RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio Pro11/11」がmacOS 対応

新しいデモザイク処理技術により高い解像感を実現する最新SILKYPIXシリーズがmacOS 対応

株式会社市川ソフトラボラトリー(所在地:千葉市美浜区 代表取締役社長:村瀬 聖民)は、2021年12月9日に発売し
た高画質 RAW 現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio Pro11 ダウンロード版(Windows)」、「SILKYPIX Developer Studio 11 ダウンロード版(Windows)」の macOS に対応した製品を 2022年1月27日よりISLオンラインショップにて販売開始いたしました。また、2022年1月31日まで発売記念キャンペーンを実施しております。

​製品名:SILKYPIX Developer Studio Pro11 ダウンロード版(Windows/macOS)
    SILKYPIX Developer Studio 11 ダウンロード版(Windows/macOS)
発売日:2022年1月27日(木) 
価 格:SILKYPIX Developer Studio Pro11 ダウンロード版(Windows/macOS):22,000 円(税込)
    SILKYPIX Developer Studio 11 ダウンロード版(Windows/macOS):13,200 円(税込)
    ※詳細は下記参照
購 入:ISL オンラインショップ https://shop.isl.co.jp/
製品サイト:https://silkypix.isl.co.jp/product/dsp11

※2022年1月27日までに「SILKYPIX Developer Studio Pro11」「SILKYPIX Developer Studio 11」をご購入の方は、お持ちのライセンスをWindows/macOS共通でご利用いただけます。SILKYPIX公式サイト(https://silkypix.isl.co.jp/download/)から対象製品のmacOS版をダウンロードいただき、お手持ちのライセンスを登録いただくことでご利用が可能となります。

■SILKYPIX Developer Studio Pro11/11について
「SILKYPIX Developer Studio Pro11/11」は、2004年に発売されたSILKYPIXシリーズの最新版となる高画質RAW現像ソフトです。本製品では、SILKYPIXシリーズ発売以降初となるRAW現像エンジンの改良をおこない、高解像な表現を可能にする新しいデモザイク処理技術を搭載しました。これにより、従来のSILKYPIXよりもさらに高画質なRAW現像ソフトに生まれ変わりました。デモザイク処理が新しくなったことで実現した「超解像」は、合成することで1枚では表現できない高い解像感を実現しています。更にはiPhoneの写真フォーマットであるApple ProRAWへ対応し、そのデータ内にある領域情報(Semantic Masks)を使った画像調整も可能になります。(※1)

※1 超解像、領域情報を用いた調整はSILKYPIX Developer Studio Pro11のみ可能です。

■SILKYPIX Developer Studio Pro11/11の新機能

  • 高解像を実現、最新RAW現像エンジン搭載

画像品質に大きく影響するRAW現像エンジンのデモザイク処理技術を本製品の「11」より、まったく新しいデモザイク処理技術を搭載しました。これにより、画像細部の解像感が今までのSILKYPIXよりも高く表現され、SILKYPIXで画像を開いた瞬間から最新のデモザイク処理が適用され、今までにない高解像を実感いただけます。(※2)また、従来のデモザイク処理との切り替えも可能です。

※2 ベイヤー配列のセンサーを搭載した機種で撮影されたRAWデータが対象です。
新デモザイク処理対応機種は対応カメラ一覧をご確認ください。
https://silkypix.isl.co.jp/product/dsp11/#supported-cameras
 

  • 合成モードに「超解像」「多重露光(動体)」を追加(プロフェッショナル版のみ)

今までにない高画質なデモザイク処理技術を実現したことで、これまでより解像感の高い画像生成が可能となりました。合成機能において、その高解像なデータを合成することにより、一枚の画像では実現できなかった高解像な画像を表現できる「超解像」合成と、新たな多重露光合成として合成によるずれやノイズの軽減を実現する「多重露光(動体)」を追加しました。

・「超解像」
通常、複数画像を単純に重ね合わせただけでは、高解像な画像になりません。SILKYPIXの「超解像」は、画素数を1.5倍または2倍を選択し増幅させてから、特徴点検出技術と画像一致点検出技術(特許第4689758)を活用することにより、半ピクセルレベルの位置合わせを高精度に処理することで超解像を実現しています。これにより、1枚だと輪郭のはっきりとしない画像も複数枚合成することで高解像な画像を作ることが可能です。(※3)

