暗号資産決済の不動産売買仲介サービスを開始

株式会社Zofukuは(東京都渋谷区)は、暗号資産・ブロックチェーン事業の知見を生かした不動産仲介サービスを開始。BitcoinやEthereum、USDCなどのステーブルコインによる決済に対応。


暗号資産・ブロックチェーンノードに特化した分散型データセンターを提供する株式会社Zofukuは、暗号資産で不動産を購入できる不動産仲介サービスの提供を開始します。
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ステーブルコイン各種、 Polkadot系通貨、Solana系通貨など、さまざまな通貨の決済に対応いたします。また、日本国内の暗号資産保有者に対しては、レンディングプラットフォームや日本円建ての暗号資産を用いることで為替リスクの少ない取引を提案いたします。プラットフォームやコントラクトリスクをご理解いただいた上で、ご利用ください。

サービスページはこちら💁‍♂️
日本語:https://zofuku.com/real-estate-jp
繁體中文:https://zofuku.com/real-estate-cn

【メリット】
✔︎ 暗号資産で不動産を売買できる
✔︎ 海外在住者でも不動産売買ができる
✔︎ 銀行の国際送金、現金の持ち込み不要
✔︎ 透明性の高い決済が可能
✔︎ 暗号資産を担保に不動産の購入も可能

【サービスの流れ】
▼ 購入の場合
  1. 購入したい不動産を探す
  2. オンライン内見、物件調査
  3. 購入の申し込み(委任状の契約締結)
  4. 手付金/申込証拠金の送金
  5. 売買契約を締結
  6. 暗号資産決済(当社が日本円に換金/支払)
  7. 引渡し・登記移転

▼ 売却の場合
  1. 売却したい不動産を送信
  2. 本人確認、物件調査
  3. Web掲載、当社顧客へ共有
  4. 売買契約を締結
  5. 暗号資産決済・登記移転 

ブロックチェーン×不動産仲介
ブロックチェーンは個人間取引を実現する分散システムです。仲介者を必要とせず、お互いを信頼しなくとも、個人同士の取引を可能にします。不動産仲介事業者は、お互いが信頼できないため、買主と売主の間に入り不動産取引を円滑に進める役割があります。

ブロックチェーンを活用した取引の透明性、トラストレス(信頼不要)、契約の自動執行といった特徴を生かすことで、個人間取引が可能となります。不動産仲介とブロックチェーンは非常に相性がいいのです。

当社は、スマートコントラクトで不動産取引業務が自動化される分散型の不動産仲介を目指し、あらゆる暗号資産を決済に利用した不動産売買仲介事業からスタートします。

当社の強み
  1. ブロックチェーン・暗号資産に関するナレッジ
  2. 中国語、英語 対応可
  3. あらゆる暗号資産に対応

よくある質問
Q. ビットコインで不動産を購入できますか?
A. もちろん可能です。日本国内のお客様の場合、購入時にビットコインを利確したことになり、売却利益は課税対象となる場合がございますので、ご注意ください。

Q.  購入する不動産はどのように探しますか?
A. お客様の条件にあった不動産を当社がお探しすることも可能ですし、お客様がご自身で探されることも可能です。中古物件の場合、物件調査を必要としますので当社もしくは不動産業者に依頼することをお勧めしております。

Q. 決済はどのように行いますか?
A. 通常の不動産売買取引とタイミングは同じです。手付金の送金、残りの購入代金の送金です。

Q. 暗号資産で購入するリスクはありますか?
A. 日本で暗号資産を長期保有されている方の場合、暗号資産購入時から価格が上昇して利益が出ている場合がございます。暗号資産でモノを購入した場合、日本円で利確した場合と同様と考えるため、暗号資産の売却益に対して課税されます。ご注意ください。


株式会社Zofuku
東京都渋谷区恵比寿西1-36-2 THE CONOE代官山401
✔︎ 分散型データセンター事業(https://zofuku.com/blockchain-data-center)
✔︎ 宅地建物取引業:東京都知事(1)第106078号
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Zofuku >
  3. 暗号資産決済の不動産売買仲介サービスを開始