クリプタクトがDG Daiwa Ventures、ジャフコ、ミンカブ他を引受先とする4億円の第三者割当増資を実施 ミンカブと業務提携で事業領域の拡大を目指す

「仮想通貨の自動損益計算」や「投資SNS」サービスを提供する株式会社クリプタクト(本社:東京都新宿区、共同代表取締役:アズムデ アミン / 斎藤 岳、以下「クリプタクト」)は、株式会社DG Daiwa Ventures(本社:東京都千代田区、共同代表取締役:大熊 将人 / 荻野 明彦)、ジャフコ グループ株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:豊貴伸一)、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲、以下「ミンカブ」)他を引受先とする第三者割当増資によって総額4億円の資金調達を実施し、ミンカブと双方の事業を発展させること、また新たなビジネスの構築を目的とした業務提携をいたしました。

資金調達の目的

クリプタクトは、仮想通貨(暗号資産)の損益計算から資産管理、確定申告までサポートする国内ユーザー数No1のオンラインサービス、株式・為替・仮想通貨等あらゆる資産の投資アイデア(銘柄・選定理由)や情報を世界中の人とシェアできる投資×SNSサービス「アイデアブック」の投資支援プラットフォームの提供を行っています。
※アイデアブック:https://www.cryptact.com/service/ideabook/

今回の資金調達により、人材補強を行い、サーバーの拡充、投資関連情報の充実やミンカブとの業務提携によるシステム開発を行い、個人投資家や金融機関向けに対して利便性を高めたサービスの提供に努めてまいります。
また、コンテンツ制作や金融機関と連携したマーケティング活動によりマーケットの拡大を図ります。

■ミンカブとの業務提携
ミンカブは、「みんなの株式」等、AIとクラウドインプットを活用した独自性の高い複数の投資家向け金融情報メディアを日本最大級の規模で展開しています。更に情報系Fintechソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富な検証データを背景に、様々な金融商品の分野において、金融機関向けに投資家に資するシステムの構築及び情報サービスの提供を行っています。

【提携内容】
クリプタクトが提供する投資支援プラットフォームとミンカブが保有するFintechソリューションを融合することで、既存事業領域の強化に加え、金融機関向け新事業領域への共同開発の検討を開始します。

1.個人投資家向けサービス連携
「アイデアブック」に、ミンカブが有するマーケットデータや独自コンテンツを搭載することで情報の網羅性を高めるとともに、ミンカブが運営する金融情報メディアとの連携により、幅広い個人投資家層への訴求及び、証券会社のインターネットチャネル向けサービスの展開を目指します。

2.金融機関向け新事業領域への共同開発検討
運用会社等(バイサイド)から証券会社(セルサイド)に支払われる手数料について、2018年から欧州連合で施行されたMiFID2は「取引執行費用」とレポート等の「株式調査費用」を分けて明示することを義務付けました。その結果、これまであまり価値算出されてこなかったレポートについても価値算出する必要が生じ、成果物に対する「定量評価」のニーズが高まっています。今後MiFID2と同様の規制が世界的に普及することも予想される中で、ミンカブとクリプタクトはこうした変化を受けたソリューションの共同開発の検討で合意しました。今後、クリプタクトの「アイデアブック」とミンカブのFintechソリューションを融合し、適切な「定量評価」とバイサイド・セルサイド間におけるクローズドな情報共有を実現するプラットフォームシステム等、金融機関を対象とした新事業領域向けサービスの共同開発の検討を開始いたします。

■引受先のコメント
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 取締役 伴 将行 氏

国策でもある「貯蓄から資産形成へ」が進む中で、金融・経済情報のニーズは多様化しながら拡大することが予想されます。その中で、当社は「情報の価値を具現化する仕組みの提供」を企業理念として掲げ、一貫して、情報に拘って事業を展開しております。クリプタクトが展開する投資支援・資産管理プラットフォームは、当社の企業理念や事業を推進していくうえで非常に親和性が高く、また、両社シナジーによりクリプタクトの事業発展に寄与するものと考え、この度の資本業務提携を実施させて頂く事となりました。両社の事業シナジーを通じて、より豊かな社会の実現に向けて貢献し続けたいと考えています。

株式会社DG Daiwa Ventures プリンシパル 眞田 雄太 氏、シニアマネージャー 木室 俊一 氏

DG Daiwa Venturesは、金融リテラシーの向上による投資人口の拡大に資する「アイデアブック」や暗号資産の損益計算ツールの成長可能性、それらのサービスの開発力やチーム力を評価し、今回の出資を決定しました。クリプタクト社の更なる成長に向け、多方面から支援していきます。

ジャフコ グループ株式会社 パートナー 井坂 省三 氏

金融プロフェッショナルのチーム体制と高い開発力を武器に、ユーザーの資産形成を支援するサービス展開を期待しております。今回、追加出資をさせて頂いたとともに、クリプタクト様の更なる挑戦を全力で支援して参ります。

   [ 株式会社クリプタクト 会社概要 ]
・会社名:株式会社クリプタクト
・所在地:東京都新宿区四谷1丁目2 伊藤ビル 5階
・代表者:代表取締役 アズムデ アミン / 斎藤 岳
・設 立:2018年1月
・ U R L:https://www.cryptact.com/

[ 株式会社クリプタクト 経営陣プロフィール ]

 

代表取締役 アズムデ アミン

2003年にアメリカのメリーランド州立大学を卒業後、2004年2月にゴールドマン・サックス証券東京支店に入社。当時、自己勘定部門であったGSPS(株式運用部)のテクノロジー部門に配属され、2005年末にアナリストとして同運用チームに異動。2007年12月にゴールドマン・サックス・インベストメント・パートナーズに改組。運用担当者として上場株、未上場株、債券、金利スワップ、金利先物、為替、デリバティブの投資を行い、ポートフォリオのリスク管理も兼務。2014年1月にマネージング・ディレクターに昇格。2017年12月に退社し、株式会社クリプタクトを起業。
 


代表取締役 斎藤 岳

2007年4月にゴールドマン・サックス証券入社。戦略投資部にて、不良債権投資、プライベートエクイティ投資、不動産投資から船舶投資まで様々な投資に携わり、法的整理含めた事業再生の案件も手掛ける。2010年5月、ゴールドマン・サックス・インベストメント・パートナーズへ異動。資産総額8,000億円を超えるグローバルヘッジファンドに参加し、ヘッジファンドマネージャーとして株、債券、為替、金利、CDS、デリバティブ、ローンなどへ最大800億のポートフォリオの投資・運用を行う。2019年2月に株式会社クリプタクト代表取締役 Co-CEO就任。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クリプタクト >
  3. クリプタクトがDG Daiwa Ventures、ジャフコ、ミンカブ他を引受先とする4億円の第三者割当増資を実施 ミンカブと業務提携で事業領域の拡大を目指す