Furboが新たな保護犬支援プロジェクトを始動 1台の購入につき1,111円が保護犬活動に寄付される『Furbo ドッグカメラ -Donation Edition-』期間限定販売

期間 : 6月20日(火)〜7月上旬 URL : https://shopjp.furbo.com/blogs/news/furbo-donation-edition-1

 お留守番している愛犬との「離れても、いつでも一緒。」を叶える “Furbo ドッグカメラ”(以下、Furbo)を販売するTomofun株式会社(代表取締役: 布施 健 本社:東京都目黒区)は、6月20日(火)より新たなドネーションプロジェクトとして『Furbo ドッグカメラ -Donation Edition-』を期間限定販売致します。

 現在、日本では4万6649頭の犬が保健所や動物愛護センターに引き取られ、1万5811頭が殺処分されています(環境省・「動物愛護管理行政事務提要」平成28年度版)。こうした背景から、当社は、CSR活動の一環として、Furboで撮影された動画による保護犬の譲渡促進を目的とした「Furbo × OMUSUBI 犬助けキャラバン」、Furboで撮影した動画・写真と指定ハッシュタグをSNSに投稿することで寄付ができるプログラム「1 Post for 11(wan-wan)」など、様々な形で様々な保護犬支援団体へのをサポートを行って参りました。 

 当社は、この度、更なる保護活動の拡大のため『Furbo ドッグカメラ -Donation Edition-』を期間限定販売することとなりました。『Furbo ドッグカメラ -Donation Edition-』では、6月20日(火)より7月上旬の間に、弊社公式チャネル※1にて購入された全てのFurboを対象に、売上の一部(1台につき1,111円)が保護犬活動を行う特定非営利活動法人Wonderful Dogsに寄付されます。寄付金は、保護犬のワクチンや各種検査などの医療費や輸送費、シェルター運営費として使用されます。当社は、今後も保護犬活動⽀援を強化し、こうした不幸な犬を1匹でも減らす活動のサポートや、保護団体が保護活動に専念できる環境をサポートして参ります。 

※1:当社公式サイトとAmazon(当店)で購入されたFurboを対象とする。その他は対象外とする。

■Furbo ドッグカメラ -Donation Edition- 概要
Donation Editionの販売期間中に購入された全てのFurbo ドッグカメラを対象に売上の一部(1台につき1,111円)を保護犬活動団体に寄付する新たなドネーションプロジェクト。
※当社公式サイトとAmazon(当店)で購入されたFurboを対象とする。その他は対象外とする。

<実施期間>
 2017年6月20日(火)〜7月上旬

<募金先>
特定非営利活動法人 Wonderful Dogs
http://www.wonderful-dogs.com


<募金用途>
保護犬の医療費(血液検査、便検査、ワクチン、狂犬病予防接種、エコー検査、レントゲン検査、避妊 去勢手術、フィラリア検査、マイクロチップ等)や輸送費、シェルター運営費など

<プロジェクトロゴ>


製品概要
Furbo(ファーボ)は、iOS/Androidのスマートフォンやタブレットの専用アプリを通じて、外出先から留守番している愛犬を見たり、話しかけたり、おやつをあげられる愛犬用ペットカメラ(ドッグカメラ)です。


商品名    : Furbo ドッグカメラ
価 格  : 税込 27,000円(定価)
公式サイト: https://shopjp.furbo.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tomofun 株式会社 >
  3. Furboが新たな保護犬支援プロジェクトを始動 1台の購入につき1,111円が保護犬活動に寄付される『Furbo ドッグカメラ -Donation Edition-』期間限定販売