トラストバンク、東京在住者の「地方移住に関する意識調査」結果を発表

◇2人に1人が「地方移住」に関心あり◇「地方移住」に関心がある20代の2割が「今後1年以内に地方移住をしたい」と回答◇移住希望先は、1位が「沖縄県」次いで「北海道」、「長野県」がランクイン

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、東京在住者を対象に「地方移住に関する意識調査」を実施しました。今回の調査は、6月26日(月)から6月29日(木)の4日間、20代以上の男女1,115名を対象に行いました。
□■ 調査結果概要 ■□

◆「地方移住」への関心、2人に1人が「関心あり」。20代の10人に1人が既に地方移住をすることを決めており、関心ある20代の約2割(17.2%)が「1年以内に移住をしたい」と回答

◇「地方移住」への関心について、「関心はあるが具体的には検討していない」(34.9%)、「現在検討している」(9.6%)、「既に地方移住することを決めている」(4.0%)の「関心がある」人の合計が48.5%で、「特に関心はない」が51.5%と、関心の有無でほぼ半数に分かれた。

◇20代の10人に1人が、「既に地方移住することを決めている」と回答。他の年代(30代:5.9%、40代:0.9%、50代:2.3%、60代以上:0.9%)と比べて、20代は地方移住を決めている傾向が強いことがわかった。

◇地方移住に関心がある人の具体的な移住時期を聞いたところ、「特に時期は検討していない」が約半数(48.1%)を占めた。一方、20歳から29歳の約2割(17.2%)が「今後1年以内に地方移住をしたいと思っている」と答え、20代の地方移住への関心が他の年代に比べて高いことがわかった。60代以上の世代では、4人に1人(25.5%)が「今後5年以内に地方移住したいと思っている」と回答した。

◇地方移住に関心を持ったきっかけは、「テレビ、新聞、雑誌、webメディアなどのマスメディアの影響」が52.5%と最も多く、次いで「旅行や出張などで現地を訪問したことによる影響」が41.0%となった。年代別では、20代の約4割(40.2%)が「SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)の影響」で地方移住に関心を持ち、若年層のSNSへの高い影響力がわかった。
 

◆移住先として最も多く選ばれたのは「沖縄県」、2位は「北海道」、3位は「長野県」

◇地方移住に関心がある人を対象に移住したい都道府県を聞いたところ、最も回答が多かったのが「沖縄県」で13.1%、次いで2位が「北海道」(8.5%)、3位が「長野県」(5.7%)となった。

◇移住先を選択した理由として多かったのは、「自然が豊かな土地だから」(31.5%)、「旅行等で訪れたことがある地域だから」(30.6%)、「出身地(ふるさと)、または過去に住んだことがある地域だから」(27.8%)、「食べ物が美味しい土地だから」(26.7%)という結果となった。

◇地方移住をするうえでの不安や懸念点については、2人に1人が「働き口が見つからない」(48.2%)と回答し、多くの人にとって、仕事が地方移住への課題であることがわかった。続いて「日常生活の利便性・快適性」(40.9%)、「医療・福祉施設の充実度」(37.5%)など生活に密着する観点での不安が多く見られた。

 
◆移住後の働き方については、「特にこだわりはない」が多数

◇前問で「働き口が見つからない」ことが地方移住の不安や懸念点だった一方で、移住後の働き方では、「特にこだわりはない」(28.8%)が最も多く、地方移住をする際に働き方への執着が比較的低いことがわかった。それ以外の回答としては、「独立して働きたい(起業や自営業、フリーランスとしての働き方など)」(20.3%)、「現地の会社に転職して働きたい」(18.5%)、「地方移住後は働く予定はない」(18.7%)という結果だった。


□■ 調査結果 ■□
◆あなたは地方移住に関心がありますか?(n=1115)

1.あなたは地方移住に関心がありますか?1.あなたは地方移住に関心がありますか?


