ロボットと子どもたちのクールで熱い大会が始まる!

自律型ロボットによる対戦競技「WRO Japan RoboSports大会」を東日本(7月24日)と西日本(7月18日)で開催!!

NPO法人WRO Japan(東京都港区、理事長 金井徳兼)は、国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad※)の日本予選大会であるWRO Japan 2022 RoboSports 大会を全国2か所で開催します。

  

 開催場所は、東京都大田区と大阪府東大阪市。日本を代表する製造業を支えてきた「ものづくりのまち」で、将来の科学技術を担う子どもたちによるロボット大会を実施します。今年度のテーマ内容は、⼈間が⾏うテニスの試合を模したもので、2対2の合計4台の⾃律型ロボットが、得点を競います。リアルタイムで変化する状況でも対応できるロボットを作ることを求められるため、⼦どもたちの創造性や課題解決⼒を育成する競技内容となっています。
 WROは、小学校におけるプログラミング教育必修化をうけ、プログラミング学習の成果発表の場としても注目が高まっています。将来の日本を作る児童・生徒らの活躍を当日取材にてご支援いただけますようお願い申し上げます。

【WRO Japan 2022 RoboSports 開催概要】
大会名    :WRO Japan 2022 RoboSports 東日本大会 / 
        WRO Japan 2022 RoboSports 西日本大会
開催日    :2022年7月24日(日) 9:00~17:00 / 
        2022年7月18日(月)9:00~17:00
会場       :羽田イノベーションシティHANEDA ×PIO(Zone K)
                            (東京都大田区羽田空港1丁目1ー4)/
        東大阪商工会議所  (大阪府東大阪市永和2-1-1)
                   
主催      :NPO法人WRO Japan
企画運営   : WRO Japan RoboSports 競技実行委員会
特別協力   : ロボットプログラミング教室ProgLab、大阪工業大学、
                             帝塚山中学校・高等学校
見学・入場   :無料
URL      :https://www.wroj.org/action/2022/robo-2022

   講習会   講習会



【取材申込】
取材や見学にご来場いただける場合、お手数ですが下記情報をメール(wro@wroj.org)でご連絡いただけますと幸いです。
※当日はプレス腕章をご用意いたします。
①   貴社名              
②   貴媒体名(所属部署名)
③   御出席者氏名        
④   ご出席人数(合計    名様)
⑤   E-mail
⑥   参加イベント
□WRO Japan 2022 RoboSports 東日本大会(7月24日)
□WRO Japan 2022 RoboSports 西日本大会(7月18日)

※ WROとは
WROは、世界70ケ国以上、23,000を超えるチームが参加する自律型ロボットの国際的なコンテストです。子どもたちがロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、市販ロボットキットを利用することで、参加しやすく科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われます。



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人WRO Japan >
  3. ロボットと子どもたちのクールで熱い大会が始まる!