日本山岳書初の下山ドキュメント本竹内洋岳『下山の哲学—登るために下る』 10月1日(木)よりAmazonほか全国書店にて先行予約開始

世界8000m峰14座の全下山を辿る日本初のノンフィクション書籍

日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂を達成したプロ登山家・竹内洋岳)は、書籍『下山の哲学—登るために下る』を2020年10月30日(金)に太郎次郎社エディタスより発売します。これに先駆けて2020年10月1日(木)より、Amazonほか全国書店にて先行予約を開始!
日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂を達成したプロ登山家・竹内洋岳(所属:ハニーコミュニケーションズ)は、書籍『下山の哲学—登るために下る』を2020年10月30日(金)に太郎次郎社エディタスより発売いたします。これに先駆けて2020年10月1日(木)より、Amazonほか全国書店にて先行予約を開始いたします。

 

『下山の哲学――登るために下る』カバーイメージ『下山の哲学――登るために下る』カバーイメージ

本書籍は、世界8000m峰14座に登った竹内洋岳自身の全下山を辿る、日本山岳史上初の下山をテーマにしたノンフィクション書籍です。これまで、登る事ばかりを主題とした山岳書が出版されてきましたが、本書籍では山岳書初となる8000m峰14座の全下山をテーマにし、登頂に成功した下山だけでなく、登頂出来なかった下山についても収録しています。

●日本人で唯一8000m峰14座を完全登頂した14サミッターにとっての下山とは?
●17年にわたる14座の全下山をたどり、現在に続く新たな挑戦を報告する。
●本人を深く知る6人へのインタビューをとおして竹内洋岳を「解剖」するコラムも収録。

<特設ページ>
https://honeycom.co.jp/hirotaka-takeuchi/gezan-no-tetsugaku/
出版までのインタビューの様子は販売まで公式サイト内特設ページにて紹介いたします。

◆Amazon予約販売ページ(2020年10月1日公開)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4811808436
◆太郎次郎社エディタス紹介ページ(2020年10月1日公開)
http://www.tarojiro.co.jp/product/6050/

なお、書籍情報の詳細及び竹内洋岳のプロフィールに関しては次ページ以降をご参照ください。 

『下山の哲学 ――登るために下る』  概要
竹内洋岳最新刊にして、山岳書初の「下山」ドキュメント。ヒマラヤ8000m峰14座完全登頂とは、14の山すべての頂から無事に下ってくるということ。「生きて還ってこなければ、下山しなければ、登山ではない」とつねづね語り、それを実現してきた竹内は、どのように山を下ってきたのか。疲労困憊のなかで頻発する危機、生死を分けた判断と行動、朦朧とする頭で考えていたこと……。敗退もふくめて、17年にわたる14座の全下山をたどり、現在に続く新たな挑戦を報告する。 世界的クライマー、ラルフ・ドゥイモビッツはじめ、本人を深く知る6人へのインタビューをとおして竹内洋岳を「解剖」するコラムも収録。

【書籍情報】
タイトル:下山の哲学――登るために下る
著者:竹内洋岳
構成:川口穣
予価:本体1,800円+税
体裁:四六判並製/256ページ/C0075
ISBN:978-4-8118-0843-7
発売予定日:10月30日(金)
・Amazonの書籍情報ページ(10月1日公開):
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4811808436
・太郎次郎社エディタス紹介ページ(10月1日公開):
 http://www.tarojiro.co.jp/product/6050/
※発売日、ページ数、書名、体裁等は予定であり、今後変更される可能
 性があります
 

【著者略歴】
竹内 洋岳 (たけうち ひろたか)
プロ登山家(ハニーコミュニケーションズ所属)
1971年、東京都生まれ。立正大学客員教授。1995年のマカルー(8463m)登頂。1996年には、エベレスト(8848m)とK2(8611m)の連続登頂に成功。アルパインスタイルも積極的に取り入れた速攻登山で8000m峰に挑み続け、2012年に14座目となるダウラギリに登頂に成功。日本人初、世界29人目となる8000m峰14座完全登頂を果たす。2013年、植村直己冒険賞、文部科学大臣顕彰スポーツ功労者顕彰を受賞。現在は、未踏峰への挑戦を続ける傍ら、登山経験を生かし、野外教室や防災啓発などの社会貢献活動にも取り組んでいる。著書に『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』(NHK出版新書)、『頂きへ、そしてその先へ』(東京書籍)、聞き書きによる書籍に塩野米松『初代 竹内洋岳に聞く』(ちくま文庫)など
 

 

 

「下山の哲学――登るために下る」本編から「下山の哲学――登るために下る」本編から

(目次)
・▼「役割」(大規模登山隊)から「愉しみ」(少数精鋭チーム)へ

1995年 マカルー[1座目] 8000m峰初下山
1996年 エベレスト[2座目] デスゾーンからの逃避
1996年 K2[3座目] ベースキャンプへの「登頂」
2001年 ナンガパルバット[4座目] 切りひらいていく下山

