ギョーザ売上日本一の味の素冷凍食品(株)から「黒豚大餃子」新発売!「レンジで焼ギョーザ」地域限定販売から全国へ!

餃子のラインナップ拡大で~餃子に『おいしさ』と『選べる楽しさ』を~

味の素冷凍食品株式会社(社長:黒崎正吉 本社:東京都中央区)は、「黒豚大餃子」を新発売、「ギョーザ」・「生姜好きのためのギョーザ」・「水餃子」の3品種をリニューアルして、2021年8月8日(日)よりそれぞれ全国で発売します。また、一部地域で販売していた「レンジで焼ギョーザ」を同日に全国で発売します。さらに、一部店舗及びECで先行発売していた「米粉でつくったギョーザ」を2021年10月3日(日)より全国で発売します。
※ギョーザ売上日本一:市販用冷凍・チルド餃子市場2020年度売上金額ベース、味の素冷凍食(株)ギョーザブランド計、当社調べ

 

冷凍食品のファーストエントリーで、餃子カテゴリーがトップに!

 冷凍餃子市場は、2010年度から2020年度の期間で、約2倍(※1)に伸長しています。コロナ禍の外出自粛の影響で、冷凍食品市場が前年比110%(※2)と大きく伸長する中、特に冷凍餃子が好調に推移し、お客様が初めて買う冷凍食品は、冷凍うどんを抜き、冷凍餃子が第1位(※3)になりました。

  餃子は、長年日本の国民食の一つとして、外食店やご家庭でも人気の高いメニューです。コロナ禍を契機として、気軽に外食で餃子を食べられなくなった生活者や、手づくりに負担を感じた生活者が冷凍餃子を利用するようになってきました。
 これまで冷凍食品を“手抜き”だと感じていた生活者も、フライパンでひと手間かける冷凍餃子を初めて使用したことをきっかけに、冷凍食品を前向きにとらえるようになりました。そこで当社は、冷凍食品のエントリーの契機となる冷凍餃子のラインナップを拡大し、冷凍食品市場のさらなる拡大を図ります。

※1:2010年4月~2021年3月 市販用冷凍餃子売上金額ベース、当社調べ

※2:2020年3月~2021年2月、冷凍食品市場規模、当社調べ
※3:冷凍調理新規層の主要サブカテゴリー別 購入率推移(%)、当社調べ

冷凍餃子のラインナップ強化で、餃子に『おいしさ』と『選べる楽しさ』を!
 “永久改良”を掲げる当社は、このたび、「黒豚大餃子」と「ギョーザ 32個ecoパウチ」(北海道限定)を新発売し、「ギョーザ」「生姜好きのためのギョーザ」「水餃子」をリニューアル、そして地域限定販売の「レンジで焼ギョーザ」と一部店舗およびEC先行発売品の「米粉でつくったギョーザ」を全国発売し、冷凍餃子のラインナップを強化します。これにより餃子に『おいしさ』と『選べる楽しさ』を提供します。

<味の素冷凍食品(株) 餃子(ギョーザ)ラインナップ>


プレミアムで本格的な「黒豚大餃子」

 食卓における餃子の出現頻度が高まる中で、餃子というメニューのニーズが多様化しています。また、<自宅で本格的な専門店品質を味わいたい>というニーズも増えてきています。そこで、大粒でひと口噛むとあふれんばかりの肉汁を堪能できる「黒豚大餃子」を2021年8月8日(日)より全国で発売します。「黒豚大餃子」は、鹿児島県産黒豚を100%使用※し、XO醤をきかせたコク深い味わいの中具を、もっちり厚皮で包みこんだプレミアムな餃子です(※お肉に使用している黒豚の割合)。少し贅沢なこだわり餃子を食べたい人、特別な日に本格的餃子を食べたい人におすすめです。

 

レンジで約3分「レンジで焼ギョーザ」ついに全国発売
 <誰でも手軽に><食べたいときにすぐ食べたい>というニーズにお応えするために、2021年2月に地域限定※で「レンジで焼ギョーザ」を発売しました(※東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県限定)。レンジ約3分で、焼き目が香ばしく、ジューシーで飽きのこない味わいのギョーザが食べられると好評で、発売地域以外の生活者の方からも、発売希望の声を多数いただきました。そこで、「レンジで焼ギョーザ」を2021年8月8日(日)より全国で発売します。「レンジで焼ギョーザ」は、工程・レシピを工夫し、レンジ調理でも、もちもちとした皮とまるで焼きたてのような香ばしい焼き目のついたギョーザを味わえる製品です。時間のないランチや夕食のもう1品のおかず、すぐに食べたいおつまみにも最適です。

肉汁じゅわっとさらにジューシーな「ギョーザ」にリニューアル
 1972年の発売以降、“永久改良”を続けているギョーザ売上日本一※の「ギョーザ」は、生活者がより自信を持って食卓に出していただけるよう、さらにおいしくリニューアルします(※市販用冷凍・チルド餃子市場2020年度売上金額ベース、味の素冷凍食品(株)ギョーザブランド計、当社調べ)。油・水なしでパリッパリの羽根ができる「ギョーザ」は、薄皮パリッと、ジューシーで具がギュッとつまった王道の味のギョーザです。このたびのリニューアルでは、豚肉を約1.5倍※に増量し、原料の配合や中具の練り方を工夫することで、噛むたびに中具から肉汁がじゅわっと溢れだす、さらにジューシーな味わいになりました(※当社従来品比)。また、素材本来のおいしさを感じるレシピに変更したことで、よりごはんに合う、食べ飽きない味に大幅に進化しました。


