10代女性の約1割が、SNSアカウントを8個以上所持【10代/20代女性のSNSアカウントの所有数に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区、代表取締役:蛯原裕介)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2021年6月に『10代・20代女性のTwitter/Instagramの保有アカウント数に関するアンケート』を行いました。
本アンケートの詳細データはこちら:( https://strate.biz/news/sns_account/ )
[調査概要]
対象者:全国の15歳~29歳の女性

サンプル数:400人
居住地:全国
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2021年6月4日
調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

【質問:Twitter/Instagramのアカウントを合計でいくつ持っていますか?】

10代から20代の女性を対象とした、「Twitter/Instagramのアカウントを合計でいくつ持っているか」というアンケートに対して最も多かったのは、1〜2アカウントで44.25%という結果になりました。
次いで多かったのが3〜4アカウントで30%、最も少なかったのは11アカウント以上と回答した2.75%という結果でした。
3つ以上を所持しているという方が半数近くを占め、10代・20代女性におけるSNSアカウントの複数所有は当たり前になってきています。

【10代女性の約1割が、Twitter/Instagramアカウントを8個以上所持】

8個以上のTwitter/Instagramのアカウントを所有していると回答した10代は合計で10.45%で、20代の4.51%のおよそ2倍という結果になりました。

学校や部活、プライベート、アルバイト先などさまざまなコミュニティーがある10代では、20代より多くのアカウントによる情報収集·発信が行われていると推察されます。いわゆる本アカウント以外に、趣味や情報収集のために使うサブアカウントを活用していることが多いケースが多いようです。

【20代女性の48.49%は3つ以上のTwitter/Instagramアカウントを所有】

3つ以上のTwitter/Instagramアカウントを所有していると回答した20代の合計は48.49%で、およそ半数が複数のアカウントを所有していることがわかります。10代だけでなく、20代においても複数のアカウントを使い分けるのが日常的になっているようです。

【アンケート全体についてのサマリー】
「Twitter/Instagramの保有アカウント数に関するアンケート」についてをまとめました。
SNSの普及率はスマホ文化の広がりとともに増え、10代・20代においてはもはや当たり前といっても過言ではありません。
複数のアカウントを駆使して情報収集、発信を行う人も多く、今後も増える可能性は十分にあると言えるでしょう。

本アンケートの詳細データはこちら:https://strate.biz/news/sns_account/
ITツール・Webサービス比較サイト| STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/
製品の資料掲載ご希望の方はこちら:https://strate.biz/lead/lp02/
株式会社SheepDog:https://sheepdog.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SheepDog >
  3. 10代女性の約1割が、SNSアカウントを8個以上所持【10代/20代女性のSNSアカウントの所有数に関するアンケート】