e-Podがクラウドファンディング史上最高額8,500万円を調達予定

TAAS株式会社/e-Pod

機密処理・溶解処理コストをゼロに!
デジタルサイネージ型の機密回収ボックス「e-Pod Digital」を開発

TAAS株式会社(ターズ) FUNDINNOにおいて株式投資型クラウドファンディングを開始

“ゴミ箱がメディアに”

機密文書を「容量無制限・コスト0」で処理を実現”e-Pod Digital”を発表
~企業の永遠の社会課題である「経費削減」とグローバルで高まる「ESG領域」を担う新サービス~
 
世界初の溶解処理Webプラットフォーム「e-Pod」の運営しているTAAS株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役兼CEO:⼤越隆⾏)は、新サービス「e-Pod Digital」のプロジェクトをスタートします。
新サービスは、企業の機密文書処理費用をゼロにしながらも、環境保護を実現する世界を創るために、上限応募額を8,500万円として、2018年7月15日より、株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO』にて支援を募集いたします。

 

 

▼ゴミ箱がメディア化!機密文書処理費用を無料にできる「e-Pod Digital」

 

2017年9月末に企業向け溶解処理サービスとして、「e-Pod for Business」をスタートしています。機密文書をはじめ、オフィスで不要になったプリント用紙、廃棄書類などの紙を、「e-Pod」のダンボール箱に詰め、発送すると、自分が受け取りたいノベルティグッズが企業ロゴを入れて発送される世界初のサービスです。

 

その革新性から、KDDI∞ラボから採択を受けるなど、大企業を中心に数十社以上の企業に導入いただいております。その基盤を生かし、今回新サービスをスタートいたします。企業のゴミ箱にデジタルサイネージ広告を導入することで、従来有料でかかっていた機密文書の処理費用(溶解処理費用)の制限なく無料化し、かつ環境へ配慮した取組みとして、SDGsやESGの環境に対する取り組みとしても話題を集めています。

 

(e-PodはSDGsのNo.12へ貢献)

▼日本初のマッチングサイト『FUNDINNO』で史上最高額 約8,500万円資金調達予定

不要になった機密書類や文書類を廃棄する場合に自社でシュレッダーをかけ、専門業者可燃ゴミとして焼却処理された場合、大気中にCO2を排出し地球温暖化の引き金になります。ESGの側面として、溶解処理を行うと、焼却処理と比べCO2排出量を抑えることができ、環境に優しく且つ安全な処理方法でリサイクルされます。あらゆる企業において、機密文書処理費用はコストをかけて処分している現状がありますが、弊社の「e-Pod Digital」を利用することで、溶解処理費用をゼロにすることができ企業の大幅なコスト削減に繋がります。

 

従来の「e-Pod」の基盤を活かし「機密処理費用の無償化」へチャレンジします。仕組みとしては、企業に対して文書処理の手間と溶解処理に要するコストゼロを広告モデルの構築によって提供していきます。具体的には、『デジタルサーネージ機能を備えたゴミ箱を開発し、当事業に賛同頂ける企業へ無償で設置・処理費用を無償』にて提供します。企業側は、シュレッダーを行なう必要はなく、各文書を鍵付きのごみ箱に入れるのみになります。提携先の日本郵便の配送で事業者に送付し溶解処理を行い、リサイクル後、ノベルティなどへ形を変え企業へ還元されていく仕組みです。デジタルサイネージ機能を備えたゴミ箱の開発は先行投資が必要である事から、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を利用した資金調達を7月15日に実施予定です。

 

▼高まるESG投資に「e-Pod Digital」が寄与できる仕組みを提供
グローバルでのESG投資が占める割合(下記)

全世界の資産運用残高のうち、ESG投資を考慮した投資割合は26.3%にまで上昇し、特に欧州では50%を超えています。また、ESG投資の投資残高も約23兆ドル(約2600兆円)となっている中で、欧米に比べて、日本を・アジア地域のESG投資は日本が3.4%、アジアが0.8%に過ぎず、まだまだ世界的に見ても今後拡大が見込める市場と言えます。また弊社のモデルは、ESGの要素を持ちながら、多層構造による収益モデルを両立している点において、事業の革新性に加え、事業の収益性の見通しの高さがあります。BtoB領域で配信されるデジタルサイネージへの広告料金や、溶解処理事業者間のシェアリングエコノミーの展開やノベルティグッズに還元されたアイテムの販売、また廃棄・処理されたものが素材として活用など、収益の柱は複数展開予定です。

 

▼「e-Pod Digital」の知的財産

プラットフォームは、極めて複雑にデザインされていることから参入障壁、模倣障壁いずれも高いものとなっています。「e-Pod」のサービスの仕組みやゴミ箱のデザインにおいて、特許出願及び様々な権利を取得していることから、今後、競合が真似できない強靭な「ビジネスの仕組み」が設計されています。

 

代表取締役兼CEO 大越 隆行

株式会社 grooves、アマゾンジャパン合同会社、ランサーズ株式会社を経て、2016 年 9 月に独立。 TAAS 株式会社、代表取締役兼 CEO。アマゾンジャパン社在籍時には世界最年少事業責任者に就任(26 歳) ランサーズ社在籍時代には、「Lancers Philippines, Inc.」を設立、同社取締役を経験。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TAAS株式会社 >
  3. e-Podがクラウドファンディング史上最高額8,500万円を調達予定