テスラ 2021インパクトレポート翻訳版を公開

2021年、テスラのお客様は840万トンものCO2e排出の削減に貢献しました。

持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速させているのかについてまとめたインパクトレポート日本語版を2022年7月27日に公開しました。

持続可能なエネルギーへ世界のシフトを加速すること、それがTeslaの存在目的です。

Teslaがどのようにして、持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速させているのかについて年次ベースでまとめたインパクトレポートの翻訳版を公開しました。

ウェブサイト

https://www.tesla.com/ja_jp/impact

2021インパクトレポート
https://www.tesla.com/ns_videos/2021-tesla-impact-report_jp.pdf

 

Teslaでは、持続可能なエネルギーへ世界のシフトを加速するというミッションに関連するすべての指標において、ベストを尽くすことを目指します。Teslaのインパクトを最大化するために、引き続き製造量を増やし、製品を入手しやすくする予定です。具体的には、2030年までに電気自動車を年間2,000万台(2021年は94万台)販売するとともに、年間1,500 GWhの蓄電池(2021年は4 GWh)を設置することを目指しています。

 

このような納車台数のマイルストーンを一貫した成長率で達成すれば、2030年までにTesla車両の総台数は数千万台を超え、その車両1台1台が使用されるたびに、何トンものCO2e排出を削減することが可能です。

さらに、Teslaが生産する各製品は、製造から消費者による利用、リサイクルに至るライフサイクルの各段階で、継続的に改善されなければなりません。

また、製品の製造時に使用されるエネルギーや水、お客様と従業員の安全性、そして製品の手頃な価格と入手しやすさなど、あらゆる指標を改善する必要があります。今年のインパクトレポートでは、これらの各テーマを取り上げます。

※本レポートは、英語版Impact Reportの翻訳版です。原書と本書との間で意味または文言に相違があった場合は、原書(英語版Impact Report)が優先されるものとします。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テスラモーターズ ジャパン >
  3. テスラ 2021インパクトレポート翻訳版を公開