不動産×テクノロジーサービスを提供するスマサポ、メンテナンス業務効率化システム「Qosmos」を提供するBPMと業務提携

入居者アプリ「totono」と連携し入居中修繕サービスを提供

賃貸不動産マーケットに対してテクノロジーを活用したサービスを提供する株式会社スマサポ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小田慎三 以下 スマサポ)は、メンテナンス業務効率化システム「Qosmos」を提供するBPM株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:桐原 康輔)との業務提携により、入居者アプリ「totono」と「Qosmos」を連携したパッケージサービスの提供を開始いたしましたことをお知らせいたします。
 


■入居中修繕業務の課題
賃貸管理会社の業務において、入居中の設備トラブル・故障への対応は入居者の満足度に直結する重要業務に位置付けられ、迅速かつ的確な対応が求められます。入居者問合せの受付対応から工事手配、手配後の工事進捗管理、オーナーへの修繕結果報告など、ひとつひとつの修繕案件に対する業務負担が大きく、多くの管理会社様が課題を抱えております。

■「totono」×「Qosmos」の連携サービスとは
スマサポが提供する入居者アプリ「totono」を報告窓口として、入居者問合せから工事完了まで、フルパッケージでサポートするサービスとなっています。さらに、入居者アプリ「totono」のダウンロードがお済でない既存入居者様からのお問い合わせについてはQosmosAssistDeskがお電話にて受付致します。受付時にお電話口にて入居者アプリのご案内を行うことで、アプリのダウンロード比率向上に寄与し、入居者対応業務のさらなる効率化を実現いたします。


totonoとは?
住まいのサポートアプリ「totono」は、賃貸物件にお住いの入居者と物件の管理会社を繋ぐスマートフォンアプリケーションです。入居者はこれまで管理会社とのやりとりは電話や書類手続といった手段に限られていましたが、totonoを利用することでアプリ内から契約内容が確認でき、管理会社への問い合わせや各種申請もアプリ内で行うことが可能になります。また、管理会社にとっては情報の一元管理や電話対応の抑制、ペーパーレスに繋がり、入居者満足度向上と業務効率化を同時に実現します。
 


■株式会社スマサポについて
スマサポは「SMARTな暮らしをSUPPORTする」をテーマに、不動産資産価値の向上や入居者メリットの拡大、業務効率化といったテーマに対し、既存商品・サービスを更に深堀する新しいビジネスモデルの構築や、ITを活用した新しいサービスを生み出し、不動産管理会社や不動産仲介業者を通じてより多くの入居者に新しい価値を届けます。

名称:株式会社スマサポ
本社所在地:東京都中央区日本橋3-6-2日本橋フロント1F
代表者:代表取締役社長 小田 慎三
設立年月:2012年4月
資本金:175,000,000円(資本準備金含む)
ウェブサイト:https://www.sumasapo.co.jp/
事業内容:住まいや暮らしに関するライフサポートサービスの提供と不動産プラットフォームの開発


■BPM株式会社について
Branch Point(分岐点)のマネジメントを標榜して2011年に創業。以来、建物メンテナンスの施工管理やリフォーム工事、不動産管理会社向けのコンサルティングなどを行っている。これらの業務で培った知見を活かし、建設業・不動産業向けのシステム開発を2017年に開始。2020年にメンテナンス業務効率化システム「Qosmos」をリリースし、建物・設備メンテナンスを取り扱う”メンテナンス業界”に向けたサービスを提供している。

名称:BPM株式会社
本社所在地:東京都渋谷区本町二丁目27番1号 一二三薬局ビル2階
代表者:代表取締役社長 桐原 康輔
設立年月:2011年4月
資本金:207,000,000円
ウェブサイト:https://bpm-gr.co.jp/
事業内容:建物メンテナンス管理クラウドサービス『Qosmos』の開発販売、及び建物メンテナンスの施工管理、建物メンテナンスに関わるコンサルティング


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スマサポ >
  3. 不動産×テクノロジーサービスを提供するスマサポ、メンテナンス業務効率化システム「Qosmos」を提供するBPMと業務提携