シグニファイ、世界中で認められた高品質LED 照明を豊田スタジアムに導入

照明製品の最大手であるシグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、スポーツ・エンターテインメント向けの照明IoTプラットフォーム「Interact Sports(インタラクト スポーツ)」を豊田スタジアムに導入したことを発表しました。今回の導入は、ハイエンドスタジアム照明「Philips ArenaVision LED(フィリップス アリーナビジョン エルイーディー)」(以下、本製品)、照明設計・3Dヴィジュアライゼーション(VR)、機器の角度調整自動判定システム及び自走ロボットによる照度測定システムとなります。


 

 

 



 シグニファイの照明は、さまざまな国際的スポーツ大会の放送基準を満たす照明精度であることから、「アトレティコ・マドリード」や「FCバイエルンミュンヘン」「ユベントス」といったメジャークラブをはじめ、世界およそ100箇所のスタジアムでの導入実績があります。昨年ロシアで開催されたサッカーの国際的な大会では12会場中10会場で採用され、世界中の様々なスポーツ・エンターテインメントで活躍しています。本製品の導入により、7種類の異なる配光特性を組み合わせることで、アスリートのプレーに合わせた最適な照明設計が可能となります。会場にいる人々のほか、テレビ放送を見ている人にも、強豪選手の臨場感あるプレーをご体感いただけます。また、照明システムの設計にあたっては、世界中のさまざまな国際イベントでも利用されたロボット測定を導入しました。スタジアムのレザースキャニング技術やデジタルエイミングツールでの設計や調整を自動化することによって、誤差やエラーを最小化し、精度の高い設計品質を実現しました。

シグニファイは、今後も世界中のさまざまな国際大会で培われた技術を活かした、高品質なLED照明を提供することで、日本のスポーツ・エンターテインメントを盛り上げていきます。

■Philips ArenaVision gen2
本製品は、7種類の異なる配光特性(独自の光学設計)をラインナップしており、それらを効果的に組み合わせることで、眩しさを低減しつつ効率的に均斉度の高い照明環境を創出できます。当社独自の照明設計技術により、選手がプレーをしやすい光環境に加え高解像度放送に最適な光環境を実現します。
自然光に近い色を再現できることも特徴であり、テレビの視聴者にも会場の臨場感が伝わり、高品質な映像配信を行うことが可能となります。また、一般的な水銀灯やメタルハライドランプと比較して光のちらつき(フリッカー)を大幅に抑制することで、なめらかなスローモーション再生も実現することができます。さらに、DMX制御により、LED器具を1台毎にプログラミングが可能なため、これまでの水銀灯では実現できなかった多彩な演出で、入場シーンや得点シーン、ハーフタイムなどのイベントを、より一層盛り上げることができます。

 


■導入事例

ユベントス(イタリア)ユベントス(イタリア)

アトレティコ マドリード(スペイン)アトレティコ マドリード(スペイン)

 

 

 

シグニファイについて
シグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、プロフェッショナル照明、コンシューマー照明分野ならびにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の分野において世界最大手の 企業です。フィリップス製品やコネクティッド照明システム「Interact」、データ通信可能なサービスは、ビジネス価値を生み出すことで家庭だけでなく、ビルや市街地での生活にも変化をもたらします。2018年の売上は約64億ユーロ、約29,000人の従業員を擁し、世界70か国以上で事業活動を展開しています。より明るい生活、そしてより良い世界に向け、照明が持つ無限の可能性を切り拓きます。また、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの業界リーダーに2年連続で選定されました。シグニファイのニュースは、Newsroom、Twitter、LinkedIn、Instagramからご覧ください。投資家向けの情報は、Investor Relationsのページに掲載されています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シグニファイジャパン合同会社 >
  3. シグニファイ、世界中で認められた高品質LED 照明を豊田スタジアムに導入