若手フリーライドスキーヤーがニセコの子供に向けてその楽しさを伝える告知活動を実施

勝野天欄、佐々木玄がニセコの近藤小学校、ニセコ小学校、ニセコ中学校で

 

 


Freeride World Tourのジュニアカテゴリ(10-18歳)であるFreeride Junior Tourのトップランカー60人のみが出場できる最終戦、2019 Freeride Junior World Championship Kappl by Dynastarに昨年に引き続いて出場する18歳のフリーライドスキーヤー勝野天欄と、今シーズンから同予選シリーズFreeride World Qualifierに参戦している、フリースタイルワールドカップ選手でもある佐々木玄が、地元のニセコでニセコ小学校、ニセコ中学校、近藤小学校の生徒に向けフリーライドの魅力を伝える講演および雪上での講習会を行いました。
 

 

 

 


日本では今シーズンから舞子(南魚沼)、白馬コルチナ(白馬)、キロロ(北海道赤井川村)で初めて大会が行われているFreeride Junior Tour(FJT)。佐々木玄と勝野天欄の「多くの子供達にこの大会のことを知ってもらいたい」という思いが今回の活動に繋がりました。自身の活動の紹介やFJTの告知だけでなく、小中学校のスキー教室に参加して一緒にスキーを楽しみました。

今回の活動を終えた佐々木玄は、「リスクを伴うスポーツや遊びではありますが、そのリスクを自分で背負いしっかりと技術と知識を得ながらstep by stepで徐々に楽しさの幅を広げて行ってもらえたらと思っています。これからスキーを通じて色々な楽しい事と出会えるかもしれません。恥ずかしがらず思い切って大会に参加してみてはどうですか?競う必要は無いです。まずは楽しむ事が1番です!」と話しました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FWTジャパン株式会社 >
  3. 若手フリーライドスキーヤーがニセコの子供に向けてその楽しさを伝える告知活動を実施