東京城北5区からJリーグを目指す「スペリオ城北」、川口市からJリーグを目指す「アヴェントゥーラ川口」と地域活性化に向けたファントークン発行に合意

〜 2021年7月から地域通貨として地域店舗(加盟店)での決済に使用可能へ 〜

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開する canow 株式会社(東京都千代田区、代表取締役:桂城 漢大、以下 canow )は、東京城北 5 区(北区、板橋区、豊島区、荒川区、足立区)からJリーグを目指すサッカークラブ「スペリオ城北」、埼玉県川口市からJリーグを目指すサッカークラブ「アヴェントゥーラ川口」へのファントークン発行に合意したことをお知らせいたします。今後、「スペリオ城北」と「アヴェントゥーラ川口」、ファン、地域住民、地域店舗に対して、ファントークンを活用することでコミュニケーションを活発にし、地域活性化に向けた取り組みを実施してまいります。

【 ファントークン発行の背景 】

スペリオ城北は、東京城北5区(北区、板橋区、豊島区、荒川区、足立区)をホームタウンとし、地域リーグ所属チームとしては異例となる観客動員数を記録する東京北部で愛されるサッカークラブです。地域コミュニティづくりに貢献することを使命として掲げ、毎回1万人もの来場者が集まる、人と人が繋がる地域連携マルシェ「北マルシェ」の開催などさまざまな地域貢献活動を実施しています。

アヴェントゥーラ川口は、埼玉県川口市をホームタウンとするサッカークラブです。地域に根ざしたスポーツクラブを核としたスポーツ文化の発展を目指し、介護ボランティアや巡回サッカー・フットサルクリニック、クラブ感謝祭の開催などさまざまな地域貢献活動を実施しています。

ファントークンは、企業やスポーツクラブが主体となってブロックチェーン上で発行したトークンで、新しいファンサービスとして欧米を中心に注目を集めています。canow は、独自のプラットフォームであるファンマーケティングツール「YELLtum」の実証実験を進めており、地域通貨としての活用、ファンの購買データや行動データ取得、デジタルマーケティングへの活用が期待されています。

ファントークン発行により、ファンに対して地域店舗に関する情報発信やお得なクーポンの発行、決済手段の提供、クラブが主催するイベントでの活用等を実現できるため、クラブとファンの間により密なコミュニケーションが生まれることが期待されます。また、クラブや地域店舗は、ファンの購買データや行動データを把握によって、よりファンにパーソナライズされた情報や体験を届けられるようになります。その結果、ファン、地域住民、地域店舗が相互に深いつながりを共有できるようになります。

今後は、最初の取り組みとしてコロナ禍によって大きな影響を受ける地域の飲食店への導入や支援を含めた取り組みを進めてまいります。

【 ファントークン発行の概要 】
ファントークンは、それぞれ「スペリオトークン」「アヴェントゥーラトークン」として、2021年7月1日にそれぞれ発行することを予定しています。ファントークンは、web上で購入できるようになり、地域の加盟店での決済手段として利用できるようになります。利用できる加盟店として、それぞれのチームを応援する地域の居酒屋、カフェ、個人商店を想定しています。

クラブのファントークン保有者は以下のような特典や情報を受け取れるようになります。

■ 施策例
・YELLtumでのチケットの発行〜試合当日の入場
・選手のいきつけのお店やオススメメニューを紹介するとともにクーポンを発行
・ファントークン保有者限定の新商品の開発、先行販売
・クラブが公式戦に勝つと、クーポンの割引幅がUP ・・・など


加盟する店舗にとっては、クラブのファンがお店にきてくれることやファン同士でSNSなどを通じてシェアし、売上拡大につながることが期待されます。

■「YELLtum」について
「YELLtum」は、初期費用¥0で始められるファンマーケティング専用ツールです。「エール」 を発行することで、「評価する」「使う」という2つの機能でファンの応援を可視化します。

・評価する:チームや選手を評価・応援することができます 
・使う:ファンがスタジアム周辺の店舗や地域企業で、地域通貨として使えるようになります

その結果、チームや選手とファンのコミュニケーションの活発化やスタジアムを中心とした地域経済圏の盛り上がり、ファントークン保有者の合意の元での購買データや行動データ取得による新しいデジタルマーケティングが実現可能となり、スポーツチームを通じた地域創生を実現することができます。

