株式会社テラ・ラボ 固定翼ドローンの飛行試験を初披露

車両型地上支援システムと連動「ロボテスEXPO 2021」で初実施

ドローンやロボットの実演展示イベント「ロボテスEXPO 2021」が3月18日・19日の2日間、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)で開催されました。各入居企業や自治体などによる展示・実演が行われる中、固定翼ドローン(以下、ドローン)を活用した災害情報支援システムの研究・開発を進める株式会社テラ・ラボ(本社:愛知県春日井市、代表:松浦孝英)は、車両型地上支援システムを利用した飛行試験を初披露しました。

飛行試験前の様子飛行試験前の様子


公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構(福島県福島市)が主催する「ロボテスEXPO 2021」が、2021年3月18日と19日の2日間、福島ロボットテストフィールド(以下、RTF)で開催されました。
これはRTF各施設の実験環境の紹介と、参加ロボット関連事業者のPR、ビジネスマッチング創出を目的としたもので、各エリアで様々なドローン・ロボットの最新技術が紹介されました。
 

プレゼンテーション準備の様子プレゼンテーション準備の様子


株式会社テラ・ラボ(以下、テラ・ラボ)は、無人航空機エリアにおいて、車両型地上支援システム(中継車)を利用したドローンの飛行試験を初披露しました。
プレゼンテーションではまず、松浦代表からドローンの基本スペックや飛行性能、災害時における利活用について説明があった後、車両型地上支援システムの仕組みも紹介しました。
 

車両型地上支援システム車両型地上支援システム

車両は、大容量の発電システムを持ち、衛星通信3回線、携帯電話通信10回線が確保できるほか、ドローンから得た情報を3次元データ化する解析システムを備えています。
 

テラ・ラボ代表松浦 説明の様子テラ・ラボ代表松浦 説明の様子


また、ドローンから取得した解析データをクラウド上にアップロードさせることで、場所を問わずシステムへのアクセスが可能となり、災害において1秒でも早い情報提供・判断が求められる中、松浦代表は「救助・支援のスピードアップにもつながる」と抱負を語りました。
 

固定翼ドローン(4m)離陸の様子固定翼ドローン(4m)離陸の様子


その後、多くの報道陣と見学者が見守る中、約5分間のフライトを実演。
車両型地上支援システムのドローン自動制御機能とも連動し、ドローンから送られる飛行高度、緯度経度の情報がリアルタイムで確認できることも説明しました。
 

飛行試験の様子飛行試験の様子


今秋には、南相馬市復興工業団地内に、整備工場及びデータ解析試験研究施設を新設するテラ・ラボ。
今後は、自動制御による長時間の飛行試験を進めるとともに、2023年の社会実装に向けて迅速かつ正確な災害情報の解析データの収集・共有の研究を強化してまいります。


■会社概要
所在地 :愛知県春日井市不二ガ丘3-28
創立年月:2014年3月24日
資本金 :3億3910万円(資本準備金含む)
事業内容:
・無人航空機(固定翼、回転翼、VTOL)の設計、開発、コンサルタント業務
・無人航空機の空港施設、設備、運行管理の設計、開発、コンサルタント業務
・無人航空機の各種観測オペレーション、オペレーター養成業務
・情報通信システムの企画、開発、設計、監理及びそれらのコンサルティング等
URL : https://terra-labo.jp





 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テラ・ラボ >
  3. 株式会社テラ・ラボ 固定翼ドローンの飛行試験を初披露