大槌復興刺し子プロジェクト 草木染めで刺す、刺し子キット「みやびふきんキット」がパッケージデザイン賞「Topawards Asia」を受賞しました。

岩手県上閉伊郡大槌町にて事業を行う「大槌復興刺し子プロジェクト」(運営:認定NPO法人テラ・ルネッサンス事務局:京都府京都市 理事長:小川真吾)が販売する「みやびふきんキット」が、アジアの優れたパッケージデザインに贈られる賞「Topawards Asia(トップアワード アジア)」を受賞しました。


岩手県上閉伊郡大槌町にて事業を行う「大槌復興刺し子プロジェクト」(運営:認定NPO法人テラ・ルネッサンス事務局:京都府京都市 理事長:小川真吾)が販売する「みやびふきんキット」が、アジアの優れたパッケージデザインに贈られる賞「Topawards Asia(トップアワード アジア)」を受賞しました。


本賞は、世界で活躍するクリエーターが、アジア市場で販売されている商品を月ごとのテーマに沿って、機能性、材質、形状など5つの要素から審査します。この度、2019年1月の設定テーマである「SOFT(ソフト)」に沿って集められたプロダクトの中から、優れたデザインとして、「みやびふきんキット」が選ばれました。


■ 審査員講評: 【受賞理由】審査委員 川上典李子氏

「草木染めの繊細な色彩が美しい刺し子糸と図案を予め印刷した晒しのセットで、草木染めの糸と同様に、淡く優しいトーンの色彩と穏やかな造形の箱が、このプロジェクトを象徴的に表現していることを感じました。製品誕生の背景にもひかれます。」

 
● Topawards Aisa オフィシャルサイト(英文)
https://www.topawardsasia.com/

● MIYABI FUKIN KIT 受賞ページ(英文)
https://www.topawardsasia.com/winners/miyabi-fukin

 


■ みやびふきんキットとは

生成りの生地に、柔らかな色合いが特徴の草木染め糸で刺す、刺し子キットです。パッケージは、作業途中のふきんを大事にしまったり、お針箱や、そのまま大切な方への贈り物として使用できるようデザイン。色は、ログウッドブルー,ラベンダーパープル、ベージュグレーの3色。※草木染め糸使用のため、季節によって在庫がない場合がございます。


【 商品概要 】

(商品名)みやびふきんキット
(内 容)刺し子糸、図案印刷済み晒し木綿、説明書
(価 格)3,800円(税込)


主な販売場所:公式オンラインストア
https://store.sashiko.jp/



〇 大槌復興刺し子プロジェクトについて
2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足させ、現在は認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営。大槌町の女性たちの心理的負担の軽減や、生き甲斐と仕事を生み出すため、生活再建、心理社会的負担の軽減、現地雇用の促進などを目的に、東北に根付く「刺し子」を生かした商品を作成・販売。刺し子さん(刺し子製品の作り手)たちが、伝統的な刺し子技法を、現代的にアレンジした製品を製作するのが特徴。2017年3月末までに、累計186名の「刺し子さん」に、30,757,261円の加工賃をお支払いしてきました。 https://sashiko.jp/


〇 認定NPO法人テラ・ルネッサンスについて
『すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町を中心に、被災者支援活動を展開しています。独立行政法人国際交流基金「地球市民賞」、一般社団法人倫理研究所「地球倫理推進賞」受賞。理事長:小川真吾 http://www.terra-r.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人テラ・ルネッサンス >
  3. 大槌復興刺し子プロジェクト 草木染めで刺す、刺し子キット「みやびふきんキット」がパッケージデザイン賞「Topawards Asia」を受賞しました。