スペクティ、神戸市と協働でAIを活用した多言語災害情報配信技術を開発へ!

神戸市が展開する「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」における「AI x自動読み上げで災害情報を多言語で発信!」プロジェクトでスペクティ(Spectee)を採択

株式会社Spectee(本社 東京都新宿区、以下 スペクティ社)は、神戸市が進める地域・行政課題をスタートアップ・ベンチャー企業とともに解決する「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」における「AI x自動読み上げで災害情報を多言語で発信!」プロジェクトに採択されましたことを報告します。

本プロジェクトは、人工知能(AI)を活用して、災害が発生した際に災害情報や避難情報等を複数の言語でいち早く地域住民にテキストや音声で伝えるものです。

かつて、東日本大震災が発生したとき、宮城県南三陸町の職員が防災無線で町民に避難を呼び掛け続け、津波の犠牲になった痛ましい悲劇がありました。(※1)

災害発生時、県や市区町村の職員が必ずしも庁舎に駆けつけられるとは限りません。また、職員自身も身の安全を守るため避難をしなければならない場合もあります。

スペクティ社では、これまでAIを活用した災害情報や収集や解析、収集した情報から自動的にテキストを起こす技術や、AIアナウンサー等(※2)のAIを活用した自動音声技術の開発を行ってきました。

今回、これまで培った技術結集し、災害情報の多言語自動配信・自動読み上げを「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」の中で開発・提供してまいります。

スペクティ社代表取締役・村上建治郎のコメント
「阪神大震災から24年経過したこの神戸の地で、市職員の皆様と本プロジェクトをスタートできることは大変意義深く思います。また本プロジェクトは弊社の創業理念とマッチし、そして南三陸町で起きた悲劇を二度と起こさないためにも、さらに災害大国日本で少しでも多くの人の命を守るためにも、弊社はこの技術の開発に挑戦していきます。」

 
「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」とは
神戸市が展開する地域・行政課題をスタートアップ(成長型起業家)・ベンチャー企業と市職員が協働して解決する国内自治体初の取り組みです。

スペクティ社について
スペクティ社(株式会社Spectee)は、全国200社以上、世界40か国以上にツイッターやインスタグラムなど複数のSNSから災害・事件・事故といった緊急性の高い情報をいち早く伝えるサービス「Spectee(スペクティ)」を展開しており、SNS緊急情報速報サービスでは国内最大手の会社です。

国内200社以上で導入されているSNS緊急情報速報サービス「Spectee(スペクティ)」国内200社以上で導入されているSNS緊急情報速報サービス「Spectee(スペクティ)」


 
(※1)「津波避難呼び掛け犠牲 南三陸町の遠藤さん、教材に」
 https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2601C_X20C12A1CC0000/

(※2)スペクティ社では自動音声読み上げシステムをベースにしたAIアナウンサー「荒木ゆい」を開発・提供しています。AIアナウンサー「荒木ゆい」は、実際にアナウンサーが読んでいるニュース音声を当社が開発した人工知能エンジン「Spectee AI」で機械学習し、 様々なニュースのシーンにおけるより人に近い自然な発音、アクセントやイントネーションを習得し、自動で原稿を読み上げるバーチャル・アナウンサーです。現在テレビやラジオなど多数の番組に出演するなど活躍の場を広げています。

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Spectee >
  3. スペクティ、神戸市と協働でAIを活用した多言語災害情報配信技術を開発へ!