戸村智憲によるNTTオンラインセミナー出演回での楽しい自主企画ラインナップご案内(NTT総合、NTT(Eテレ)、NTT(BS)といったテレビ番組っぽい番組編成)

IT経営の今を知るNTT総合「オンラインキャスター」((C)戸村智憲)や、NTT(Eテレ)「オンラインコメンテーター」((C)戸村智憲)をはじめ、飽きずに楽しくご視聴頂ける仕掛けを施した自主企画

報道機関各位
2018年6月11日
日本マネジメント総合研究所合同会社


 この度、弊社理事長の戸村智憲がこれまでに多数の出演をして参りました、NTT東日本オンラインセミナーにて、「オンラインセミナーはロックだぜ!」をキーワードに、楽しく深くご視聴頂ける自主企画として、オンラインセミナー内で出演者・講師の戸村みずからが企画・演出・構成・作成等をこなしてお届けする番組編成を、下記の通り公開致します。

 「戸村の自主企画」NTT東日本オンラインセミナーで言われなくても自ら創意工夫でお届けしている楽しい仕掛けとオンラインセミナー内の戸村自主編成の番組構成(あくまでも戸村の出演回の自主的編成)で、オンラインセミナーのまだ見ぬ先へ進むために、戸村が取り組 む番組編成を行います。(オンラインセミナー内の戸村の気まぐれ企画「番組」)

 実際に生放送や収録などでもテレビに出る側にもなり、また、テレビ朝日「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」などの番組監修や、各種テレビ番組の専門的観点とわかりやすさの観点から監修・制作協力・プロデューサーさんやディレクターさんの指導など、テレビに出る側と作る側の両方を担当してきた戸村智憲だからこその企画・実践でお届けします。

・NTT総合「オンラインキャスター」((C)戸村智憲)
 テレビの朝の情報番組っぽく、ライトでポップなウキウキするオンラインセミナー内の番組
 (既に配信実績あり)

・NTT(Eテレ)「オンラインコメンテーター」((C)戸村智憲)
 テレビの専門的分野の解説番組っぽく、でも、生真面目でも不真面目でもない「非まじめ」な戸村の解説番組
 (既に配信実績あり)

・NTT総合 教養バラエティ「Nの光」((C)戸村智憲)・「Nの部屋」((C)戸村智憲)
 企業経営の光明となるべく、IT経営にまつわる話題を教養バラエティ番組っぽいつくりでお届けする番組
 (今後、戸村の出演機会に応じて適宜展開予定)

・NTT(Eテレ) 「教えて!戸村先生」((C)戸村智憲)
 今さら聞けない情報セキュリティ対策の基本の「き」や、知ってるようで知らないIT経営の真相や、時事問題・社会問題を専門的観点と新入社員さんから新任役員さん・ベテラン役職員さんなどにもわかりやすくお届けする番組
 (今後、戸村の出演機会に応じて適宜展開予定)

・NTT(Eテレ) 一石二鳥!「情報セキュリティ英会話講座」((C)戸村智憲)
 マイクとジョンのすっとぼけた英会話・スキッドで、まともに使える英会話・フレーズを学びつつ、その英会話例文・スキッド自体が情報セキュリティ対策の学びとなる一石二鳥の番組
 (既に配信実績のある英会話で学ぶ情報セキュリティ対策の講座をバージョンアップしてお届け予定)

・NTT(BS) ITの波に乗れ!「オンラインサーファー」((C)戸村智憲)
 出演講師として、普段のスーツでなくアロハシャツで南国ムード満点でお届けする、IT経営の波に乗る新たなビジネスモデルやビジネスプランなどをはじめ、注目のITソリューション・アプリ・ガジェット・IoT家電など、戸村がキュレーターとして、厳選キュレートの情報・アイデアなどをお届けする番組
(今後、戸村の出演機会に応じて適宜展開予定)

など

NTT東日本オンラインセミナー(ご視聴無料・事前登録制): https://www.ntt-east.co.jp/business/event/

【自主企画の番組構成・進行の一例をご紹介((C)戸村智憲)】
NTT総合「オンラインセミナー」((C)戸村智憲)の進行例(コーナー例(計60分))

1.MCさんでのセミナーに関する定型アナウンス: 2分くらい

2.「今日のほっとトーク」: 3分くらい

  MCさんとのトーク(その日の話題や身近なもの・話やすいもの)

3.「IT経営ニュース解説」: 15分くらい(出演回やテーマにより他のコーナーと時間調整し30分程度もあり)
  情報セキュリティ対策、働き方改革、補助金助成金、IT動向、採用・離職リスク、人工知能(AI)、業務自動化(RPA)とデジタルレイバー、会計自動化、システム管理基準(2018年4月20日に経産省改訂版)、第4次産業革命、コネクティッド・インダストリー、テレワーク、クラウド活用、データセンター活用、防災・減災・事業継続(BCP)・危機管理、時事問題などをはじめその他のIT経営ニュース