■「スペリオ城北」について
平成2005年設立。東京都社会人サッカーリーグ 2部。ホームタウン:東京都北区・板橋区・豊島区・荒川区・足立区。『この街からJリーグをめざす!!』を指針に掲げ、地域に根差し、そして常に目標に向かい“地域に夢と希望を与え、こどもから大人までに愛されるチーム作り”を目指す。

■「アヴェントゥーラ川口」について
2008年設立。関東サッカーリーグ2部。ホームタウン:埼玉県川口市。"目指せ!川口市からJリーグへ!「サッカー(スポーツ)で幸せな川口へ」It goes forward" をスローガンに地域の人々と協力しながら、「地域に根ざしたスポーツクラブ」を核としたスポーツ文化の発展を目指す。

■ 関係者からのコメント
スペリオ城北 代表取締役社長 宮坂 一朗

地域の企業や商店との繋がりを強化するための今回のYELLtumとのチャレンジにとても期待しています。今までにもホームタウンである城北5区の地域とのつながりや活性化についてはあまり貢献出来ていませんでしたが、イベントなどを通じて地域との人々の交流の輪も広がりクラブチームスペリオ城北としてもあたらな可能性を感じております。新たなデジタルツールの導入により、城北5区内だけでなく、さらに隣接する川口市ともアヴェントゥーラさんと協力・連携しながら地域の発展に貢献していきたいと願っております。

アヴェントゥーラ川口 理事長 長岡 修
地域の希望や夢となり、地域発展に寄与することです。その大きな一つとして、地域とスポーツクラブが主となる地域通貨により、地域がより活性化に繋がり、魅力や価値を付けて、楽しい街にして行けたら幸いと思っております。

canow 株式会社 COO 大坂 亮平
昨年より構想をスタートさせたYELLtumを正式にスポーツチームと共にマーケットインできることはとても感慨深く、先進的な取り組みに対して導入・協力頂いたスペリオ・アヴェントゥーラ両チームに感謝したい。独自の地域通貨とその利用環境の提供により、隣接した両チームの地域貢献をさらに活性化させ、地域の小売店や周辺住民との一体感をより一層深めていくと共に、地域へ根付いたスポーツチーム運営の新しいスタンダードを目指して地域通貨導入と活発な利活用に貢献していきたい。

■ プロフィール 
canow株式会社 COO 大坂 亮平

音楽制作/作家事務所にて主にエンターテインメント業界に従事。その後動画のスタートアップを経て、デジタルマーケティング部署の立ち上げを担当。主に大手ナショクラのデジタル施策にてプランニングやデジタル戦略策定を営業部署と連携して推進。その後、ブロックチェーンやクリプトの世界に興味を持ちブロックチェーン関連のメディアの立ち上げや海外カンファレンスのアレンジ、開発事業の戦略を柱とする事業会社へ入社。より海外を主軸とした事業を推進するためにcanow株式会社を設立。

■スペリオ城北 概要
会社名:株式会社城北スポーツ&コミュニティー
所在地:東京都北区赤羽西2-21-1 新興グランド社ビル 2階
代表者:代表取締役社長 宮坂 一朗
設立:2005年3月29日
URL:http://www.sperio.jp/

■アヴェントゥーラ川口 概要
会社名:特定非営利活動法人フェアリースポーツクラブ
所在地:埼玉県川口市本町3-6-19-101
代表者:理事長 長岡 修
設立:2008年
URL:https://aventura-kawaguchi.co.jp/

■canow 概要
会社名:canow株式会社
所在地:東京都千代田区麹町6-6 Wework 5F 
代表者:代表取締役CEO 桂城 漢大(かつらぎ  くにひろ)
設立:2020年4月
URL:http://canow-jp.com/

■お問い合わせ先
一般の方:info@canow-jp.com
報道関係の方:pr@storydesign-h.com(担当:新井 Story Design house内)
  1. プレスリリース >
  2. canow株式会社 >
  3. 東京城北5区からJリーグを目指す「スペリオ城北」、川口市からJリーグを目指す「アヴェントゥーラ川口」と地域活性化に向けたファントークン発行に合意