アニメ化30周年記念企画「ちびまる子ちゃん展」9月13日から映像ミュージアムで開催

アニメ「ちびまる子ちゃん」の魅力をたっぷりご紹介!

DSS
SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム(川口市)にて、 2022年9月13日(火)から2023年1月15日(日)まで、アニメ化30周年記念企画「ちびまる子ちゃん展」を開催します。

1986年、少女まんが雑誌「りぼん」(集英社)で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年1月7日にアニメ放送が始まり2020年に放送開始30周年を迎えました。また、2022年5月には放送1,500回を記念するなど、その人気は老若男女を問わず高く、国民的なアニメとなっています。
本展では、放送時間帯である日曜夕方のお茶の間を笑いで包んでいる、明るくてユーモアがある まる子と仲間たちが繰り広げる日常を描いた、アニメ「ちびまる子ちゃん」の魅力をさまざまなアニメ制作資料で紐解きます。
特に、アナログ時代から現代のデジタル化されたアニメーション制作までの変遷がわかるのも長きにわたり愛されてきた「ちびまる子ちゃん」ならでは。
また、原作者さくらももこ先生によるキャラクター設定やプライベートを紹介する資料なども展示し、さくら先生の想いなども紹介します。

  • みどころ
●アニメ「ちびまる子ちゃん」30年の軌跡を年代順に展示!
会場に入った瞬間から、そこは「ちびまる子ちゃん」の世界
エントランスは、ウェルカム映像に圧巻の21人分のキャラクター映像・プロフィール・色紙でお出迎え!
プロローグを抜けると、セル画や設定画といったアニメに欠かせない制作物から、主題歌、映画、グッズまで、多岐にわたる貴重な資料320余点を、5年ごとに30年の軌跡を展示していきます!
テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の魅力をギュッと感じる事ができます!

※画像は他会場(松屋銀座)のものです。

●さくらももこの想い
「何かを作ること」が大好きだったさくらももこ先生は、多忙な仕事のかたわらプライベートでも多くの作品を残しています。

日用品に手を加えたものも多く、アイデアと遊び心あふれるクリエイティブの源泉を感じてみよう!

●ちびまる子ちゃんと一緒に撮影しよう!フォトスポットにジオラマ展示も撮影OK!

※画像は他会場(松屋銀座)のものです。
  • 展覧会概要
展覧会名:アニメ化30周年記念企画「ちびまる子ちゃん展」
会期:2022年9月13日(火)~2023年1月15日(日)
会場:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
開館時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、11/15(火)、年末年始(12/29(木)~1/3(火))
※県民の日11/14(月)は開館します
入館料:大人520円/小中学生260円(常設展も入場可)
主催:埼玉県
後援:埼玉県教育委員会/川口市/川口市教育委員会
特別協力:さくらプロダクション/日本アニメーション
企画制作:東映
プロデュース:デジタルSKIPステーション
お問合せ:映像ミュージアム 048-265-2500
HP:http://www.skipcity.jp/event/vm/maruko/
----------------------------------------------
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
公式サイト:http://www.skipcity.jp
Twitter:https://twitter.com/eizo_museum
Instagram:https://www.instagram.com/skipcity_visual_plaza
YouTube:https://www.youtube.com/user/skipcitychannel
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DSS >
  3. アニメ化30周年記念企画「ちびまる子ちゃん展」9月13日から映像ミュージアムで開催