・▼クライマックスとしての下山
2003年 カンチェンジュンガ[敗退] ホワイトアウトのなかを
2004年 アンナプルナ[5座目] 二度と行きたくない山
2004年 ガッシャーブルムI峰[6座目] 身近にある死
2005年 シシャパンマ[7座目] ぐるり1周旅の締めくくり 

・▼生還するために
2005年 エベレスト[敗退] 死後の帰還
2006年 カンチェンジュンガ[8座目] 見失った帰路
2007年 マナスル[9座目] 灼熱のラッセル地獄
2007年 ガッシャーブルムII峰[敗退] 雪崩に飲みこまれて

・▼ヒマラヤへの復活
2008年 ガッシャーブルムII峰[10座目] つぎの山への登り
2008年 ブロードピーク[11座目] 激痛と落石の恐怖
2009年 ローツェ[12座目] もっともつらい下り

・▼14サミット完全下山
2010年 チョ・オユー[敗退] 新たなパートナーと
2011年 チョ・オユー[13座目] 幻覚のなかの軌道修正
2012年 ダウラギリ[14座目] 極限の夜を超えて 
つぎの山へ――14サミッターの現在地 

▼インタビュー
「登山家の突然変異」――シューフィッター 釣巻健太郎の視点
「妥協なき道具マニア」――登山用腕時計開発者 牛山和人の視点
「強くて繊細なlovely person」――14サミッター ラルフ・ドゥイモビッツの視点
「スマートな野心家」――医師 柳下和慶の視点
「つかまえちゃダメな人」――山岳気象予報士 猪熊隆之の視点
「つねに帰り道を知っている人」――山岳カメラマン 中島健郎の視点

【出版社情報】
株式会社太郎次郎社エディタス会社概要
会社名:株式会社 太郎次郎社エディタス
本   社:〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-3-8F
代   表:北山理子(社長) 須田正晴
資本金:10,000,000円
H    P:http://www.tarojiro.co.jp/
設  立:2003年5月8日
         2004年10月 株式会社太郎次郎社より全営業譲渡
事  業:教育・社会・家族などの分野の書籍や、「漢字」「かな文字」「算数」などの教材教具を企画制作・発行
代表電話:03-3815-0605

【竹内洋岳プロフィール】

竹内洋岳(タケウチ ヒロタカ)
プロ登山家(所属:ハニーコミュニケーションズ)
日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂者
立正大学客員教授


生まれ:1971年(昭和46年)

出身地:東京都
身長/体重:身長180㎝/体重65kg
主な受賞歴:・2013年「文部科学大臣顕彰 スポーツ功
       労者顕彰」受賞
      ・第17回「植村直己冒険賞」受賞
      ・第15回「秩父宮記念山岳賞」受賞

8000m峰14座登頂の軌跡
1995年  1座目   マカルー(8463m)遠征隊に参加し8000m峰初登頂を成功
1996年  2座目   エべレスト(8848m)登頂成
      3座目   K2(8611m)の登頂成功
2001年  4座目   ナンガパルバット(8126m)登頂成功 ※
2004年  5座目   アンナプルナ(8091m)登頂成功 ※
            6座目   ガッシャブルムⅠ峰(8068m)登頂成功 ※
2005年  7座目   シシャパンマ(8027m)登頂成功 ※
2006年  8座目   カンチェンジュンガ(8586m)登頂成功 ※
2007年  9座目   マナスル(8163m)登頂成功 ※
2008年  10座目   ガッシャブルムⅡ峰(8035m)登頂成功 ※
            11座目   ブロードピーク(8051m)登頂成功 ※
2009年  12座目  ローツェ(8516m)登頂成功 ※
2011年  13座目   チョ・オユー(8201m)登頂成功 ※
2012年  14座目   ダウラギリ(8167m)登頂成功 ※            ※無酸素登頂

 
株式会社ハニーコミュニケーションズ会社概要
会社名:株式会社ハニーコミュニケーションズ
本   社:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目21-6 プラザF1ビル4F
代   表:代表取締役社長 戸田 知礼
資本金:10,000,000円
H     P:https://honeycom.co.jp/
設   立:2018年9月
事   業:・企業、各種団体、個人の広報コンサルティング及び代行業務
          ・ブランディング及びマーケティングコミュニケーション業務に関する企画、制作、管理、運営、販売及
             びプロデュース事業
          ・広告企画・制作・管理・販売・購買等に関する事業
          ・ウェブコンテンツ及びシステムの企画、制作、管理、運営、販売及びプロデュース事業
          ・セールスプロモション(SP)、販売促進企画、管理、運営業務
          ・イベント企画・制作・運営・管理業務
          ・ノベルティ企画・制作・販売業務
          ・各種映像制作・写真撮影業務
          ・アスリート・文化人のマネジメント業務
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハニーコミュニケーションズ >
  3. 日本山岳書初の下山ドキュメント本竹内洋岳『下山の哲学—登るために下る』 10月1日(木)よりAmazonほか全国書店にて先行予約開始