Standard Cognition、米国のヒューストン大学に当社レジ無しチェックアウトを導入した世界初の店舗をオープン

~ 全米300校以上に学食事業を展開するChartwells Higher Education社と提携 最短で入店から2.3秒で買い物完了、完全非接触でコロナ禍でも安全な買い物を実現 ~

既存の小売店舗に迅速かつ簡単に導入が可能な、AI(人工知能)を基盤としたレジ無しチェックアウトシステムを提供するStandard Cognition(スタンダード・コグニション、本社:カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:ジョーダン・フィッシャー、以下スタンダード)は現地時間10月8日(木)、北米を中心に学食事業を展開するChartwells Higher Education(チャートウェルズ・ハイアー・エジュケーション、本社:アメリカ・ニューヨーク、以下チャートウェルズ)と提携し、アメリカ州立大学のUniversity of Houston(ヒューストン大学)の構内に、スタンダードのレジ無しチェックアウトシステムを導入した初の店舗『Market Next(マーケット・ネクスト)』をオープンしました。スタンダードのシステムを導入し、既存店をレジ無し店舗に改装した世界初の小売店となります。

『Market Next』店内『Market Next』店内

今回オープンした『Market Next』は、24時間営業で、スナック菓子やコーヒーなどの飲料、電子レンジ加熱食品、サンドウィッチなどを販売します。スタンダードのレジ無しチェックアウトシステムにより、商品のスキャンや支払いのために並ぶことなく、店内に入って好きな商品を手に取り、そのまま店を出るだけで買い物ができます。当社の記録によりますと、最短で入店からわずか2.3秒で買い物を完了することが可能です。スタンダードのシステムが天井に設置されたカメラをベースとしているからこそ、このような短時間での買い物が実現でき、授業に遅れそうな時にも、学生は便利に買い物ができるようになります。しかも、完全に非接触(タッチレス)なため、コロナ禍において、学生たちの安全を最大限に確保することが可能です。

また、スタンダードが提供するプラットフォームとチャートウェルズの既存のモバイル注文アプリを統合することで、シームレスな決済が可能です。

スタンダードのシステムでは、既存の棚や照明、店舗レイアウト、在庫管理プロセスを変えることなく、迅速かつ簡単に既存の店舗に導入が可能で、この点が、今回の提携の決め手となりました。また、新店舗『Market Next』では、天井に設置されたカメラやスタンダードが独自開発したAIおよびマシンビジョンを活用することで、生体認証を一切使用せずに、買い物客と商品を正確に関連付けることができます。

スタンダードとチャートウェルズの両社は近く、米ノースカロライナ州やカナダ・オンタリオ州でも、スタンダードのシステムを導入した店舗をオープンする予定で、今後、北米の他の店舗にも順次展開していく方針です。

チャートウェルズのオペレーション担当副社長でヒューストン大学の学食事業の地域マネジャーであるデービッド・リドル(David Riddle)氏は、今回の提携について次のように述べています。
「学生の好みは常に変化しています。我々は、大学キャンパスでは思いもよらないような、新しくてユニークなショッピング体験を提供し続けたいと考えています。今回の『Market Next』はショッピングの未来であり、スタンダードのレジ無しチェックアウトを導入することで、学生たちが入店し、必要な商品を手に取り、買い物を完了する行為を可能な限り簡単に、安全に、そして便利にすることができました。」

また、ヒューストン大学の大学管理・運営担当副学長兼副総長であるエミリー・メッサ(Emily Messa)氏は、「レジ無しチェックアウト技術は、学生の生活を楽にするだけでなく、より安全にすることができるイノベーションです。この技術は、現在そして未来の学生にとって、キャンパスの安全性のために重要で、今後の新しい基準になっていくでしょう。来年、キャンパス内の店舗を、スタンダードのシステムを導入したものに移行していく予定です」と話しています。

スタンダードの共同創立者でCEOのジョーダン・フィッシャー(Jordan Fisher)は、「『Market Next』は、まったくレジが無い状況で利用できるよう改装された世界初の小売店です。当社のプラットフォームは、小売体験を改良できることを証明した業界唯一のシステムです。チャートウェルズのような革新的な小売企業は今回、スタンダードのAIを基盤としたシステムを導入することで、客が欲しい商品を手に取り、列に並ぶことなく買い物できるようになりました。チャートウェルズと提携し、この画期的な技術をより多くの店舗に提供していけることを嬉しく思います」と述べています。

●『Market Next』についての動画は以下でご覧いただけます。
< https://www.youtube.com/watch?v=Ll-YJz5f8IU >


■Chartwells Higher Education(チャートウェルズ)について < http://chartwellshighered.com/ >
食堂運営を委託契約されて行う給食事業を展開する北米のコンパスグループの事業部門として知られ、高等教育向け学食事業の業界においてリーディングカンパニーであるチャートウェルズは、米国の300以上の大学やカレッジと提携しており、キャンパス内における食事体験を刷新しています。

■ヒューストン大学について < https://www.uh.edu/ >
ヒューストン大学は、カーネギー評価でアメリカの大学の第一群(Tier 1)に指定された公立研究大学で、世界的に競争率の激しい、ヒューストン及びメキシコ湾岸地域で、世界クラスの教授陣、体験学習及び戦略的な産業パートナーシップを提供しています。米国第4の都市で、全米で最も民族的・文化的に多様な地域の一つであるヒューストンにあり、アメリカ連邦政府からヒスパニック系およびアジア系アメリカ人サービス提供機関に指定されており、4万7,000人以上の学生が在籍しています。

■Standard Cognition(スタンダード)について < https://www.standard.ai/ >
スタンダードは、既存の小売店舗に導入できる初のレジ無しチェックアウトシステムを提供しており、買い物客が入店し、ほしい商品を手に取り、店をそのまま出るだけで支払いを可能とする、レジ無しチェックアウトシステム業界において先駆的なスタートアップのひとつです。買い物の際に列に並び、商品スキャンや支払いのために立ち止まる時間を失くすことで、小売業界を変革しようとしています。

当社のAIおよびマシンビジョンを基盤としたシステムは、既存の小売店舗に迅速かつ簡単に導入でき、小売業界における技術の大きな飛躍と、顧客に新たなショッピング体験を提供しています。
また、業界において最初にして最高の資金調達を行ったスタートアップ企業でもあり、米ビジネス誌Fast Companyから「世界で最も革新的な企業50社」に選ばれており、アメリカをはじめとする世界の小売企業と提携しています。これまでに、CRV、Initialized Capital、EQT Ventures、Y Combinatorなどの著名な投資企業から8,600万ドルの資金を調達しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STANDARD COGNITION, CORP. >
  3. Standard Cognition、米国のヒューストン大学に当社レジ無しチェックアウトを導入した世界初の店舗をオープン