環境にも配慮した「ギョーザ 32個ecoパウチ」(地域限定品※) ※北海道地域限定
 当社は冷凍食品の提供価値を高め、世の中の人々の健康で豊かな暮らしと、より良い環境づくりに取り組んでいます。このたび、環境にやさしいパッケージで大袋タイプの「ギョーザ 32個ecoパウチ」を北海道の地域限定で発売します。包装材料の一部に使用済みPETボトルから作った再生プラスチックを使用しており、トレイ不使用のため、廃棄プラスチック量を37%※削減できる、環境にやさしい設計です(※当社トレイ使用品との重量比)。また、冷凍餃子の容器包装として初めてエコマークを取得しました(認証番号21140019)。
 「ギョーザ 32個ecoパウチ」は、1袋当たり32個入り(ご家庭の26cmフライパンに敷き詰めて焼ける16個×2回分)で、「ギョーザ」2袋と同じスペースで冷凍庫に保管できます。「ギョーザ」を頻繁に食べる人や、家族みんなで「ギョーザ」をたくさん食べたい人におすすめです。


生姜の量が約2倍!「生姜好きのためのギョーザ」
 人気の「しょうがギョーザ」は、きざみ生姜の配合量を約2倍に増やし、「生姜好きのためのギョーザ」として生まれ変わります。2018年の発売以降、「しょうがギョーザ」は、女性を中心に多くの人に愛されてきましたが、生姜好きの人からは<もっと生姜を増やしてほしい>という声をいただいていました。そこで、食べた瞬間にガツンと生姜の風味が口いっぱいに広がるよう、生姜の配合量をアップさせました。爽やかな辛みとピリッとした刺激を感じるように、きざみとおろしの2種類の生姜を使用しています。油・水なしでパリッパリの羽根に仕上がり、にんにく不使用なので、平日やランチにもおすすめです。

 
お肉10%増量でうま味とコクがアップした「水餃子」
 もちもち耳たぶ食感の「水餃子」を発売した2020年秋季以降、冷凍水餃子市場は前年同期比約129%※と拡大し、その伸長額の約7割※が当社「水餃子」で、市場を牽引しました(※2019年10月~2020年3月/2020年10月~2021年3月比、100人当たり購入金額ベース、当社調べ)。当社は鍋料理やスープに入れるなど、水餃子だから楽しめる食シーンを訴求することにより、冷凍水餃子ニューエントリー層を開拓しました。このたび、「水餃子」のお肉の量を10%※増量し、肉汁のうまみとコクがアップすることで、さらにおいしくなりました(※当社従来品比)。引き続き、需要の高まる冬場は鍋料理やスープの具材として、夏場は新たな食べ方提案によるメニュー訴求を行うことで、通年で水餃子の需要喚起を図ります。

 
「小麦・卵・乳」不使用!家族みんなで楽しめる「米粉でつくったギョーザ」
 近年、食物アレルギーを持つ人は増加傾向にあります。このたび、<みんなと同じものを食べたい><おいしくて安心できるものを食べさせてあげたい>という食べる人、作る人の強い想いにお応えし、ギョーザ売上日本一※の当社から、一部店舗及びECサイトで先行発売していた、「小麦・卵・乳」不使用の「米粉でつくったギョーザ」を2021年10月3日(日)より全国で発売します。(※市販用冷凍・チルド餃子市場2020年度売上金額ベース、味の素冷凍食品(株)ギョーザブランド計、当社調べ)。米粉を使った皮に、「羽根の素」がついているので、「ギョーザ」や「生姜好きのためのギョーザ」同様に、油・水なしで調理可能です。国産のお肉と野菜を使用し、ジューシーな中具と、米粉の皮のパリパリ、サクサク食感が味わえます。家族みんなで一緒に楽しめる、安心でおいしい「米粉でつくったギョーザ」で、より豊かな食生活に貢献します(別紙プレスリリース参照)。

2.発売日:2021年8月8日(日)
      ※「米粉でつくったギョーザ」…2021年10月3日(日)

3.発売地域:全国
       ※「ギョーザ 32個ecoパウチ」…北海道限定

4.賞味期限:年月日で表示

5.希望小売価格:設定せず

6.デジタルパンフレット:https://my.ebook5.net/ffa_ajinomoto/pamphlet_retail/

7.お客様向けお問い合わせ先:味の素冷凍食品(株)お客様相談室[フリーダイヤル]0120-303-010

 <エコマークについて>
国際標準化機構の規格 ISO14024「タイプⅠ環境ラベル制度」に基づく認定制度です。1989年に創設され公益財団法人日本環境協会が運営しています。環境への負荷が少ないなど、環境保全に役立つと認められる商品やサービスにつけられ、消費者が暮らしと環境の関係を考え、環境保全の面でより良い商品を選びやすくすることを目的としています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 味の素冷凍食品株式会社 >
  3. ギョーザ売上日本一の味の素冷凍食品(株)から「黒豚大餃子」新発売!「レンジで焼ギョーザ」地域限定販売から全国へ!