〈日本史上初〉カルティエ、マッキンゼー他主催の”国際ビジネスコンペティション”で、創業2年のミレニアル女性向けサービス「SHE」が日本初ファイナリスト選出

ープラットフォーム事業による女性キャリアの21世紀型アップデートを、日本発で世界に発信ー

ミレニアルズの私らしい働き方を叶えるプラットフォーム「SHElikes(シーライクス)」を主要事業として展開するSHE株式会社(所在地:東京都港区、Co-founder/CEO:中山紗彩、以下SHE)が、このたびカルティエ、INSEADビジネススクール、マッキンゼー・アンド・カンパニーによって設立された国際ビジネスコンペティション「Cartier Women’s Initiative Awards(カルティエ ウーマンズ イニシアチブ アワード)」(以下CWIA)において、ファイナリスト(※1)に選出されました。

 

 

 


CWIAは、2006年に設立された国際的なビジネスプラン コンペティションです。2019年は2,900組の応募があり、その中から優れたビジネスソリューションを持つクリエイティブな世界の女性起業家がファイナリストに選出され、プライズを受賞します。

CWIAのファイナリストに日本の女性起業家及びプロジェクトが選出されたのは今回が初めてです。

SHE株式会社CEO・中山紗彩は、このあと4月26日よりサンフランシスコで開催される最終選考「アワード ウィーク」に進みます。計21名のファイナリストのうち、最終選考で7つの地域(※2)から各1名のアワード受賞者が決定し、最終日のアワードセレモニーにて発表される予定です。SHEが最終選考を通過した場合は、極東アジア部門(※3)で初めてのアワード受賞者となります。(参照URL:https://www.cartierwomensinitiative.com/candidate/saaya-nakayama)


今回のファイナリストノミネートを後押しに、SHEでは今夏30億のバリュエーション評価を視野に、SHElikesサービス提供価値の磨き込み及び、日本国内外への提供範囲の拡大を加速してまいります。


■SHE株式会社Co-founder/CEO 中山紗彩 受賞コメント

以下に「SHE株式会社代表・中山からのお手紙」(https://she-inc.jp/letter/)を全文掲載いたします。

 

レッテルから解放を   
- 日本は世界で一番、可能性に満ちた国だから -

​はじめは、女性向けの小さなコワーキングスペース。それと、少しでも理想の仕事に就ける人が増えますようにと始めた、デザインのレ ッスンスクール。英語はできないし、ビジネススクールに通った経験も、起業家としての実績もない。

​そんな、まだ何者でもない私たちが光栄なことに、マッキンゼーやカルティエが運営する世界の女性起業家アワード「Cartier Women’s InitiativeAwards(カルティエ ウーマンズ イニシアチブ アワード)」で、日本初のファイナリストに選んでいただくことができました。

「日本でこの時代を生きる、私たちにしか創り出せない事業で世界を驚かせたい。」

そう意気込んでの応募。本当に半泣きになりながら、アワードを運営するプロのコンサルタントたちを相手に、思考とリサーチ、そして 英語でのディスカッションを重ねる毎日です。

その中で頂いたひとつのアドバイスが、心に残っています。

『日本人女性の多くは、得体のしれない呪縛の中で生きているように思う。でも、知ってる? 世界の新時代はいつも、感じていた憤りや 違和感を変えようという、強い想いによって創り上げられてきたのだよ。』

2018 年現在、世界経済フォーラム(WEF)による男女格差の度合いを示す「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は世界 110 位。G7 中、圧倒的最下位という事実。これは、世界一困難とも言える社会課題ではないでしょうか。

「女だから」 「男だから」 「まだ若いから」 「もういい年齢だから」 「あの人は特別だから」 「わたしは普通だから」

私たちは思いました。
この国には、レッテルによる不自由な呪縛が多すぎる。

でも、もしその呪いから解き放たれた時、そこには必ず新しい世界が創造されるはず。

なぜなら、閉じ込められた大きくて強いエネルギーがあるから。

10 代で仕事や起業をする選択もあれば、大学卒業後すぐに就職しない選択をしてもいい。社会に出てからも、新しい自分の可能性を広げ るために学び直してもいい。誰にも縛られずに働いてもいいし、会社に入り直してもいい。女も男も、関係ない。子育てや家族のケアを 優先したって、個人のキャリアは閉ざされない。小さい頃の夢への挑戦に、遅いなんてことはない。 何かに失敗したとしても、何度でもチャレンジできる世界を描きなおす。

私は思います。

名誉あるアワードにノミネートしていただいた身ですが、「女性起業家」なんていうレッテルも、いずれは消えてしまえばいいと。

今、私たちは、日本にある世界一大きな可能性の解放に向けて、第一歩を踏み出したところです。
なにより、レッテルや思い込みで自分自身を縛り付けている呪いから、「あなた」を解放したい。

Release Yourself

一人でも多くの人が、新しい自分に出会えますように。


ミレニアルズの私らしい働き方を叶えるプラットフォーム「SHElikes(シーライクス)」
SHE 株式会社
中山 紗彩


■「Cartier Women’s Initiative Awards」とは

カルティエ ウーマンズ イニシアチブ アワードは2006年にカルティエとINSEADビジネススクール、マッキンゼー・アンド・カンパニーによって設立された、女性起業家が主導するプロジェクトを認知・支援し、奨励することを目的とする国際ビジネスプラン コンペティションです。毎年7つの地域(中南米、北米、ヨーロッパ、サハラ以南のアフリカ、中東および北アフリカ、極東アジア、東南アジア)から各3名、計21名の女性起業家がファイナリストに選出されプライズを受賞します。(参照URL:https://www.cartierwomensinitiative.com/)


■ SHE株式会社とは

SHE株式会社は、ミレニアルズの私らしい生き方を叶えるプラットフォーム事業を展開しています。「ひとりひとりが自分にしかない価値を発揮し、熱狂して生きる世の中を作る」をビジョンに据え、2017年にサービスを開始いたしました。主要事業である『SHElikes(シーライクス)』では、21世紀を生きる女性たちが自分らしい働き方を叶えられるよう、クリエイティブスキルレッスンやメンタリングプログラム、仕事機会を提供し、これまでに6500名以上の卒業生を輩出しています。ポーラ・オルビスホールディングス社を主要株主とし、ビジョンに共感する様々な立場の投資家の方に応援いただいております。(参照URL:https://she-inc.jp/)

※1 世界の7つの地域から選出される計21名のファイナリストの1人 ※2 中南米、北米、ヨーロッパ、サハラ以南のアフリカ、中東および北アフリカ、極東アジア、東南アジア ※3 2019年より設立

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SHE株式会社 >
  3. 〈日本史上初〉カルティエ、マッキンゼー他主催の”国際ビジネスコンペティション”で、創業2年のミレニアル女性向けサービス「SHE」が日本初ファイナリスト選出