4.「ハローニッポン!」: 9分くらい
  レポーターが地域ネタ各地に取材した感じの「バーチャル取材」((C)戸村智憲)での戸村の一人芝居
  各地の方言と方言を使った情報セキュリティ方言会話講座(パロディ)
  各地の話題とNTT東日本さまソリューションにからめたりもする
  視聴者おたよりコーナーっぽいトークコーナー

5.「今さら聞けないセキュリティ講座」: 6分くらい
  毎回さまざまなセキュリティの用語・基本を解説

6.「光クイズ名探偵フレッツ」: 8分くらい
  挙手ボタンなどを使用したり、視聴者対話型など、いろんなITネタクイズを視聴者参加型にて。
  設問自体にも小ボケを入れてみつつ、質問・正解・ミニ解説

7.「ほっとNTT」: 3分くらい
  NTT東日本の取り組みやサービスや
  ソリューションや話題

8.「経営クッキング」: 9分くらい
  良い経営のレシピをお届けする(災害に強い経営を作りたい:クラウド少々、教育大さじ2杯、など)
  MCさんとスタジオで「試食」: コメント例「わぁ~、まったりとコクのある経営ですねぇ~」「なんとも働き方改革風味ですねぇ~」など食レポっぽいコメントがあるやなしや
  キメコメ:「本日のレシピはこちらで公開しております」(NTT東日本ウェブサイトのソリューションページを案内)など

9.「今日のIT占い」(占いコーナーのパロディ): 3分くらい
  ごめんなさぁ~い、今日アンラッキーなのはいて座のあなた。うっかり大事なファイルを消してしまうかも。ラッキーアイテムはバックアップソフトです、など、楽しく情報セキュリティ対策やIT経営について、占いコーナー形式で普及啓発
  それでは、午後も、いってらっしゃい、みたいな感じ。

10.MCさんでの締めの定型アナウンス: 2分くらい

【オンラインセミナーの楽しく学ぶ工夫例】
  定型アナウンスの工夫例ご紹介(飛行機の機内安全ビデオ的パロディ動画):
  https://www.youtube.com/watch?v=Mc4gQA1Ez7Q 
  戸村の日本初の創作昔話による「ビジネス童話」デモ講義動画:
  https://www.youtube.com/watch?v=YJi3KmSIaUc 
 日本初ジャンルの開拓・リリース:「ビジネス童話」
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000025058.html 

【注意】
 弊社理事長の戸村智憲は、NTT東日本などの専属講師でも社員でもなく、また、NTT各社等と一切の資本関係もなく、グループ企業でもありません。あくまでも戸村がご視聴者さまに、とかく退屈になったり形式的・機械的になりがちなオンラインセミナーを、血の通った楽しく深く学べる場にするべく、自主的に取り組んでおります。
 従いまして、本リリースでは便宜的にNTT東日本オンラインセミナーを掲げておりますが、他のオンラインセミナーご展開企業さまやご主催者さまなどからの、戸村の出演ご依頼・おもしろ企画のご要望なども承ります。

【弊社理事長の戸村智憲について】
日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長 戸村 智憲 (とむら とものり)
A4縦1枚ものプロフィール: https://www.jmri.co.jp/Profile.tomura.pdf

大阪市出身。早稲田大学卒業。米国MBA(経営管理学修士号)修了。全米トップ0.5%のみに教授会や学長等の推薦により人物評価・成績評価で授与される全米優秀大学院生を受賞。米国博士後期課程(Ph.D)中退。

国連勤務にて、国連内部監査業務の専門官、国連戦略立案業務専門官リーダー、国連職員研修特命講師、国連主導の世界的CSR運動である「国連グローバルコンパクト(UNGC)」広報・企業誘致業務などを担当。国際的な職場にて、自ら、ダイバーシティ&インクルージョンやグローバル人材育成・コンプライアンス・リスク管理/危機管理・監査指導・経営倫理・人権指導・倫理指導などに当たりつつ自らも実践する。

日本にて、ESGやSDGsやダイバーシティ&インクルージョンなど、また、コンプライアンスや内部統制をはじめ、リスクマネジメント・クライシスマネジメントなど、日本で流行・注目される前から世界標準の対応を実践・経験・指導してきた。

民間企業にて、企業役員レベルで人事総務統括や監査統括、岡山大学大学院非常勤講師、経営行動科学学会理事・兼・東日本研究部会長、日本経営協会総合研究所(NOMA総研)顧問、IT企業の(株)アシスト顧問(代表:ビル・トッテン)、上場IT企業のJFEシステムズ(株)アドバイザー、JA長野中央会顧問、某大手商社の人材系子会社のエグゼクティブアドバイザー、某サミット開催ホテルの支配人としての指導、世界的な民間自家用航空機の機長などの総合団体(日本支部)「AOPA」(Aircraft Owners and Pilots Association)の初代コンプライアンス委員会委員長、震災復興支援フォーラムin東京の主宰などを歴任。

