日本最大のプログラミングコンテストサイトAtCoder 日本人登録者数が10万人を突破!

 AtCoder株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:高橋直大、以下AtCoder)が運営するコンテストサイト「AtCoder」の日本人登録者数が10万人を突破したことをお知らせします。

 

 

 2016年7月のリニューアル以降、堅調に登録者数が伸びておりましたが、2018年12月以降に参加者数が急増し、日本人登録者数は2019年3月から1年で約2倍の10万人を突破しました。海外からの登録者数も、1年で1.5倍に増加し、全登録者数の40%を超える勢いで増加を続けています。
 

 

 

 また毎週開催しているプログラミングコンテストの参加者も伸びており、3月28日(土)に開催したABC(AtCoder Beginner Contest)では、1問以上コードを提出したコンテスト参加者は、日本人が6,398人、外国人が3,349人と、全世界から1万人近いユーザーに参加いただきました。
 

 

 

 

 AtCoderは創業以来8年間で通算600回以上コンテストを開催し、出題した問題は3000問を超えています。この過去問は、AtCoderユーザー有志の方々が作成したコンテンツを通じて、コンテストの練習やプログラミング学習にご利用いただいております。ユーザー有志が作成した代表的なサイトをご紹介します。

・AtCoder Problems (https://kenkoooo.com/atcoder/):過去問を難易度別に表示し練習できるサイト

・AtCoder Scores (http://atcoder-scores.herokuapp.com/):過去問を点数ごとに並べて練習できるサイト

・AtCoder Virtual Contest (https://not-522.appspot.com/):過去問を使ってバーチャルコンテストを開催できるサイト

※上記サイトはAtCoder外のサービスとなりますので、AtCoderのサポート対象外となります。

 AtCoderは、多くのユーザーの皆様に支えられながら成長を続けております。今後も質の高いプログラミングコンテストの運営を通じて、より多くの皆様に競技プログラミングに楽しんでいただけるようサービスを拡充してまいります。


■AtCoder株式会社について
 AtCoder株式会社は、約183,000人(うち日本人102,073人)が参加登録し、毎週開催される定期コンテストには約9,700人が挑戦する、日本最大の競技プログラミングコンテストサイト『AtCoder(https://atcoder.jp/)』を運営しています。その他にも、高度IT人材採用・育成事業として、コンテスト参加者の成績を8段階にランク付けした「AtCoderランク」を利用する転職・求職支援サービス『AtCoderJobs(https://jobs.atcoder.jp/)』や、IT人材のプログラミングスキルを可視化できる検定『アルゴリズム実技検定・PAST(https://past.atcoder.jp/)』のサービスを展開しています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AtCoder株式会社 >
  3. 日本最大のプログラミングコンテストサイトAtCoder 日本人登録者数が10万人を突破!