Anyflow、クラウドPOSレジを提供するスマレジと資本業務提携

ECサイト間のリアルタイム連携を始めとする他サービス連携で協業

SaaS事業者向け組み込み型iPaaS(API連携プラットフォーム)『Anyflow Embed』を提供するAnyflow株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:坂本 蓮、以下「Anyflow」)は、iPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ『スマレジ』を展開する株式会社スマレジ(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本 博士、証券コード:4431、以下「スマレジ」)と資本業務提携を締結し、『スマレジ』と他サービスの連携における協業を開始いたしました。


■資本業務提携の背景と内容
国内の多くのSaaS事業者では、SaaSの利用者(ユーザー)からのAPI連携ニーズが日々高まる一方で、十分な開発工数をAPI連携に割くことができないという課題があります。Anyflowでは、このような課題を解決すべく、開発工数の大幅な圧縮とAPI連携の高速リリースが可能となるSaaS事業者向け組み込み型iPaaS『Anyflow Embed』を独自開発し、上場企業や急成長スタートアップ等のSaaS事業者向けにサービスを提供してまいりました。

今回の資本業務提携により、スマレジはAnyflowに資本参加いたします。またAnyflowは、『Anyflow Embed』を活用し、スマレジの提供するクラウドPOSレジ『スマレジ』における他サービスとのAPI連携機能を提供します。『Anyflow Embed』を活用したAPI連携事例として、『スマレジ』と他ECサイト間における商品情報、受注情報、在庫情報のリアルタイム連携および『スマレジ』とGoogle Sheets間の連携が開始しております。

Anyflowは、今回の資本業務提携をきっかけとして、『スマレジ』のAPI連携を推進するとともに、『Anyflow Embed』のさらなる機能強化と提供拡大を目指してまいります。

■株式会社スマレジ 代表取締役 山本 博士

複数のシステムやサービスを簡単に繋いだり外したりできる。これは業務システムの常識になりつつあり、Anyflow社の取り組みはスマレジアプリマーケットと非常に相性が良いと感じています。本提携を最速で進め、最高のサービス提供を実現して参ります。

■Anyflow株式会社 代表取締役CEO 坂本 蓮

Anyflowは、APIを活用し人の時間を創るためのプロダクトラインナップを提供しています。スマレジ社は、積極的にAPIの推進を行っているリーディングカンパニーであり、今回の資本業務提携を非常に嬉しく思います。Anyflow Embedを通じ、スマレジ社のAPIを用いたエコシステムの発展にお力添えさせていただきます。今回の資本業務提携により、Anyflowのさらなる機能強化を目指し、国内におけるAPI連携の発展に貢献していきたいと考えています。

■Anyflow Embed 概要
Anyflow Embedは、自社プロダクトと他社SaaSのAPI連携を、最短1週間でユーザーに届けることができるSaaS事業者向け組み込み型iPaaS(Integration Platform as a Service)です。Anyflowが独自開発した連携基盤とノーコードエディター(特許出願中)を活用することで、開発工数を最小限に圧縮し、最短1週間で、他社SaaSとのAPI連携を自社プロダクトに組み込むことが可能です。

■株式会社スマレジ 概要
会社名  : 株式会社スマレジ
代表   : 代表取締役 山本 博士
設立   : 2005年5月24日
本社所在地: 大阪府大阪市中央区本町4-2-12 3F
URL   : https://corp.smaregi.jp

■Anyflow株式会社 概要
会社名  : Anyflow株式会社
代表   : 代表取締役CEO 坂本 蓮
設立   : 2016年2月12日
本社所在地: 東京都千代田区神田神保町2-14-11 朝日神保町プラザ 6F
URL   : https://anyflow.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Anyflow >
  3. Anyflow、クラウドPOSレジを提供するスマレジと資本業務提携