プライベートジェット・ビジネスジェットの運行管理を行う日本トップで世界的ネットワーク企業のユニバーサル・アビエーション社の顧問も担当。

コーポレート・ガバナンス・アワード(CG Award)主宰として「勇気あるガバナンス大賞」「勇気ある監査役大賞」「勇気ある通報者大賞」などの大賞選考委員長も務める。

指導先は上場最大手企業の役員指導から中堅中小企業やベンチャー企業の一般職に至るまで、また、電力企業・インフラ企業や、官公庁・行政機関・地方自治体(倫理研修・人権研修・公開講座基調講演など)をはじめ、商工会議所・業界団体・フォーラムやイベントの基調講演、医療福祉機関、看護協会(師長向けセカンドレベルコース)、労働組合、農協(JA)、青年会議所など幅広い業種業態において登壇。弁護士・公認会計士・医学部教授や大手コンサルティング会社のコンサルタントさまなどの、専門家や上場大手企業の各社の経営陣を指導する講師としても登壇。

日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長、ドローン振興センター センター長、自治体監査内部統制啓発センター センター長、自治体情報セキュリティ啓発センター センター長、人権倫理ダイバーシティ教育センター センター長、災害対策公共安全センター センター長、公務人材育成センター センター長を担当。

世界初の手法や対策を開拓し、金融機関のバーゼル規制対策で必須となるリスク管理の指標Key Risk Indicatorを世界初で提唱・学会発表・登録商標取得や、東日本大震災以前に世界初でクラウドコンピューティングの災害対策・防災・IT-BCP・DR対応としての「危機管理型クラウド」を提唱し、自治体クラウド導入に向けた総務省との各地講演ツアーなどでも登壇。上場IPO対策の内部統制・監査・組織力強化やITエバンジェリストとしての活動なども行う。少なくとも日本初で「ドローン災害レスキューガイドライン」を策定・一般公開するなど、先端ITや経営の次の一手に必要な、大切な取り組みを自ら実践しつつ新たに開拓している。

経営者にして1年間の育休取得や、ダイバーシティ経営・働き方改革・テレワークなどの実践も進めている。

指導内容(例)

・ドローン活用術(ビジネス編・公務編・災害対策編)
・役員研修(コンプライアンス・法務・リスク管理対策)
・コンプライアンス経営
・ダイバーシティ経営の本質・課題・副作用と具体策
・リスクマネジメント/危機管理のポイント
・防災/事業継続/災害復旧のポイント
・ハードクレームの危機管理術
・危機管理広報と謝罪会見の実践ポイント
・情報セキュリティのかしこく安く実効性ある対応策
・人工知能(AI)・IoT・ビッグデータでこれからどうなる?どうする?
・販促/拡販のポイントと小が大に勝つマーケティング対策
・IT活用による生き方・働き方・休み方変革
・地方公会計改革
・各種法改正の早わかりポイント解説
・階層別研修
・自治体・公務における階層別研修
・など(毎年1テーマは新たに開拓し次の一手をご提供中:育児・家庭重視モードの「短時間理事長」から、2018年1月頃から仕事復帰モードに移行して後、今年だけで100本以上の新規テーマ・タイトル・メニューを一気に新規開拓してリリース)

詳細: https://www.jmri.co.jp/message.html

防災士
第三種放射線取扱主任者資格者
経営管理学修士(MBA)
米国連邦航空局自家用パイロット
ドローン災害レスキューパイロット
無人航空機操縦技能証明 & 無人航空機安全運航管理者 (JUIDA)
国土交通省 i-Construction推進コンソーシアム 有識者会員
総務省 & 経産省 IoT推進コンソーシアム 有識者会員
コーポレート・ガバナンス・アワード 大賞選考委員長
米国心臓学会認定AHA・BLS・HCP救命救急資格
第一級小型船舶操縦士
陸上・海上・航空特殊無線技士
公認不正検査士(CFE)

以上でございます。

本リリースに関するお問い合わせ先:
日本マネジメント総合研究所合同会社
理事長 戸村 智憲
107-0062東京都港区南青山2-2-8 DFビル5階
電話:03-6894-7674  FAX:03-6800-3090
メール: info@jmri.co.jp
ウェブ: https://www.jmri.co.jp/ 

  1. プレスリリース >
  2. 日本マネジメント総合研究所合同会社 >
  3. 戸村智憲によるNTTオンラインセミナー出演回での楽しい自主企画ラインナップご案内(NTT総合、NTT(Eテレ)、NTT(BS)といったテレビ番組っぽい番組編成)