VUILD、『EMARFでつくる新しい生業 -自分を解放するものづくり-』と題した展覧会を開催

「建築の民主化」をビジョンに掲げ、デジタル技術を活用した住宅産業のDXを目指す建築テック系スタートアップのVUILD株式会社(ヴィルド。以下、VUILD)は、10月9日(土)から東京・高田馬場にあるケーススタディスタジオ「BaBaBa(バババ)」にて、『EMARFでつくる新しい生業 -自分を解放するものづくり-』と題した展覧会を開催します。

「EMARF(エマーフ)」は、VUILDが開発したデジタルファブリケーションを用いたクラウドプレカットサービスです。EMARFを使いCADデータをオンラインから入稿するだけで、木製のパーツを手元に調達することができます。2020年5月のサービスローンチ以降、家具やプロダクトの製作は勿論、アート作品、建築内装、仮設建築など幅広いシーンで利用されています。

本展覧会は、これまでEMARFを活用し製作されたさまざまな木製品を集め、デジタル時代の新しい生業の動向に迫ります。また同時に新しい生業を体現している作り手との対談や、小型CNC加工機を持ち込んだ製作デモも行う予定です。

最新情報は、BaBaBaのサイト(https://bababa.jp/)やInstagram(bababa_jpn)、EMARFのTwitter(https://twitter.com/emarfco)などでご案内いたします。

「いきる」と「つくる」を繋げるために、すべての人々を「作り手」にしたい。

私たちVUILDの思いが、いまさまざまなシーンで芽吹きはじめています。本展示が皆さまの「自分のつくりたいを解放する」きっかけにとなることを目指します。

● 展示会概要
『EMARFでつくる新しい生業 -自分を解放するものづくり-』
会期:2021年10月9日(土)〜10月23日(土)
会場:BaBaBa(住所:東京都新宿区下落合2-5-15 1F TEL:03-6363-6803) 
時間:12:00-19:00(土日祝:11:00-18:00) 
定休日:月曜日
入場:無料
URL:https://bababa.jp/
Instagram:bababa_jpn
共催:VUILD 株式会社 / BaBaBa 
 

 


● 主な展示作品
01 tomito architecture|  机
02 小さな都市計画 | 椅子+机
03 銅銀一真 | 靴棚
04 戸戸 | 建具
05 nottuo | スツール
06 田邉雄之建築設計事務所 | 内装什器
07 POINT | 外部仮設什器
08 株式会社グランドレベル | ベンチ
09 小見拓 | 彫刻
※展示作品は今後変更になる可能性もあります。


【EMARF(https://emarf.co/)】
EMARFは、木製ものづくりのデザインからパーツに加工するまでの工程を、オンラインで完結できるクラウドサービスです。これまで専門知識が必要だったり、コストや納期などの制約で諦めたりしていた木製部品製作を、CAD(Computer Aided Design)の機能を拡張するEMARFをインストールすることで、CAD上からオンライン入稿し、まるで自分の工房を持ったかのような感覚で在宅したままものづくりができます。

【VUILD株式会社(https://vuild.co.jp/)】
代表者:秋吉浩気(代表取締役CEO)
創業:2017年11月21日
本社:神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A
事業内容:建築設計、木製品開発及び製造、CNCルーターの販売、デジタル人材育成、事業開発支援、ITサービス開発
Twitter:https://twitter.com/vuildinc
note:https://note.com/vuild
facebook:https://www.facebook.com/VUILD.co.jp/
instagram:https://www.instagram.com/vuild_official/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. VUILD株式会社 >
  3. VUILD、『EMARFでつくる新しい生業 -自分を解放するものづくり-』と題した展覧会を開催