※3 使用できる画像の画素数に制限があります。詳しくはWEBサイトをご覧ください。

・「多重露光(動体)」
通常の多重露光合成では、動いている被写体を連写した場合、合成結果も動いている被写体が平均的にずれて現れてしまいます。新しく追加された「多重露光(動体)」で合成することにより、代表コマ(画像)に写っている被写体のみを残し、それ以外の動いている被写体は合成結果には残らず、さらにノイズも軽減するという効果があります。
 

  • Apple ProRAWに内包されている領域情報(Semantic Masks)に対応(プロフェッショナル版のみ)

iPhoneに搭載のApple ProRAWで撮影された、DNGデータ内にある領域情報(Semantic Masks)に応じた調整が可能になりました。Apple ProRAWで撮影された画像から領域情報を分析し、その領域情報を用いて部分補正の範囲が選択可能なため、項目を選択するだけで簡単に部分補正の範囲を指定できます。(※4)

※4 対応カメラについては対応カメラ一覧をご確認ください。
 

  • 細かな色域で色変換が可能

今までの色変換は色の幅が広く、任意の色のみ調整することは難しかったのですが、ファインカラーコントローラへ細かな色変換が可能な「ファインカラーコントローラ(詳細)」を追加し、色相や彩度をより細かく指定する調整が可能になりました。また、選択した色を全く違う色に大きく変えることも可能です。例えば、青空を茜色の空に変えるなど、元の色相を超えた大胆な調整もおこなえます。
 

  • ブラシを使った直感的な不要物除去が可能(プロフェッショナル版のみ)

画像に写り込んでしまった不要物をブラシでなぞって除去することが可能な「修整ブラシ」を搭載しました。消したい部分をブラシでなぞって指定し、画像内の別の範囲を反映し不要物を消すことが可能です。ブラシでなぞることで、より直感的にスムーズな不要物除去がおこなえます。
また、「修整ブラシ」には修復方法が2種類あり、コピーする元画像をそのまま反映させる「コピー」と、不要物の周りの色になじむように反映させる「修整」があります。用途や被写体によって使い分けることが可能です。
 

  • 部分補正ツールに「明瞭度」「シャープ」を追加(プロフェッショナル版のみ)

部分補正ツールの調整項目に「明瞭度」と「シャープ」が追加になりました。これにより画像全体にしか適用できなかった明瞭度とシャープを、指定した部分にのみ適用することができます。例えば、人物の肌だけを柔らかく滑らかにしたり、目やまつ毛だけをシャープに仕上げたりと、指定した部分以外には影響が出ないように調整することができます。
 

  • 写真に透明感を演出する「白レベル」調整の追加

調子の調整項目に「白レベル」が追加になりました。今まで画像の一番明るい部分はトーンカーブで調整をおこなっていましたが、「白レベル」の追加により簡単にスライダーで調整ができるようになりました。白レベルは画像の明るい部分の最大値を上げることが可能で、暗くなってしまっているハイライト部分を明るくすることで写真をクリアな印象にすることができます。従来搭載している「黒レベル」とあわせて、コントラスト調整をより細かくおこなうことができます。
 

  • 部分的な光源に適したAWBの適用が可能な「Auto領域指定ツール」の追加 (プロフェッショナル版のみ)

通常画像全体の光源を平均的に見て調整するAWB(オートホワイトバランス)ですが、Auto領域指定ツールは任意の部分を範囲選択してその部分のみの光源からAWBを適用させることが可能です。
これにより、画像内に複数の光源が写り込んでいても自分でAWBを適用させたい光源を選択し、指定した部分の光源をもとにAWBを適用することができます。
 

  • メディアからの取り込み・振り分け機能(プロフェッショナル版のみ)

パソコンに記録メディアが接続されると、保存場所やファイル名に関する設定のダイアログボックスが表示されます。複数カメラをお使いの場合のファイル名一元管理や、ファイル名をご自身のルールで設定したい場合に便利です。また、メディアからの取り込み機能には、フォルダの振り分け機能やリネーム機能も搭載しているため、撮影日時や撮影情報等の条件からフォルダの振り分けやファイル名の一括変換もできます。
 

