リモートワークをすべての人に。多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」は、キャスターと協業し、リモートワーカーの就業環境と居住場所を支援します。

月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォームを展開する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区、代表取締役 佐別当 隆志)は、「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、700名以上のメンバーがリモートワークする株式会社キャスター(本社:宮崎県西都市、代表取締役 中川祥太、以下 キャスター)と協業し、リモートワーカーの就業環境と居住場所を支援する取り組みを開始いたします。


■協業の背景
当社は、働き方の多様化や、さまざまなライフプランに応じた生活拠点の気軽な選択を可能にする多拠点居住プラットフォーム「ADDress」の運営を行っています。全国各地にADDressの家を展開することで、都市部に集中する人口の受け皿を日本中につくり、関係人口の増加による消費のみならず、それぞれの地域で活動し、生産する人が増えることを目指しています。

そのような背景から、主に空き家や使われなくなった別荘を活用したADDressの家は、住むだけでなく、働く場所も一体となった「コリビング(co-living)」として設計されています。これまでにもリモートワークの拠点としてはもちろんのこと、法人会員がオフサイトミーティングに利用するなど数々の事例が生まれてきました。

多くの企業がリモートワークの導入を進めている一方で、人々の暮らしや住む場所は、未だ働く場所に影響を受けている状況です。そのような中、今回協業するキャスターが2019年8月に社内で実施したアンケート(※1)では、72%のメンバーが「ワーケーションに興味がある / 今は無理だがいつかしたい」と回答、48%のメンバーが「移住に興味がある / 今は無理だがいつかしたい」と回答しました。
 
「新しいワークスタイルを取り入れたい」という希望と同時に、「住む場所を自由に選びたい」というニーズを持つ人々に対して「ADDress」の利用機会を提供することで、リモートワーク普及の一助となるだけでなく、都市でも地方でも暮らす新しいライフスタイルの実践者が増えることを期待しています。

まずは、キャスターのメンバーに対してADDressのサービスを提供し、新しい働き方や暮らし方の事例を社会に発信していきます。リモートワークの実例や経験者が増えることで、限られた人だけではなく、誰もが自由に働き、住む場所をも選択できる社会の実現に寄与すると考えます。

長期的には、リモートワークをはじめとした新しい働き方を支援する数々の事業を展開するキャスターと共に、労働革命および居住革命を起こし、地方の関係人口増加や地域活性化へとつなげ、次世代の地方創生を推進することを目指します。

※1:回答者数:260名


■ 協業内容
1)キャスターのメンバーにADDressの会員権を特別価格で提供
2)全国各地にできるADDressの新しい家の家守(※2)になるキャスターのメンバーを募集
・家守は ADDressの家に住み込むことも、通うことも可能
・家のメンテナンスや、ADDress会員の地域への受け入れ業務などによって、副業収入も得られる

上記の取り組みを3月より開始し、その後も新しいライフスタイルを普及させるためのイベント共催や、リモートワーカーに向けて就業環境と居住場所を支援する取り組みを順次行なって参ります。

※2 家守:各地のADDressの家で会員の地域生活をサポートするコミュニティマネージャーです。各物件には個性溢れる地域住民が管理者として担当に付き、地域との交流の機会やユニークなローカル体験、その地に暮らしているからこそ分かる情報を提供します。


■ 株式会社キャスターについて
株式会社キャスター 公式サイト
https://caster.co.jp/

「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、創業時よりフルリモートワークで組織を運営し、現在700名以上のリモートワーカーが在籍しています。
リモートワークを身近に感じてもらえるよう、当社でリモートワーカーとして働いているメンバーと対面でコミュニケーションを取れる拠点「キャスタースクエア」を全国各地に設置するプロジェクトも展開し、リモートワークの普及を行っています。
2019年テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)において、特別奨励賞を受賞。


【月額制で自由に住める多拠点居住コリビング(co-living)サービス「ADDress」】
ADDress 公式サイト
https://address.love/

ADDressは、月額制で全国の家(登録拠点)に自由に住める多拠点コリビング(co-living)サービスです。「全国創生」をスローガンに、多拠点居住を通じ、全国活性化及び日本中のコミュニティに新たな関係をつくるライフプラットフォームを提供します。

都市と地方が協力しながら地方への「帰属」そして生活の「回遊」を促進することで、日本全国にコミュニティを築いていく、全国各地の関係人口増加を加速させる次世代の地方創生の在り方だと考えます。また、住まいの多拠点ライフプラットフォームADDressと移動プラットフォームが連携し、移動の定額化、日本全国にコミュニティを築いていくMaaS経済圏の実現を目指します。 

各拠点は、個室を確保しつつも、シェアハウスのようにリビング、キッチンなどを共有します。空き家や別荘を活用することでコストを抑えながら、リノベーションによる快適な空間を提供し、光熱費、Wi-Fi、共有の家具やアメニティの利用、共有スペースの清掃も含めて月額4万円からの低価格を実現します。会員同士や地域住民との交流の機会も用意し、会員は様々な地域で新たなコミュニティに出会えます。少子高齢化の人口減少時代において、移住ではなく都心部と地方が人口をシェアリングする多拠点居住のサービスです。 

【ADDress プレスリリース一覧】
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40352

【ADDress メディア掲載アーカイブ】
https://note.mu/address/n/n35bc93ea1536 


■ 株式会社アドレス概要
設立:2018年11月30日
代表取締役社長:佐別当 隆志
本社所在地:東京都千代田区平河町 2-5-3
事業内容:多拠点居住サービスの提供
URL: http://address.love

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ADDress >
  3. リモートワークをすべての人に。多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」は、キャスターと協業し、リモートワーカーの就業環境と居住場所を支援します。