卓上パーテーションシリーズ【SASAU】が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞

日本コパック株式会社が株式会社日建設計と共同開発した、卓上パーテーションシリーズ【SASAU】が、2021年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

 

SASAUシリーズは、在宅勤務に対応すべく、家庭のインテリアにも馴染むよう開発された卓上パーティションのデザインに取り組んだ結果、高く評価されました。
 

■審査委員の評価
コロナ禍においてパーテーションが世の中に普及し、その存在自体は決して明るい物では無く、むしろ仕方なく置くといったマイナスのイメージが付き纏ってしまう。そんな中、このSASAUはパネルを支えるパーツにブナの無垢材を使用し、あたかも積み木のような佇まいで机に固定させている。子供だけでは無く、大人も何だかポジティブな気持ちになれるような商品である。四角と丸形状のバリエーションがあり、取り付けるとインテリアの一部としての要素も感じる事が出来る。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   佐藤 弘喜   田子 學   藤城 成貴  
https://www.g-mark.org/award/describe/52227?token=NxX4qXyJxA


受賞した卓上パーテーションシリーズ【SASAU】



デザイン:株式会社日建設計
生産販売:日本コパック株式会社
販売ECサイト: https://galleryshop.copack.co.jp/search?q=sasau

■背景


2020年の新型コロナウイルス拡大を契機に、多くの企業でテレワークの導入が急速に進みました。
ワーカーは自宅で仕事をすることを余儀なくされると同時に、在宅勤務における様々な課題が浮き彫りとなりました。家族と共有するリビングでは集中しづらい、日本の狭い住環境では書斎などのワークスペースを持てない、とはいえワークデスク等の大型家具を入れる場所も無いなどといった問題を抱えるワーカーが多く、また自宅における家族の関係にも少しずつ変化が見られます。我々は今の住まいを変えずに、ダイニングだった場所がワークスペースに変化する。そして、すぐに食卓として利用することもでき、生活と仕事が両立できる。そのような新しい道具が必要だと考えました。

■デザイン
 


卓上パーティションシリーズとしてSASAUをデザインしました。

特に「生活と仕事の緩やかに分断、つなぐことができるパネルの高さ」「ダイニングテーブルへの簡単な着脱ができる土台(クランプ)の仕組み」「用途‧シーンに応じて展開可能な組み合わせシステム」「使用していない際でも生活に馴染む、オブジェのように見える土台の大きさ、形状、素材」にこだわりました。また、製品化の過程で
は、試作品を展示会に出展し、ユーザーの生の声を聞き、より生活に求められる形状に昇華できるよう取り組みました。

■展開
 

 


基本シリーズにとどまらず、グラフィックデザイナーAyame OnoとのコラボレーションしたSASAU shikaku<cut & paste>や、プロダクトデザインレーベル「エーヨン」tumi-isi とコラボレーションした SASAU isi などへと展開が拡大しています。

 

■CPK GALLERY ONLINEにて販売中
https://galleryshop.copack.co.jp/search?q=sasau

カフェ・オフィスでの利用も増えておりますので、気軽にお問合せください。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コパック株式会社 >
  3. 卓上パーテーションシリーズ【SASAU】が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