  • フィルタによるサムネイルの絞り込み機能

5つ星のレーティングやカラーマークによる検索はもちろん、撮影日時や使用したカメラやレンズの焦点距離、絞り値(Av)、シャッター速度(Tv)、ISO感度、拡張子などの画像情報を元に写真検索をおこなえます。また、画像にキーワードを設定しておけば、キーワードによる検索も可能ですので、オリジナルワードで目的の写真を探し出すこともできます。
 

  • FUJIFILM製・Panasonic製の撮影時フィルムシミュレーション・フォトスタイルの適用

FUJIFILM製・Panasonic製カメラで撮影時に設定したフィルムシミュレーション・フォトスタイルが初期状態で表示されるようになりました。(※5)

※5 フィルムシミュレーション・フォトスタイルに対応しているカメラに限ります。

■新機能・改良一覧


■SILKYPIX Developer Studio Pro11/11 ダウンロード版(Windows/macOS)ライセンス価格
【新規販売価格】

SILKYPIX Developer Studio Pro11 ダウンロード版(Windows/macOS)新規ライセンス価格:22,000 円(税込)
SILKYPIX Developer Studio 11 ダウンロード版(Windows/macOS)新規ライセンス価格:13,200 円(税込)

【アップグレード価格】
アップグレード価格は、お手持ちの製品ライセンス 1 つに対して 1 ライセンスの購入ができます。

SILKYPIX Developer Studio Pro11 ダウンロード版(Windows/macOS)
SILKYPIX Developer Studio Pro9、Pro10(注1)をお使いの方:8,800 円(税込)
SILKYPIX Developer Studio Pro8 以前のProシリーズ(注2)をお使いの方:11,000 円(税込)
SILKYPIX Developer Studio シリーズ(注3)をお使いの方:13,200 円(税込)

注1 SILKYPIX Developer Studio Pro9、Pro10、(for Panasonic、for FUJIFILM含む)のライセンスをお持ちの方
注2 SILKYPIX Developer Studio Pro、Pro5、Pro6、Pro7、Pro8、(for Panasonic含む)、Marine Photography Pro4ライセンスをお持ちの方
注3 SILKYPIX Developer Studio 3.0、4.0、6、7、8、9、10、11ライセンスをお持ちの方

SILKYPIX Developer Studio 11 ダウンロード版(Windows/macOS)
SILKYPIX Developer Studio Pro シリーズ(注4)をお使いの方:7,920 円(税込)
SILKYPIX Developer Studio 9、10、Marine Photography Pro4をお使いの方:7,920 円(税込)
SILKYPIX Developer Studio 8 以前(注5)をお使いの方:9,240 円(税込)

注4 SILKYPIX Developer Studio Pro、Pro5、Pro6、Pro7、Pro8、Pro9、Pro10、(for Panasonic、for FUJIFILM 含む)ライセンスをお持ちの方
注5 SILKYPIX Developer Studio 3.0、4.0、6、7、8ライセンスをお持ちの方

【バンドル製品をお使いの方向け優待価格】
デジタルカメラや交換レンズに付属されているSILKYPIXシリーズをお使いの方
SILKYPIX Developer Studio Pro11 ダウンロード版(Windows/macOS):17,600 円(税込)
SILKYPIX Developer Studio 11 ダウンロード版(Windows/macOS):10,560 円(税込)

(対象製品)
SILKYPIX Developer Studio SE バージョン
SILKYPIX Developer Studio 4.0 for TAMRON
SILKYPIX Developer Studio 4.0 for CASIO
FUJIFILM RAW FILE CONVERTER powered by SILKYPIX
SILKYPIX Developer Studio 3.0 for PENTAX または LE

