「アタラシイ時間」始めました。5周年を迎えたハフポスト日本版が新企画

一人ひとりのライフスタイルについて考えます。

ハフポスト日本版(東京都千代田区、代表取締役:西村陽一)は2018年5月7日、ローンチから5周年を迎えました。5周年を機に「アタラシイ時間」という新シリーズをスタートし、記事、ブログ、動画配信のほか、思いに賛同していただいたパートナー企業様と一緒に10以上のイベントを開きます。

デザイン:株式会社SEESAW

 

ハフポストはアメリカで生まれたネットメディアです。「日本版」は2013年5月に開設され、政治、経済、ライフスタイルなどのニュースを独自の視点で報じてきました。この5年間で、働き方、女性やLGBTQの生き方、テクノロジーの進化、政治やビジネス、エンタメ業界の変革など、日本がアップデートされていく様子を追いかけてきました。

そうしたコンテンツに対して、読者やブロガーの支持や、広告主・広告会社の皆様のお力添えをいただき、2018年1月、月間のユニークユーザー数(UU)は過去最高の2170万を達成。ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社の2017年1〜12月期の決算は、初めての黒字となりました。

「アタラシイ時間」は、これまでのコンテンツをさらに強化するとともに、読者の役に立つ「小さなヒント」を発信するためのキーワードです。

オフィスに行く時間を変えて、自宅で仕事をしたり、イベントに出たりする。いつもと違う道を歩いて保育園のお迎えに行く。会議の合い間、空想にふけって、明日を楽しくするアイデアを考える。あるいは自分で、お弁当をつくって、いつもの定食屋の長蛇の列を避けて、昼休みの時間を過ごす。1日でも、1時間でも、昨日とは違う「時間」を作っていく姿勢を応援します。

記事やブログでの発信に加え、ハッシュタグ「#アタラシイ時間」を通じて、読者からのアイデアも募り、企画を通して「時間」に関する多種多様な声や体験、思いを共有していきます。

▶編集長・竹下隆一郎の「アタラシイ時間」ブログ

"気が散っている人"になろう。ネット業界の荒波を5年間生き残ったからこそ思う
https://www.huffingtonpost.jp/ryan-takeshita/decoding-time_a_23424123/

▶「アタラシイ時間」企画のイベント(例)

1. みんなで“自家製ハイボール”を飲む時間/共催:サントリーホールディングス株式会社
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/27/whiskey-20180426_a_23419636/

2. 夜の美術館であそぶ時間/共催:サントリー美術館
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/27/museum3_a_23421777/

3. アタラシイ働きかたと出会う時間/共催:Route Design合同会社(森のオフィス運営)
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/27/office-in-forest-village_a_23421672/

▶「アタラシイ時間」特設サイト
https://www.huffingtonpost.jp/news/creatingtime/

▶「アタラシイ時間」ハッシュタグ:#アタラシイ時間
http://huffp.st/LbXJ3cE

▶ハフポスト日本版
https://www.huffingtonpost.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
ハフポスト日本版
Mail:info@huffingtonpost.jp

【広告に関するお問い合わせ先】
ハフポスト日本版 Partner Studio
Mail:partner-studio-group@huffingtonpost.jp
  1. プレスリリース >
  2. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社 >
  3. 「アタラシイ時間」始めました。5周年を迎えたハフポスト日本版が新企画