ウォートン東京連絡事務所が移転

アルマ・クリエイションがウォートン東京連絡事務所の業務を担うことに

アルマ・クリエイション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 神田昌典、以下アルマ・クリエイション)は、ウォートン・スクール東京連絡事務所の引越しに伴い、同事務所の業務を担うことになったことをお知らせします。
 ウォートン・スクール東京連絡事務所の目的は、同校学生や教授、スタッフの日本への渡航や活動を支援、ウォートン・スクール同窓会組織の日本支部「ウォートンクラブ オブ ジャパン」へのサポート、並びに日本からの同校志願受験生へ対応を通じた、同校の推進を行うことです。

 ペンシルバニア大学ウォートン・スクールは、アメリカの教育ニュースサイトUS Newsが発表した「全米ベストビジネススクール ランキング2021」では、スタンフォードMBAと並び同点1位を獲得しています*1。

 ウォートン・スクール出身者には、テスラCEOイーロン・マスク氏、マネーフォワード代表取締役社CEO辻庸介氏、富士フイルムビジネスイノベーション(旧富士ゼロックス)元取締役会長小林陽太郎氏、ペプシコ社長やアップル社CEOを歴任したジョン・スカリー氏、オラクル・コーポレーション社長 サフラ・キャッツ氏などがいます(出典:Wikipedia)。

 アルマ・クリエイションの代表であり、神田昌典は、次のようにコメントしています。「ウォートンスクールは、1881年に創設された、世界最初のビジネス・スクールとして知られており、政治・経済分野でのーダーシップを発揮する卒業生との間で、全世界的なネットワークを構築しております。連絡事務所業務は、その紐帯となる重要な仕事であると認識し、ウォートンが育てた多分野のリーダーとともに、同校の優れた教育の広報、そして卒業生の、さらなる活動支援のために力を尽す所存です」。

■ペンシルバニア大学ウォートン・スクール東京連絡事務所概要
事務局名称:ペンシルバニア大学ウォートン・スクール東京連絡事務所
(The Wharton School of the University of Pennsylvania Tokyo Liaison Office)
事務局メンバー:Representative, Masanori Kanda /Vice Representative, Yasuyuki Goto/Administrator, Erina Takizawa)
事務局住所:東京都千代田区大手町1丁目5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー  株式会社リブ・コンサルティング内


*1 https://www.usnews.com/best-graduate-schools/top-business-schools/mba-rankings         
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルマ・クリエイション株式会社 >
  3. ウォートン東京連絡事務所が移転