■SILKYPIX Developer Studio Pro11/11の動作環境
Windows®

Microsoft® Windows® 11 / 10 / 8.1  64bit版
※Microsoft® Windows® 10のタブレットモードには対応しておりません。
※32 bit版のOSには対応しておりません。
Intel® Core™ 2 Duo 以上 または AMD Athlon™ 64 X2 以上のプロセッサー
4GB以上のRAM(8GB以上推奨)
20GB以上の空き容量のあるハードディスク
※選択コマの合成実行時は50GB以上の空き容量が必要となることがあります。
1,024×768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

macOS®
macOS® v10.15, v11, v12
Intel® Core™ 2 Duo 以上のプロセッサー
4GB以上のRAM(8GB以上推奨)
20GB以上の空き容量のあるハードディスク
※選択コマの合成実行時は50GB以上の空き容量が必要となることがあります。
1,024×768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

SILKYPIX® は株式会社 市川ソフトラボラトリーの登録商標です。
Windows® はMicrosoft®の登録商標です。
macOS® はApple Inc.の登録商標です。
Intel® はIntel Corporationの登録商標です。
その他記載されている会社名製品名等は一般に各社の商標および登録商標です。

※SILKYPIX Developer Studio Pro11/11のライセンスは3台までのPCに登録が可能です。(ご購入者様に限ります)

■SILKYPIX Developer Studio Pro11/11 パッケージ版の発売時期について
SILKYPIX Developer Studio Pro11/11 パッケージ版の発売時期につきましては、現時点で未定です。
詳細が決まり次第、ウェブサイトにて発表いたします。

■対応カメラについて
2022年1月27日には、800機種以上のデジタルカメラのRAW現像処理に対応しています。
対応カメラについては、下記URLをご参照ください。
https://silkypix.isl.co.jp/product/dsp11/#supported-cameras

■SILKYPIX Developer Studio Pro11/11 発売記念キャンペーン開催中
ISLオンラインショップでは、「SILKYPIX Developer Studio Pro11/11」を期間限定の特別価格で販売中です。キャンペーン期間は2022年1月31日までとなります。
ご購入やキャンペーンに関する詳しい情報は、下記詳細のURLをご参照ください。
詳 細:https://shop.isl.co.jp/user_data/campaign-11series-launch-sale.php

■SILKYPIXの特長
「SILKYPIX Developer Studio」はデジタルカメラで撮影されたRAWデータから、思い通りの高品位な画像を現像するソフトです。パソコンの強力な演算能力を使用して、どこまで高品位の映像を得ることができるかを考え、今まで諦めていたデジタルカメラ特有のデメリットを解消しました。例えば、高彩度色境界における不自然なエッジ、微細構造部分に乗る偽色、高感度撮影における色ノイズなどを徹底的に抑制し、高解像度と高い色分離性能を両立させています。 目指しているのは、絹のような滑らかで自然な映像、SILKYPIXの名前の由来はそこにあります。

SILKYPIXの特長詳細については、下記URLをご参照ください。
https://silkypix.isl.co.jp/community/what-is-silkypix/

■採用実績
カシオ計算機株式会社
RAW対応デジタルカメラにおける現像ソフトとして「SILKYPIX Developer Studio 4.0 for CASIO」を同梱。

株式会社タムロン
レンズ補正用のRAW現像ソフトとして「SILKYPIX Developer Studio 4.0 for TAMRON」を同梱。

パナソニック株式会社
RAW対応デジタルカメラにおける現像ソフトとして「SILKYPIX Developer Studio SEバージョン」を同梱。

富士フイルム株式会社
RAW対応デジタルカメラにおける現像ソフトとして「RAW FILE CONVERTER powered by SILKYPIX」を同梱。

リコーイメージング株式会社
デジタルカメラ付属ソフト「Digital Camera Utility 5」でSILKYPIX画像処理エンジンを提供。

Datacolor
アジアパシフィック(日本を除く)におけるモニターキャリブレーションツール「Spyderシリーズ」にSILKYPIXの専用バージョンを同梱。

SAMSUNG
RAW対応デジタルカメラにおける現像ソフトとしてSILKYPIX現像エンジンを搭載した「SAMSUNG RAW Converter」を同梱。

■お問い合わせ
会社名: 株式会社 市川ソフトラボラトリー
所在地: 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンビル東中央館(CD)5F
TEL: 043-296-8075
FAX: 043-296-8079
報道関係者様向け窓口: silkypix@isl.co.jp
SILKYPIX WebSite: https://silkypix.isl.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社市川ソフトラボラトリー >
  3. RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio Pro11/11」がmacOS 対応