【大学生の本音調査 vol.4】「福利厚生を全く気にしていなかった」は、22卒ハイクラス学生の僅か11%

~「就職企業に求めること」について、2022卒学生に聞きました。~

ハイクラス学生をメインターゲットとして就活支援を行う株式会社ウィビッド(本社:東京都渋谷区 代表取締役:相川絢 以下、ウィビッド)は、全国の2022年卒業予定(以下、22卒)の大学生・大学院生を対象に、「就職企業に求めること」をテーマとした調査を実施したことをお知らせいたします。
※ハイクラス学生とは、難関大学に通う学生を指しています。

 
  • 調査結果概要
1. 就職活動の際、企業の福利厚生を気にしていたが53%、気にしていなかった47%。福利厚生を全く気にしていなかったと回答割合は全体の11%に留まった。
2. 志望企業を決定する際に重要だと考える項目は、「会社の理念やビジョンに共感できるか」で41%、「裁量を持って働くことができるか」が30%であった。
3. 志望企業を決定する際に重要だと考える項目として、一番回答割合が低かった項目は「福利厚生が充実しているか」で0%であった。
4. 就職活動を進める上で、企業に求めることが「変化した」との回答割合が82%、「変化していない」は、11%に留まった。
5. 企業に求めることの優先順位が上がった項目の回答割合が一番高かったのは「会社の理念やビジョンに共感できるか」で34%、次に「社内の雰囲気が良いか」で27%
6. 企業に求めることの優先順位が下がった項目の回答割合が一番高かったのは「知名度がある会社か」で41%
 
  • 回答者属性
・性別:男性…45.5%、女性...54.5%
・内定先企業規模:大手老舗企業...20.5%、中小企業(100名以上)...56.8%、スタートアップ企業...18.2%、上場企業(not老舗)...2.3%、内定なし...2.3%

 
  • 調査結果詳細
■就職活動の際の、企業の福利厚生について
 ・就職活動の際、企業の福利厚生を気にしていたが53%、気にしていなかった47% 
 ・福利厚生を全く気にしていなかったと回答割合は全体の11%に留まった。


・どのような福利厚生があるといいかという質問に対し、「住宅手当」との回答が59%と回答割合が一番高かった。
・二番目に回答割合が高かった福利厚生は、「育児休暇・子育て支援」で16%


■志望企業に求めることについて
・企業を決定するに重要だと考える項目として、回答割合の高い順に「会社の理念やビジョンに共感できるか」で41%、「裁量を持って働くことができるか」が30%であった。
・一番回答割合低い回答は、「福利厚生が充実しているか」で0%であった。


・就職活動を進める上で、企業に求めることが「変化した」との回答割合が82%
・企業にもとめることが「変化していない」は、11%に留まった。


・企業に求めることの優先順位が上がった項目の回答割合が一番高かったのは「会社の理念やビジョンに共感できるか」で34%、次に「社内の雰囲気が良いか」で27%


・企業に求めることの優先順位が下がった項目の回答割合が一番高かったのは「知名度がある会社か」で41%
・次に回答割合が高かったのは、「給与、待遇が良いか」で16%


・就職活動を進める中で、企業に求めることが変化した理由については、
 ‐ 待遇よりも、成長環境や事業清涼性を重視するようになった。
 ‐ 知名度よりも自分自身の実績のほうが大切だと思うようになった。
など、知名度や待遇よりも自分のキャリア感をどのように形成していくかという関心へと変化したとの回答が多かった。

一方では、
 ‐ 裁量は、小規模の会社に就職できれば、成果が出せば増えるものだと気づいた。そのうえで、自分が安心して仕事に集中できるように、給与や福利厚生の待遇を気にするようになった。
 ‐ 家族との過ごし方を考えて、近くにいたいと思った。
など、待遇面を気にするようになったとの回答も数件寄せられた。

 
  • 調査結果概要
本調査の結果を踏まえ、ハイクラス就活生が企業に求めていることとして、自分がどのような環境で働けるのかや、会社のビジョンや理念への納得感を重視する傾向があることが分かった。一方で、福利厚生は企業選定において最も重視する項目ではないものの、半分以上は福利厚生は気にしているとの回答から、意思決定の一つの要素となっているといえる。

また、企業にとっては福利厚生が各社の個性を現わす役割を果たしているという見方もできる。近年、企業における福利厚生サービスも多様化しており、ユニークな福利厚生が自由な社風や、企業文化を求職者に伝える役割を果たしていることも。福利厚生の充実については、今後、各企業の採用戦略の一環として注目したい。
 
  • 調査概要
調査期間 :2021年7月10日(土)〜7月21日(水)
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :ハイクラス学生
調査地域 :全国
本アンケート有効回答者数:107名(2022年卒業予定学生59名、2023卒学生予定学生48名)

■株式会社ウィビッドについて
ウィビッドは「私が " 最高の私 " で、いられる世界を。」とのミッションのもと、新卒採用コンサルティング、新卒人材紹介、ハイクラスな学生に向けたキャリア支援をおこなっている会社です。毎年、3000名もの学生へのキャリア支援の実績があり、そのうち75%が旧帝大早慶以上、99%がMARCH・APU・関関同立の学生に利用いただいています。

■会社概要
会社名 :株式会社ウィビッド(英文名 Wivid Inc.)
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西 1丁目33-6 JP noie 恵比寿西210
代表者 :代表取締役 相川 絢
事業概要:新卒採用コンサルティング、新卒人材紹介、ハイクラスな学生に向けたキャリア支援
HPサイト:https://wivid.co.jp
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西 1丁目33-6 JP noie 恵比寿西210

【本件及びウィビッドに関する問い合わせはこちら】
株式会社ウィビッド 担当:大槻
電話:090-4991-9443
メールアドレス:shuya_otsuki@wivid.co.jp

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィビッド >
  3. 【大学生の本音調査 vol.4】「福利厚生を全く気にしていなかった」は、22卒ハイクラス学生の僅か11%