狂気と絶望のデスゲーム漫画「シグナル100」。実写映画化を記念して、スピンオフ連載決定!

スピンオフタイトルは「シグナル100 零」。本編には勿論、実写映画にも繋がる前日譚が描かれる!

橋本環奈さん主演の実写映画が2020年1月24日に公開される、「シグナル100」(原作:宮月新 作画:近藤しぐれ)。その実写映画化を記念して、スピンオフ漫画「シグナル100 零」が2019年9月5日よりアプリ「マンガPark」で連載開始されることが『ヤングアニマル』17号で発表されました。
2016年まで『ヤングアニマル』(白泉社)で連載されていた、自殺催眠によるデスゲームというパニックスリラーの新しい境地を描いた「シグナル100」(原作:宮月新 作画:近藤しぐれ)が、橋本環奈さん主演で実写映画化されます。2020年1月24日の公開に向けて、スピンオフ漫画「シグナル100 零」(原作:宮月新 作画:Ryuki)が連載されることが『ヤングアニマル』17号で発表されました。9月5日よりアプリ「マンガPark」にて連載開始します。

©ヤングアニマル/白泉社©ヤングアニマル/白泉社

©宮月新・Ryuki/白泉社©宮月新・Ryuki/白泉社

スピンオフで描かれるのは、自殺催眠が開発されるに至った前日譚!とある大学生の心理学の研究が、最悪の殺し合いの始まりとなって…。本編には勿論、実写映画にも繋がる壮絶な結末が待ち受けます!!

 また『ヤングアニマル』17号では、「ベルセルク」の最新話が掲載されており、作者の三浦建太郎が9月9日発売の新増刊『ヤングアニマルZERO』に原作&プロデュース作品で寄稿することが発表されました。新時代ガール・ミーツ・ボーイ「けなげなですげ」(コニシリュウイチ)が連載開始するなど、トピックス盛りだくさんの『ヤングアニマル』17号に注目ください。


■「シグナル100」とは
歩く、食べる、笑う、泣く。そんな、当たり前の「自由」が「死」につながる…100の「自殺暗示催眠」を掛けられた高校生たちの、絶望デスゲーム!!!!

©宮月新・近藤しぐれ/白泉社©宮月新・近藤しぐれ/白泉社

YOUNG ANIMAL COMICS
原作:宮月新 作画:近藤しぐれ
全4巻
白泉社マンガアプリ「マンガPark」にて1話無料で配信中!
https://manga-park.com/app


■映画 『シグナル100』

 

©2020「シグナル100」製作委員会©2020「シグナル100」製作委員会

主演 橋本環奈
原作:宮月 新・近藤しぐれ『シグナル100』(白泉社・ヤングアニマルコミックス)/監督:竹葉リサ/脚本:渡辺雄介
配給:東映 (C) 2020「シグナル100」製作委員会
・公式HP:signal100.jp
・公式Twitter/公式Instagram:Signal100_Movie


■アプリ「マンガPark」とは
白泉社が運営する総合エンタメアプリ。マンガ、声優によるラジオやアイドルの動画を毎日更新。

 

 


・価格:無料(アプリ内課金あり)
・利用環境:スマートフォン、タブレット各端末、パソコン
・対応OS:iOS9以降、Android™ 4.4以降
・無料ダウンロードはこちらから
<App Store、GooglePlay共通>https://manga-park.com/app
・Web版マンガPark
https://manga-park.com/
・マンガPark公式Twitter:https://twitter.com/manga_park


■『ヤングアニマル』とは
白泉社が1992年より発行している青年漫画雑誌。『ベルセルク』(三浦建太郎)、『3月のライオン』(羽海野チカ)、『ふたりエッチ』(克・亜樹)などが連載中。毎月第2・第4金曜日発売。

©ヤングアニマル/白泉社©ヤングアニマル/白泉社

「ヤングアニマル」公式サイト:https://www.younganimal.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社白泉社 >
  3. 狂気と絶望のデスゲーム漫画「シグナル100」。実写映画化を記念して、スピンオフ連載決定!