
 『AI革命』では、その百度の戦略だけでなく、中国はAI分野で何を目指しているのか、そして今、何が起きているのかを俯瞰することができるほか、AIの技術的変遷から未来図、自動運転システム、MaaSやCASEなど近年新たに唱えられている概念の背景にある仕組みなどのテクノロジーについても解説されています。
 本書は、AIが中国そして世界経済にもたらす変化を読み解く上で、必携となることは間違いありません。

『智能革命』(出版社 中信出版集団)『智能革命』(出版社 中信出版集団)

『智能革命』翻訳出版プロジェクト概要
プロジェクト名:百度CEOが描く自動運転・AIの未来とは?書籍『智能革命』翻訳出版
開催期間:2019/9/9(月) ~ 2019/11/28(木)
プロジェクトページ:https://serendip.en-jine.com/projects/ai-av

■クラウドファンディング購入時の特権■
クラウドファンディングプロジェクトで先行予約・購入いただくと、来年以降に予定している一般販売価格よりお得な特別価格で手に入れることができます。また、出版記念懇親会に参加できるチケットもご用意しております。

書籍概要
原書:『智能革命』(出版社: 中信出版集団)
邦訳タイトル:AI革命(仮)
著書:李彦宏(Robin Li)、他
翻訳者:永井麻生子(Nagai Aiko)
編者 :間杉俊彦(Masugi Toshihiko)

<<著者紹介>>
李彦宏(Robin Li:ロビン・リー)
中国の検索エンジン大手、百度創設者、CEO。
2000年1月創立(北京市)。
中国では市場の70%と圧倒的なシェアを誇り、世界ではGoogleに次いで第2位。中国政府が掲げる「2030年までにAIの理論・技術・ 応用全般で世界トップレベルへの到達」を実現すべく、自動運転分野の技術開発をリードしている。
2017年4月に「アポロ計画(Project Apollo)」を発表。現在は、2020年の完全自動走行実現のため、世界各国の大手IT企業、自動車関連企業と手を組み、AIを活用した自動運転開発に本格的に取り組んでいる。

<<SERENDIPサービス概要>>
提供内容:厳選した書籍のエッセンスを3,000字にまとめて配信
提供方法:サービスサイトでの提供。新着ダイジェストはメールでプッシュ配信
配信頻度:週4回(国内書籍3回、海外書籍1回)
価格:個人 定価30,000円/年(月額2,500円)
         法人 10名14,000円/月~(ご利用人数によりボリュームディスカウント)
SERENDIPサービス紹介サイト:http://www.serendip.site

<<株式会社情報工場>>
情報工場は、2005年の創業以来、創造力を育成する「きっかけ」として、週に1,300冊以上も出版される書籍の中から価値ある本を厳選配信するダイジェストサービス「SERENDIP」を提供しています。SERENDIPでは、日本で出版されているものを幅広い分野から厳選するのはもちろん、まだ日本語になっていない海外のビジネスパーソンの間で話題の書籍(英語、仏語、独語、タイ語、インドネシア語ほか)も日本語のダイジェストにし毎週配信するなど、国内外からの良質な情報をピックアップし発信しています。現在、上場企業の経営者、管理職など第一線のビジネスパーソンを中心に、約8万人超の有料会員にご利用いただいています。
サイトURL:https://joho-kojo.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社情報工場 >
  3. 自動運転開発プラットフォーム「アポロ計画」を主導する、中国 テック企業「百度」の創業者が著した、AI・自動運転の未来を予測する中国語書籍『智能革命』をクラウドファンディングにて翻訳出版!