吉本興業株式会社所属のタレントをPocket RDがアバター化。タレントのアバターを活用した新たなIPビジネスを共同で展開いたします。

 XR技術により世界中の人々のあらゆるコミュニケーションをより表現豊かにするソリューションを提供する株式会社 Pocket RD(本社:東京都渋谷区、代表取締役:籾倉宏哉)は、自社開発する自分のアバターを自動で作成できるアバタープラットフォーム「AVATARIUM」の技術を活用し、吉本興業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡本 昭彦)所属のタレントをアバター化。タレントのアバターを活用した新たなIPビジネスを共同で展開いたします。

  • FANY X「タレントアバター事業」の取り組みについて

 株式会社Pocket RDは、吉本興業株式会社が展開する新プロジェクト「FANY X」の「タレントアバター事業」において、吉本興業所属の芸人、タレント、アーティストのアバター化、制作、管理のご協力をさせていただいております。

 アバターの管理にはNFTを活用することを検討しております。この取り組みにより、アバター化したタレントを、メタバース上でのイベント開催や出演、広告商材としての肖像利用など、いつでもどこでもオンライン上で「タレントIP」「芸人コンテンツ」をご活用頂けるようになります。ご興味のある方はお問い合わせください。

 

 

  • 自身のアバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」について -“なりたい自分”を実現しよう-
 

 

 自分自身のアバターを自動生成できるプラットフォーム「AVATARIUM」は、one ID = N AVATARの考え方でTPOに合わせた「なりたい自分」を提供するプラットフォームです。

アバターの生成は完全無料。D2A(Direct to AVATAR)で、着せ替えなどの編集加工、保存、NFTの付与など、アバターの利活用でビジネスを展開致します。

 

  • ​株式会社Pocket RDについて

Pocket RD は世界中の人々のあらゆるコミュニケーションをより表現力豊かにするために、産声をあげました。

3D 技術の向上は 5G、6G が整備される中、コンテンツビジネスを充実化するために全世界的に必須と考えます。

ゲーム、スポーツ、フィットネス、ヘルスケア、ファッション、映画、広告…活用の幅は広がり、その中核のすべてのコンテンツは、3D による知を得ることにより、画期的なビジネスが生まれると思います。

私たちは未知のミライへのステップとして、世界中の既存の 3D 技術の粋を集め、より新しく、より面白いを革新的な技術により、不可能を可能にし、ひとつひとつそのミライをカタチにしてまいります。

 

https://pocket-rd.com/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PocketRD >
  3. 吉本興業株式会社所属のタレントをPocket RDがアバター化。タレントのアバターを活用した新たなIPビジネスを共同で展開いたします。