目指したのは社寺建築のデジタルツイン化。Trimble の建築設備向け3Dレーザスキャナ X7が日本の伝統建築の現況調査から設計まで20倍のプロセス効率化を実現!

~社寺建築・文化財の設計施工調査で幾多の業績を誇る株式会社吉匠建築工藝がデジタルワークフローで成し遂げた業務効率化の秘訣を、株式会社ニコン・トリンブルが動画で公開~

測量・測位ソリューションの開発・製造・販売を行う株式会社ニコン・トリンブル(本社:東京都大田区、代表取締役兼CEO:丹澤孝)は、発売中の現場完結型3DレーザスキャナTrimble X7(建築・設備向け)と基幹ソフトFieldLink Scanを活用して社寺建築・文化財のデジタルツイン化を推進する株式会社吉匠建築工藝(本社:東京都八王子市、代表取締役社長 吉川宗太朗)の導入事例映像を公開しました。同社は設計業務にTrimbleの3DソフトウエアSketchUpを活用していたことから、同ソフトとの連携が取れ、簡単操作でスピーディに高精度の点群が取得できる3DスキャナとしてTrimble X7を購入、スキャナ導入前と比べて20倍の効率化を実現しました。

 

 株式会社吉匠建築工藝は、社寺建築・文化財修理・祭り屋台建造修理修復・古民家再生・伝統的講法住宅の設計施工調査を請け負っている会社で、現代的な要求や課題に対応し、日本建築が持つ洗練し受け継がれてきた古来の技術と美が加味された純粋な日本建築の継承を目的としています。代表取締役社長の吉川宗太朗氏に導入の経緯と活用効果を伺いました。

デジタルツインを実現するのにTrimble X7と出会い、20倍以上の効率化に衝撃が走った
「日本人が築き上げてきた洗練された曲線美からなる社寺建築というのは非常に複雑な形状をしています。従って現況調査で測量する期間がとても長く、現場によりますが軽く1か月はかかっていました。そこを簡略化するために3Dスキャナの導入を検討していました。」

代表取締役社長 吉川宗太朗氏代表取締役社長 吉川宗太朗氏

「私は以前からデジタルツインを意識しており、現況データをそのまま設計図に反映したいと考えていました。当社の設計業務は主にSketchUpという3D デザインソフトで行っていることから、SketchUpとの連携が取れる3Dスキャナを探していたら、このTrimble X7との出会いがありました。実際、現況調査にTrimble X7を使用したら、今まで1か月かかっていた作業が6時間から7時間で終わってしまいました。衝撃が走りましたね。20倍以上の効率化が図れています。これは革命ですね。」

  

建築設備向けの3DレーザスキャナTrimble X7は三脚に据えてスタートボタンを押すだけでFieldLink Scanが点群計測を開始する。複数の計測ポイントで取得したデータはタブレット上で自動合成されるので、測量機に纏わる面倒な準備や設定が不要であることも効率化を後押ししている。


点群後処理ソフトで詳細確認を行い、ノイズキャンセリング後にSketchUpで作図に取りかかる。

SketchUpによる図面が完成。現況調査から短時間で出来上がり、可視性も高いので、施主と積極的なコミュニケーションをおこなえるようになった。


一言ですごい。Trimble X7を導入してメリットばかりです
「デジタル技術と社寺建築の職人は結び付かないと思いますが、実際に使ってみると操作自体がとても簡単ですので、若手に教えたら直ぐ取り掛かれる。もっと早くに使っておけばよかった、そういう答えが返ってきます。みんな感激していますね。一言ですごい。私が感じる最大のメリットはスピードです。この3Dスキャナを導入して時間が手に入りました。手に入った時間は他の作業に回せますし、社員にいろいろな形で還元できます。」

曲面の作図もTrimble X7の活用により新たな価値の創造につながっている。

先進のデジタル技術と伝統技術を融合させ、現代の社寺建築を次の世代に継承する
「Trimble X7という最先端の3Dレーザスキャナを導入したことにより、全てのスピードが上がっていきます。こういう先進技術を使いこなしている会社と付き合えている、というお客様の安心感にもつながってきていますね。工期が短縮されるというのは、お客さまも嬉しいと思います。」(株式会社吉匠建築工藝 代表取締役社長 吉川宗太朗氏談)

【Trimble X7とFieldLink Scanの概要と特長】
Trimble X7は、予め用意した設計データに合わせて点群を計測することはもちろん、何もない状態からでも、任意の複数点から観測を行うだけで点群を合成、データをその場でアウトプットできる仕様となっています。測量の専門知識を持っていない方でも、高品質な点群データの取得を可能にする自動機能を各種ご用意しております。
 
  1. 「自動整準」で簡単スタート!
  2. 「自動キャリブレーション」で観測ごとの設定が不要に!
  3. 「自動合成」で手戻りの不安解消!
  4. 「自動パノラマ」で高画質画像も取得!
  5. 「高感度モード搭載」で観測対象も拡大!
  6. 「設計データとの比較」でQC/QAが現場で完結!
  7. 「アノテーション機能」でデータの記録も万全!
過去のTrimble X7の製品リリースはこちら:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000015437.html

【販売情報】
販売窓口:当社の特約販売店ビルディング・パートナーより販売します。
以下ホームページより弊社もしくは地域のビルディング・パートナーをお選びの上お問合せ下さい。
https://building.nikon-trimble.co.jp/bld/

【製品URL】
製品HP : https://www.nikon-trimble.co.jp/products/product_detail.html?tid=356

ビルディングソリューションホームページ : https://building.nikon-trimble.co.jp/

Facebook : https://www.facebook.com/Nikon.Trimble.Building.Solution
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

【株式会社ニコン・トリンブルについて】
株式会社ニコンと米国Trimble Inc.のジョイントベンチャーである株式会社ニコン・トリンブルは、両社のコア技術である測量・測位技術とノウハウを融合させ、GNSS受信機、小型・軽量なトータルステーション、先端的なロボティックトータルステーションを中心に高品質、高精度なソリューションをご提供してまいりました。近年ではTrimbleの最先端建設ICTソリューションや3Dレーザスキャナを国内に導入し、多くの実績を積み上げております。精密農業、地理空間情報、自動運転の分野においても、最先端の技術、ソフトウエア、サービスをご提供しながら、新たな分野開拓の可能性にもチャレンジしております。

【お問い合わせ先】
名称:株式会社ニコン・トリンブル
住所:東京都大田区南蒲田2 16 2
担当者: 長谷部/足立
E-mail:bss_info@nikon-trimble.co.jp
ニコン・トリンブル会社HP:https://www.nikon-trimble.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニコン・トリンブル >
  3. 目指したのは社寺建築のデジタルツイン化。Trimble の建築設備向け3Dレーザスキャナ X7が日本の伝統建築の現況調査から設計まで20倍のプロセス効率化を実現!