水没した車両は火災の恐れも・・・浸水被害を受けた車両は廃車の買取りサイト『ハイシャル』なら費用無料で専門業者への処分依頼が可能

火災の恐れがある冠水車は専門業者への依頼を!

​廃車の買取りサイト『ハイシャル(https://haishall.jp)』を運営するユニオンエタニティ株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:安部哲史)は、大雨により7月10日に鹿児島県、宮崎県、熊本県に大雨特別警報が発表され、7月12日には島根県で緊急安全確保が発表されたことを受け、浸水被害を受けた車両も引き取り費用無料で廃車が完了することをお知らせします。
■水没した車両から火災が発生する恐れがある
国土交通省のホームページでは、「水に浸った車両は、外観上問題がなさそうな状態でも、感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがあります」と記載されており、対処方法が掲載されています。水没した車両から自然に発火するケースもあり、大雨がおさまったからといって浸水した車両に近づくことは危険といえます。

[引用元]国土交通省
URL:https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr09_000100.html

また、浸水被害を受けた車両は電子機器が壊れ動かなくなってしまうことが多く、処分する際にレッカー代がかかってしまうことがほとんどです。

■動かない車両も費用無料で引き取り可能
『ハイシャル』では古い車両や壊れた車両を中心に買い取りを行い、エンジンやミッションといったパーツを分解して販売したり、解体された車両から回収した鉄をリサイクルする全国の専門業者と提携している為、水没して動かなくなった車両もレッカー代等の費用無料で引き取りを行うことが可能です。『ハイシャル』なら廃車の引き取りを得意としている専門業者へ依頼することができる為、電話で水没した車両の場所を伝えれば、火災する恐れのある車両も専門業者が適切に引き取りを行います。

■突然の水害や災害で廃車が必要になった際には落ち着いて判断を
大雨や台風等の災害で突然自家用車を失うことも珍しくありません。中古車としての再販に向かない車両を処分するには費用がかかると諦めてしまうユーザーも多いかもしれませんが、『ハイシャル』のように廃車を中心に買い取りを行うサイトならレッカー代や廃車の為の書類手続きも無料で代行している為、ユーザーに廃車における経済的負担をかけません。
 

『ハイシャル』による廃車引き取りの様子『ハイシャル』による廃車引き取りの様子


■サービス概要
廃車の買取りサイト『ハイシャル』 https://haishall.jp


【ユニオンエタニティ株式会社 会社概要】
会社名:ユニオンエタニティ株式会社
所在地:〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-1-14 四ツ橋中埜ビル4F
代表者:代表取締役社長 安部哲史
設立:2016年5月
事業内容:WEBサービス事業(廃車買取事業、車輸送事業、中古車専門フリマサイト)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニオンエタニティ株式会社 >
  3. 水没した車両は火災の恐れも・・・浸水被害を受けた車両は廃車の買取りサイト『ハイシャル』なら費用無料で専門業者への処分依頼が可能