全社終日禁煙化!

~健康応援企業を目指す当社社員への取組み~

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:髙橋 薫、以下:当社)は8月1日(火)より、健康経営の取組みとして、全社を終日禁煙化し、社員の禁煙に向けた取組みをサポートします。
1.目的・背景
・タバコに含まれる有害物質は、がん・脳卒中・心筋梗塞などにかかるリスクを高めます。また、非喫煙者に対する受動喫煙の健康被害は、喫煙者同様、深刻な状況にあります。

・2020年にオリンピック・パラリンピックを控える日本は、世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)が共同で推進する「たばこのないオリンピック」に向け、受動喫煙対策の強化が求められています。

・こうした背景のもと、お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」を目指す当社は、社員の健康維持、増進を目的に、社内での喫煙環境の整備を行うとともに、禁煙治療費の一部負担など社員の禁煙に向けた取組みをサポートします。

2.具体的な取組み
 当社ではこれまで毎週水曜日を禁煙デーと定め、本社ビルの喫煙所を閉鎖していましたが、8月1日(火)からは、全国131カ所の営業拠点を含む全社の占有スペースを終日禁煙とします。
 また、社員の禁煙を、会社を挙げてサポートするべく、以下の取組みを行います。

(1)禁煙治療費の一部負担
   医療機関に通院し、禁煙治療を行った社員を対象に健保から補助金を支給
(2)禁煙支援に向けた社内イベント、セミナーの開催
(3)本社喫煙スペースを健康増進スペースにリニューアル(予定)

3.今後について
  お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指す当社は、その実現のために、まず社員一人ひとりとその家族の健康維持・増進が不可欠であるとの考えのもと、「健康経営」の取組みを加速させていきます。

                                                以上

参考:健康経営の取組み





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 >
  3. 全社終日禁煙化!