ハニカムラボ、「ロバート激ヤバ祭~トゥトゥトゥ・版画・邪念0・ナイロンDJ・接しやすいサークル・大集合SP~」内の様々な体験型デジタルコンテンツを開発

ロバートの世界観を楽しめる様々な体験型デジタルコンテンツを設置

株式会社ハニカムラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河原田 清和、以下ハニカムラボ)は、お笑いトリオ「ロバート」の結成20周年を記念した展覧会「ロバート激ヤバ祭」にて常設展示される様々な体験型デジタルコンテンツの企画・開発を行ったことをお知らせいたします。

お笑いトリオ「ロバート」の結成20周年を記念した展覧会が、2018年12月8日(土)~12月27日(木)の期間、パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7F)にて開催。ハニカムラボは、会場内に常設展示される様々なデジタルコンテンツの企画・開発において協力および各コンテンツの提供を行いました。

■展覧会開催概要
タイトル:ロバート激ヤバ祭 ~トゥトゥトゥ・版画・邪念0・ナイロンDJ・接しやすいサークル・大集合SP~
会期:2018年12月8日(土)~12月27日(木)10:00~21:00 ※入場は閉場の30分前まで ※最終日は18:00閉場
会場:池袋PARCO 本館7F・パルコミュージアム
入場料:一般500円 学生400円 小学生以下無料
主催:PARCO
展覧会公式サイト:https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=87

展覧会は上記会場の後、大阪・福岡にも巡回することを予定しています。
詳しくは展覧会公式サイトをご覧ください。

■デジタルコンテンツ概要
ロバートの世界観を楽しめる各デジタルコンテンツの概要を以下に紹介します。今回のコンテンツ用に新たに収録した音声もたくさん使用されているので、ファンにとっては必聴のコンテンツとなっています。
是非、実際に会場にてご体験ください。

<小学生版画クラブ特製カメラ>(小学生版画クラブブース内)

「小学生版画クラブ特製カメラ」のプレイ画面「小学生版画クラブ特製カメラ」のプレイ画面

「小学生版画クラブ特製カメラ」のプレイ風景「小学生版画クラブ特製カメラ」のプレイ風景

「小学生版画クラブ特製カメラ」は小学生版画クラブのブース中央で体験できる「小学生版画クラブ特製カメラ」は小学生版画クラブのブース中央で体験できる

ロバートのコント「小学生版画クラブ」をモチーフにしたカメラコンテンツです。体験者の顔に「小学生が版画で彫りそうなバキバキタッチのイラスト」がマッピングされ、恥ずかしくて自分の顔に版画メイクを施せない人でも小学生版画クラブの世界を楽むことができます。

<邪念0判定マシーン>(邪念0研究所ブース内)

「邪念0判定マシーン」のプレイ画面「邪念0判定マシーン」のプレイ画面

「邪念0判定マシーン」は、真白な個室で体験できる「邪念0判定マシーン」は、真白な個室で体験できる

邪念0研究所ブースの外壁にあるモニターで、マシーン体験者の様子をうかがえる邪念0研究所ブースの外壁にあるモニターで、マシーン体験者の様子をうかがえる

ロバートのコント「邪念0研究所」を体験できるマシーンです。体験者の表情の動きを検知し、制限時間内に邪念が0になったかどうかを判定します。うまく「邪念0」の境地に達することが出来れば、「いってらっしゃ〜い」という所長(秋山さん)の声と共に画面のランプが灯ります。ブースの外壁には、判定マシーンの中の様子をうかがえるモニターが設置されており、いかに羞恥心を捨て去って「邪念0」になれるかがポイントです。​ゲーム中に体験者を惑わせる音声は今回の為の録り下ろしとなっております。

<乳道>(乳道ブース内)

「乳道」のプレイ画面「乳道」のプレイ画面

「乳道」のプレイ画面「乳道」のプレイ画面

「乳道」のプレイ画面「乳道」のプレイ画面

「乳道」のプレイ風景「乳道」のプレイ風景

入力した文字で「乳道」が生成されるゲームです。自分の名前の中に隠れたお乳を発見しましょう。秋山さんがこのゲームの為に、神保町の珈琲館で3時間を費やして書き下ろしたという「乳道文字」は必見です。
※「乳道」とは、秋山さんが考案した「いろいろな文字にひそんだお乳を導き出す書道」のこと。

<オリジナルゲーム3種類>(ゲームセンターブース内)

ゲームセンターのブースゲームセンターのブース

ゲームセンターブース内のゲーム開始画面は、レトロゲームを彷彿とさせるデザインにゲームセンターブース内のゲーム開始画面は、レトロゲームを彷彿とさせるデザインに


・トゥトゥトゥゲーム

「トゥトゥトゥゲーム」のプレイ画面「トゥトゥトゥゲーム」のプレイ画面

ロバートのコント「トゥトゥトゥサークル」をモチーフにしたオリジナルゲームです。流れてくる「トゥトゥトゥ」のリズムにあわせて音符を押し、時々英語もはさめる「音ゲー」。秋山さんと馬場さんによる「トゥトゥトゥ」のリズム音や英語の効果音ボイスは今回のゲームの為の録り下ろしとなっております。

・だれでも梅宮さん

「だれでも梅宮さん」のプレイ風景「だれでも梅宮さん」のプレイ風景

秋山さんの「体モノマネ」をモチーフにしたカメラコンテンツです。体験者の顔に梅宮さんの顔がマッピングされ、タイトル通り、だれでも梅宮さんになることができます。

・GO!GO!Ri-CIEL

「GO!GO!Ri-CIEL」のプレイ画面「GO!GO!Ri-CIEL」のプレイ画面

「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」に登場する人気キャラクター、「リシエル 」をモチーフにしたオリジナルゲームです。リシエルの体力が尽きないよう、うまく水分補給をしながらハワイを目指して走らせていきます。リシエルの効果音ボイスはゲームの為の録り下ろしとなっております。


■ハニカムラボについて
ゲーム業界出身のメンバーたちとWeb業界出身のメンバーたちがそれぞれの得意ジャンルを持ち寄り、多くの人が楽しめるコンテンツを生み出すテクノロジー集団です。ゲーム開発技術による表現力とインターネット技術を融合させ、様々なアイディアを実現します。
特にxR (VR / AR / MR)、デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンアプリの開発を得意とし、様々な企業のデジタルプロモーションやイベント、商業施設の常設展示コンテンツ等の企画・開発を担当、国内外の広告賞なども数多く受賞履歴があります。
公式サイト:https://www.honeycomb-lab.co.jp/


本件に関するお問い合わせ先
株式会社ハニカムラボ 担当:河原田
e-mail : press@honeycomb-lab.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハニカムラボ >
  3. ハニカムラボ、「ロバート激ヤバ祭~トゥトゥトゥ・版画・邪念0・ナイロンDJ・接しやすいサークル・大集合SP~」内の様々な体験型デジタルコンテンツを開発