◆あなたが地方移住に関心を持ったきっかけとして当てはまるものを以下から選択してください。(n=541)

2.あなたが地方移住に関心を持ったきっかけとして当てはまるものを以下から選択してください。2.あなたが地方移住に関心を持ったきっかけとして当てはまるものを以下から選択してください。


◆具体的な地方移住の時期について該当するものを以下から選択してください。(n=541)

3.具体的な地方移住の時期について該当するものを以下から選択してください。3.具体的な地方移住の時期について該当するものを以下から選択してください。


◆最も地方移住したいとお考えの都道府県を選択してください。(n=541)

4.最も地方移住したいとお考えの都道府県を選択してください。4.最も地方移住したいとお考えの都道府県を選択してください。

 


◆地方移住してみたい具体的な場所と理由(フリーアンサー)
1位「沖縄県」
 ・気候が温暖でマリンスポーツも出来るので沖縄に行きたい。
 ・都会のようにセカセカしていないでゆったりしている雰囲気が魅力に感じた。
 ・海が好きで海が綺麗だから。海だけでなく沖縄の空気も好きだから。
 ・一番の候補は沖縄県南城市。海も手つかずの自然がそのまま残る百名ビーチが大好きで、神の島と呼ばれ、パワースポットでもある久高島にも近く、何度も訪れて住みたい気持ちが大きくなってきたから。
2位「北海道」
 ・広大な土地。
 ・札幌市は、便利さと自然へのアクセスとの両方を兼ね備えているから。
 ・札幌市は、都会で大きな病院もあり、美味しいご飯屋さんもあるから。
 ・富良野。雄大な自然の中で暮らせるから。
3位「長野県」
 ・長野県飯山市住み込みのアルバイトで1週間ほど行ったことがあり、とても良いところだったから。
 ・長野であれば、自然が豊かでとても住みやすく、安全な環境が作れるから。
 ・自然豊かで心もリフレッシュ出来そうなので。


◆地方移住先として選択した理由を以下から選択してください。(n=457)

6.地方移住先として選択した理由を以下から選択してください。6.地方移住先として選択した理由を以下から選択してください。


◆地方移住をするうえでの不安や懸念点を選択してください。(n=541)

7.地方移住をするうえでの不安や懸念点を選択してください。7.地方移住をするうえでの不安や懸念点を選択してください。


◆地方移住後あなたが希望する働き方について教えてください。(n=541)

8.地方移住後あなたが希望する働き方について教えてください。8.地方移住後あなたが希望する働き方について教えてください。


◆地方移住に関連した自治体の支援制度として、興味のあるものにチェックしてください。(n=541)

9.地方移住に関連した自治体の支援制度として、興味のあるものにチェックしてください。9.地方移住に関連した自治体の支援制度として、興味のあるものにチェックしてください。


◆地方移住に関連したユニークな体験談や失敗談など(フリーアンサー)
 ・家の鍵を掛ける必要がないことに驚いた。
 ・地方移住した友達が次々と結婚している事実に私も移住して幸運を掴みたいとおもう。
 ・方言がわからなくなってしまったこと。
 ・隣の人が勝手に入ってくる。
 ・地方に移住して、生活費が安くなり、とても散在してしまい、結果的に都内で住むよりも高くついた。


【調査概要】
●調査期間  :2017年6月26日~6月29日
●調査対象者 : 20歳以上 男女
●調査対象  :東京都在住者
●回答数   : 1,115件
●調査方法  :インターネットによる調査


【株式会社トラストバンクについて】 
2012年4月設立。同年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。約1億4,300万の月間PV数(2016年12月)、169万を超える会員数(2017年8月)を有する国内最大級のサイトに成長。 地域に「ヒト」「モノ」「お金」「情報」を循環させることをミッションに、持続可能な地域支援サービスを提供。その一環として、全国の生産者・事業者支援サイト「たのもし」やふるさと探しお手伝いサイト「ローカル日和。」を企画・運営。また、地域支援を目的としたセミナーを全国で多数実施。2016年7月、都心にいながら「ふるさと」を身近に感じられる場所として「ふるさとチョイス Café」(有楽町)をオープン。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トラストバンク >
  3. トラストバンク、東京在住者の「地方移住に関する意識調査」結果を発表